探訪・椅子ができるまで

旭川家具産業、職人たちの綿密なチームワーク

市内の家具メーカーで製造され、首都圏に向けて出荷される椅子。デザイナーの手によるデザインは一見したところシンプルだが、あらゆる場所に旭川の家具職人、木工職人のもつ技が注ぎ込まれている。「ものづくり」の現場を訪ねた。

回転刃を加工して
角度を調整 
家具雑貨のオリジナルブランド「ワイスワイス」が東京・表参道に構えるショールームに、「SHN─103」と名付けられた椅子が展示されている。一見したところシンプルなデザインだが、よく見ると4本の脚や背もたれ、肘掛けは微妙に折れ曲がった直線や滑らかな曲線から構成されている。この椅子の生産を担当したのは、永山町にある山岡木材工業㈱(山本宏社長)だ。
山岡木材は社名が示す通り、道産材の丸太を切って住宅や家具などの材料となる木材を作る製材業者だが、1974年に椅子を皮切りに家具製造に参入した。
工程の出発点は製材工場。大きな機械で道内の森から持ち込まれたナラの丸太を転がしながら樹皮を剥いでから、帯ノコや丸ノコで厚さ数センチに切り分ける。その日必要となる木材のサイズ、量は決まっていて、単価は木材の種類によって大きく異なる。1本の丸太をどのように切り分け、どの木材を何本作るのかが、職人たちの腕の見せ所だ。

「縦軸」を使って椅子の脚を1本ずつ製造

大小さまざまなノコギリ、カンナにかけられて、所定の大きさ、厚さになった木材は、家具工場へと持ち込まれる。4本の脚の製造に活躍するのは「縦軸」と呼ばれる機械。あらかじめ部材の輪郭に合わせて「型」を作っておき、木をその型に載せてから、型を縦軸のテーブルから突出した部分に当てて動かすと、高速回転している刃が木を削る。一つの面の加工が終わったら別の型に載せて、別の面を削る。この動作を繰り返すことで脚が1本できあがる。
切断面が垂直とは限らない。このような場合は、角度の付いた回転刃を使う。縦軸の近くの棚にさまざまな角度のついた回転刃が重ねられているのはそのためだ。
回転刃の研磨や改造を請け負っているのが旭川物流団地内の刃物専門店、中野特殊刃物工業㈱だ。新規に縦軸の刃を受注したときには、東海地方にある工業用刃物のメーカーにユーザーの希望する形状の回転刃を注文するが、ユーザーから既存の回転刃の改造を依頼されれば、社内で応える。かつて刃物の製造を行っていた経験が、いまも生きている。
「注文は図面で受けることもありますし、削った部材のサンプルを持ち込まれることもあります。『こういう形状に削りたい』という言葉だけの注文にもお応えしていますよ」(中野由唱社長)。

一部の工程を
協力メーカーに委託
SHN─103を構成する部材の多くは縦軸で作られるが、曲線的な加工には適していない。そこで活躍するのが「NCルーター」。あらかじめ入力したデータの通りに回転刃が曲線を描きながら移動して、材料を正確に削る。山岡木材でごつごつした肉太の「U」の字型に接着された部材が、流通団地内にある旭三商事㈲のNCルーターで滑らかに削られて、山岡木材に戻ってきたときには細い曲線の「U」になっている。この部材は背もたれ兼肘かけとなる。
部材ごとの加工が終われば、次は部材同士をつなぎ合わせる。このとき使われるのは、釘やねじではなく、「ダボ」と呼ばれる短い木の棒。2つの部材にドリルで穴を開け、接着剤を塗ったダボを差し込んで固定する。山岡木材で使われているダボも、旭三商事の工場で作られたもの。この椅子の生産に、旭三商事は2つの方向から関わっていることになる。
ダボの製造機械は、もともとシイタケの菌を栽培用の木に植えつけるために開発された機械を、広島県のメーカーが改良したたもの。円筒の縁に開いた穴に、長い丸棒が差し込まれており、円筒が回転すると丸棒は所定の長さに切断される。
丸棒にはあらかじめ接着剤ののりを良くし、差し込まれたさい空気の逃げ道にもなる溝が掘ってある。圧縮され、やや細くなっているのは、接合後に穴の中で膨らんで抜けにくくするためだ。「いま、ダボは1日に約20万個作っている。そのうち95%は本州向け」と本江敏朗社長。工場の一角には、大量のダボが直径、長さ別にダンボールに包装され、山積みされて全国各地の家具メーカーへの出荷を待っていた。
話を山岡木材に戻そう。工場の一角では、部材ひとつひとつに作業員がドリルでダボ穴を開けている。穴の位置がコンマ1ミリでもずれれば、部材同士が正確に接合できなくなり、椅子は歪んでしまう。治具を使っているとはいえ、緊張を強いられる工程だ。

難しい作業こなし
レベルアップ
ダボを使って組み立てられた椅子は、塗装工程を経て、座板の上にウレタン(スポンジ)を載せて布で覆う「椅子張り」の工程へと送られる。この段階は、流通団地内の宮田産業(佐藤信社長)に委託されている。
宮田産業の主力は自社で設計したソファの製造だが、SHN─103のような椅子の椅子張りの工程を、他のメーカーから受託することもある。座板の上に2種類のウレタンを重ね、綿(わた)を載せてから布をかぶせ、引っ張って座板の裏にタッカー(大型のホッチキス)で固定する。
このとき布の張りが強ければ座り心地が固くなり、弱ければ布にシワが寄ってしまう。タッカーを打つ大まかな場所は布の端からの距離でわかるが、最後は指先の微妙な感覚が頼りだ。
こうして完成した椅子は包装を経て、東京に向けて出荷される。ちなみにワイスワイスのホームページに掲げられたSHN─103の小売価格は仕様により異なるが、5万8800円から7万350円に達する。
ワイスワイスのような高級ブランドからの注文に答えるには、高いレベルの技術が必要とされる。「そこまでデリケートなの?と驚くような要求をされることもあるが、クリアーできれば私たちのレベルアップにもつながるはず」と、生産に関わる工場の関係者は語る。

多種少量生産
若手も加わる
高級な椅子の生産量はロットあたり10~50個。山岡木材の山本宏社長は「メーカーとしては対応が大変」と語る。しかし、高度な技術をもつ職人が多様なニーズに応えられるのは、価格競争力で勝負するアジアの家具工場にはない強みだ。
中小企業の多くでは人材確保が課題となっているが、今回取材したメーカーの多くではベテランに混じって若手の作業員が働いていた。旭川の家具産業は、環境の変化に対応しながら、これからもチームワークで優れた製品を全国に発信しつづけるはずだ。

「ドル箱」台湾に旭川を売り込め!!

新光三越でロングラン物産展スタート

 台湾最大手の百貨店・新光三越で旭川をメーンとした日本物産展が10月12日にスタートした。2ヵ月にわたるロングランの物産展では旭山動物園の東門売店を再現するというユニークな手法で旭川の観光と物産をPR。旭川観光の〝ドル箱〟と言われる台湾人観光客の底上げをはかる。

窮地から救う
香港と並んで旭川観光の「ドル箱」と呼ばれる台湾は、低迷が続く旭川観光には重要な存在。東日本大震災の影響で一時は観光客が完全にストップするという窮地から救ってくれたのも台湾からの観光客だった。復興航空やエバー航空のチャーター便がいち早く運航を再開し、台中に本社を置く世界最大手の自転車メーカー・ジャイアント社のサイクリングツアーも旭川サイドの呼びかけに応えて予定通りに開催されるなど反応が早かった。
市観光課がまとめたデータでは、2011年度の旭川市における外国人宿泊者数の1位は香港で台湾は2位。今年7月には復興航空の旭川─台北線に旭川2路線目となる国際定期便が就航し、客層の広がりが期待されている。

4店舗リレー形式
復興航空の就航を機に台湾人観光客の底上げを狙う旭川に新たな好機が訪れている。
台湾最大手の百貨店「新光三越」から国内4店舗によるリレー形式の物産展の話が舞い込み、その第一弾が台中店で10月12日にスタートしたのだ。
新光三越は台湾の新光グループと日本の三越の合弁会社が展開する台湾ナンバー1の百貨店。台湾でデパートといえば「新光三越」と誰もが口を揃えるほどのブランド力を誇り、国内に13の支店を展開している。
新光三越では毎年、日本各地の名産品を集めた物産展を開いており、昨年は「北海道の物産と観光」をテーマに掲げ、札幌をメーンとした物産展を開催。札幌を中心に道内からは25社が出展し、札幌観光のオリジナルグッズのプレゼント観光に関するクイズ大会などが実施され、多くの人出で賑わった。
今年の物産展の中核として白羽の矢が立ったのが旭川。今年6月には新光三越の幹部と8人のバイヤーが視察のために来旭。特に好評だったのが旭山動物園東門の売店「テイルンテイル」で、ぬいぐるみや動物園のオリジナルグッズ、菓子、ラーメン、地酒など多岐にわたる商品構成、旭山動物園の行動展示を思わせる趣向を凝らした店内のディスプレイに注目した。同日午後に旭川観光情報センター2階で行われた商談会も好評に終わった。この視察後、新光三越から旭川サイドに正式に出展のオファーがあり、旭川物産協会、旭川物産販売が実施主体となって旭川市とタッグを組み着々と準備が進められてきた。
物産展は10月12日にスタートした台中店を皮切りに、台北信義店、台南西門店、高雄左営店の順に4店舗のリレー形式で開催される。ラストとなる高雄左営店の最終日は12月17日という、約2カ月にわたるロングランだ。

ラーメン博覧会も開催
今回の物産展では長野や沖縄、北海道からは富良野、新日高、富良野の出展もあるが、メーンとなるのはもちろん旭川。テイルンテイルを再現するブースで旭山動物園を大々的にPRするほか、旭川駅立売㈱のブースでは北海道米と海の幸をふんだんに使った「海鮮弁当」を販売。梅光軒も出展しアツアツのラーメンを実演販売する。さらに「ラーメン博覧会」とネーミングされたブースもあり、旭川の藤原製麺、須藤製麺、北海製麺をメインに北海道内で販売されている約100種類の乾麺が展示販売される。
旭川をPRするためのイベントも実施される。冬の観光をPRするDVDを上映するほか、旭山動物園クイズ、食べマルシェで人気を集めた「旭川麺投げゲーム」などを企画。ラストの会場となる高雄左営店には旭山動物園の坂東元園長が登場してイベントを盛り上げる。
旭川物産協会の豊島保夫専務は「台湾の百貨店はバイヤーが足を運ぶケースは少ないが、今回は新光三越4店舗のバイヤーが来旭し商品も自ら選定した。動物園売店を再現するスタイルは海外では初めての試み。中流層に旭川を知ってもらうのが狙いだが、新しい切り口で台湾の方たちに喜んでいただけるはず」と期待をかける。
今年1月には高雄市のデパート大立百貨で海外初となる「旭川物産展」が開かれたが、売り上げが当初の見通しを大幅に下回った。デパートの集客力不足もあったようだが、新光三越は台湾屈指の百貨店。昨年の札幌メーンの物産展も盛況に終わっており、新たな客層の開拓を目指す旭川にとってまたとない好機となりそうだ。

ハンバーグが主力の洋食屋、買物公園に

9月20日、買物公園通りの旭川フードテラス(5条通7)1階に、ハンバーグをメーンにした洋食レストラン「バーグマン」がオープン。道内産の肉や魚介類、野菜を極力利用したメニューは、メーンのハンバーグなどの肉料理からパスタ、ピザ、グラタンなど豊富。料理を引き立てるお酒やソフトドリンク、デザートも充実して、家族連れや結婚式や歓送迎会の2次会など、多彩な目的に使える。「カウンター席もありますから、仕事帰りにちょっと一杯と、お一人でも気軽に立ち寄ってください」とは、運営するプリコグループの田澤尚英社長。
看板メニューの「バーグマン」は、国産和牛と名寄産のひまわり豚の合挽きで作った2段重ねのハンバーグ。間にさっぱりしたチーズがアクセントになりボリューム感はたっぷり。それにスープとサラダ、ライスがついて1280円(税込)。

バーグマンが買物公園に登場

10月4日からはじまったオープンフェア第2弾(10月31日まで)では、ランチ(11:30~15:00)とティータイム(14:30~17:00)、ディナー(17:00~22:00、ラストオーダー21:30)の各時間帯でお得なプランが用意されている。
ランチは、日替わりのパスタセット(スープ・サラダ付)が880円(税込)と、ハンバーグセット(スープ・サラダ・ライス付)が980円(税込)とお得。飲み物もサービス。
ティータイムは、日替わりのケーキセットがワンコインの500円(税込)で、ドリンク付は80円増し。
ディナーは、パーティーコースが通常3500円を2980円(税込)で提供する(1日限定2組・要予約)。3人から30人まで受け付け、10人以下なら当日でも受け付ける。料理7品は、パスタやピザ、グリルチキン、デザートなどかなりのボリュームで、価格をうんと上回る満足感が得られる。もちろん、ドリンクは飲み放題。
生ビールは、〝氷点下のアサヒスーパードライエクストラゴールド〟。冷えた専用グラスに注がれ、マイナス2・2度に冷やされた切れ味のある味は料理にぴったり。このビールは市内でも扱っているお店が少なく、ぜひ一度味わってみたい。ビール以外にもお酒の種類は豊富で、場面に合わせていろんなお酒を楽しめる。他にもパーティーコースは、2500円から5000円まであり、プランにあわせて相談できる。
1日を通しての特典は、イタリアンジェラートが通常300円を20%オフの240円(税込)と、生ビールを含めたお酒全品を同じく20%オフで提供する。
田澤社長は、「買物公園に少しでも賑わいを取り戻すため、出店しました。この通りには、洋食をメーンにしたお店は少ないので、きっと気に入ってもらえると考えています。今後は、グループの居酒屋で好評の笹豚や旬の食材などを使ったメニューも提供します。楽しみにしていてください」

「医療の街」にもこれだけいる「モンスター患者」

 「何時間も待ったんだからタクシー代を出せ」「順番を後にされたから診療代は払わない」───。病院で医師や看護師に理不尽な要求やクレームをつける「モンスター患者」が医療の街・旭川でも後を絶たない。医療現場から聞こえてくるのは「もはや日常茶飯事。まともに対応していたらこちらの身がもたない」というため息混じりの声。

「タクシー代を払え」
「モンスター患者は1日に数人は必ずやってくる」とあきらめに近い表情で話すのは旭川市内で民間病院を経営するA氏。救急の患者が多いA氏の病院は規模が大きく、待ち時間が長くなることもしばしば。しびれを切らした患者が診察室に入るやいなや、「何時間待たせるんだ」と怒鳴り散らす姿は珍しくない光景だという。
「こんな患者は今や当たり前。平気で医者を『お前』呼ばわりするし言葉づかいも悪いが、もう慣れっこ。医局の仲間で集まるとこうした患者の話で持ち切りになる」と話す。
医師や看護師に無理難題を押し付けるモンスター患者はもはや珍しくない存在だ。医療現場では暴言や暴力を繰り返したり、理不尽な要求やクレームをつける患者が後を絶たず、心理的なストレスから休職、離職する医療従事者も少なくない。患者側の行為がエスカレートして警察沙汰になるケースも起きているほどだ。
「医療の街」と呼ばれる旭川は多くの医療機関が点在するだけに、モンスター患者にまつわる話は枚挙にいとまがない。A氏はこんな驚くべき実態も語ってくれた。
「救急車で朝の8時前に患者が来た。それほど具合が悪い様子ではなかったので理由を聞くと『朝一番で診察をして欲しいから救急車を呼んだ』と言う。明らかに救急のケースではないので説得して通常の診療時間まで待ってもらい最初に診察をしたが、帰り際に『救急車で来たのに待たされた。帰りは救急車で送れ。それが出来ないならタクシー代を寄こせ』と要求してきた」

(続きは月刊北海道経済11月号でご覧ください)

副署長のあきれたセクハラ三昧

捜査用小型カメラの映像が証拠 現役署員が本誌に怒りの証言
辞職に追い込まれた旭川東警察署副署長
女性職員にあきれたセクハラ三昧

 北海道警察は9月18日、部下にセクハラ・パワハラ行為をした疑いがあるとして、旭川東署の林昭好副署長(58)を旭川方面本部警務課付とし、10月1日には停職1ヶ月の処分を下した。林副署長は11日付で辞職。同氏は昨年3月着任。署内ではセクハラやパワハラ行為がないか監督する立場だったが、一体何があったのか。署内の生々しい実態を今も旭川東署に勤務する人物が証言した。

捜査用カメラで
セクハラを立証
本誌に情報を寄せたのはAさん。「署内では自分が正しいことをしていても、上司に刃向かったととられ、署内には居にくくなるかもしれないが……」。出世のコースから外れるのを覚悟で署の内情を明かしたのは、乱れきった実態に一人の警察官として我慢がならなかったからだ。

副署長が更迭された旭川東警察署

以下、Aさんやほかの警察関係者の証言をもとに、林昭好副署長の暴走ぶりを再現してみると……。
林副署長にとって、女性へのボディタッチは〝挨拶代わり〟。署内で尻を触ることなど当たり前だった。資料室で女性を壁に押し付けたこともあった。
昨年のある夏の日、市内の旅館で開かれた署内の飲み会の席で、「今夜は暑いだろう」と言いながら、林副署長は同席した女性警官のブラウスやTシャツをまくり始め、「汗をかいてるだろう」と腋の下に両手を入れたり、胸をさわったりした。
2次会のカラオケボックスでは、スキンシップと称して自身の膝の上に女性署員を乗せ、後ろから胸を揉んだ。「私、彼氏がいるので」と拒まれても、ズボンの上から太ももに手を伸ばすなどの行為が続いたという。

(続きは月刊北海道経済11月号でご覧ください)

 

市職労は家賃を払え! 穴田貴洋市議が追及

 穴田貴洋市議(公正クラブ)が「市役所の一部を職員労組に無償で貸与しているのは問題だ」と西川将人市長を追及した。「一方で、市民に対して市有施設利用を次々に有料にしている。組合第一の市政を市民本位に改めよ」。市民誰もが同感の指摘。「他都市の状況も把握しながら検討したい」と市長は答えたが、どんな判断を下すか。

市職労は36坪
旭川市には「職員労働組合」「市立学校労働組合」「全水道旭川水道労働組合」「市立旭川病院労働組合」「市立旭川病院職員労働組合」の5労組がある。先に開かれた市議会(第3回定例会)で公正クラブの穴田市議が、「無償貸与は問題だ」として取り上げたのは、そのうち職員労働組合(以下、市職労)と市立学校労働組合(以下、教職員組合)の2労組の事務所。
穴田市議の主張はこうである。

市から市職労に対する不当な便宜を問題視する穴田市議

「〝受益と負担の適正化〟ということで2006年から市有施設利用料の有料化や値上げに踏み切っておきながら、労組事務所だけいつまでもタダで市庁舎の一部を使っているのは理解できない。受益者負担の観点からも、使用料を徴収すべきだ。できないのならば退去させるべきではないか」
〝右寄り〟といわれる穴田議員だが、この主張はまったくの正論だ。
市職労事務所は本庁舎9階にあって、その広さは118・02平方㍍、坪にすると36坪。庶民のマイホーム1軒分の広さだ。これだけの面積を占有していて使用料を払っていない。体育館や公民館の利用が無料から有料になり、また介護保険料が値上がりして家計に重くのしかかってきても「市が財政難なのだからやむをえない」と、我慢して受け入れている市民にとってみればたまったものではない。
教職員組合の事務所は19・89平方㍍、6坪と広くはないが、こちらは民間のジブラルタ生命旭川ビルに賃料を払って入居している市教委の一角にタダで〝同居〟している。
市役所本庁舎が十分に広く、どこかのフロアの一部が空いているというのであれば、無料で労組に貸すというのも許されるのかもかもしれない。しかし現実には、本庁舎が手狭なため一部の部署が入りきらず、民間の保険会社のビルを借りて業務を行っているのである。

(続きは月刊北海道経済11月号でご覧ください)

旭川市土地開発公社解散で最大10億?

 公共用地を先行取得してきた旭川市土地開発公社(理事長=高瀬善朗副市長)。景気低迷などから所有する土地の売却は進まず、長期借入金の利息支払い年間5500万円だけが続いているのが実態で、旭川市は解散の準備に入った。気になるのは解散後に残る〝欠損〟で、解散時点での試算負債45億円強のうちかなりの額、最大10億円の重いツケが市民にのしかかってきそうだ。

公共事業の〝先兵〟
かつて、自治体が事業推進のために土地を先行取得することは許されていなかった。このため、どこの自治体も振興公社を設立して必要な土地を買って事業を進めていた。
旭川市でも昭和30年代後半に振興公社を設立し、旭川医大誘致のための土地取得などを次々に取り組んだ。
その後、法律が変わって、全額市が出資し、実態は市と一体である第三セクター・土地開発公社で公有地の取得、管理、処分が行えるようになった。
旭川市でも1973(昭和48)年2月に土地開発公社を設立。当初は、花咲スポーツ公園(約9・2㌶)、中園廃棄物最終処分場(約77㌶)、新富公園(約3・7㌶)のほか、学校新設のための用地取得などを積極的に進めた。また、平成に入ってからも神楽地区のクリスタルパーク(4・1㌶)、江丹別地区の産業廃棄物処分場(約38・7㌶)、春光台地区の福祉村(約4・7㌶)などを取得した後、市に転売するといった具合に約30年間は公共事業推進のための〝先兵役〟を担ってきた。

利息5500万円
ところが、長引く景気低迷、これに伴う市の財政難などから、土地の先行取得のニーズが極端に少なくなり、公社の仕事も減った。数年前からは取得した土地を管理、処分することが主な仕事になっているのが実情。つまり、公共事業推進のための先兵役の意味はなくなったのである。
現状はどうなっているのか─。

(続きは月刊北海道経済11月号でご覧ください)

 

西川市長後援会幹事長が特養新設を申請

三井厚労相秘書も協力申し出
選定の公平性は保たれるのか?

 2014年度までに旭川市内で新設される特別養護老人ホーム(特養)をめぐり、7つの法人の間で熾烈な競争が繰り広げられている。選ばれた業者は巨額の補助金を受給するだけに公正な選考が望まれるが、申請者のなかには西川将人旭川市長と密接な関係にある人物も。11月にも発表される選考結果に注目が集まる。

広島の福祉グループ
含む7法人が名乗り

旭川市が第5期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画に基づき、整備事業を行う広域型特別養護老人ホーム。1施設(80床)の枠に対して▽社会福祉法人慶友会▽社会福祉法人旭川水芝(すいし)会▽社会福祉法人旭川健翔会▽医療法人社団木々の会▽社会福祉法人旭川ねむのき会▽㈱緑ケアライフサービス▽社会福祉法人葵(あおい)新生会の7業者が名乗りを上げた。11月中に選定を完了、来年度に工事を開始し、14年度には完工する計画だ。
7法人の顔ぶれと、それぞれの立地に注目すれば、まず慶友会は吉田病院グループ。すでに慶友会では永山町5丁目で特養「養生の杜カムイ」を営んでいるが、今回の申請では旭川市4条西4丁目にある吉田病院の駐車場を開発、ここにグループ2つ目となる特養を新設する方針のようだ。
ケアハウスを営んでいる旭川水芝会は、市が7月に売り出した春光台地区の旧高台小跡地約1万6000平方㍍を最低基準価格の3480万円で落札しており、この土地を活用して特養を建設する計画。

敷地での特養建設構想が浮上している旧中税務署

グループハウスを運営する旭川健翔会は、ミサワホームが所有する2条25丁目、旭川東警察署裏の土地での特養開設を目指している。なお、この土地の敷地面積は4498平方㍍。市が定めた最低基準価格を大きく上回る1億2500万円で落札した。 このほか、老人介護保健施設を運営する木々の会は、旭ダンケの所有する永山1条18丁目の土地で、グループホームなどを運営する社会福祉法人旭川ねむのき会は忠和の土地でそれぞれ特養建設を計画している。
旭川市民に知られていないのが広島県の社会福祉法人葵新生会。病院、老人保健施設、学校・保育施設、ホテルなど70を超える施設を営む葵会グループ(本部=東京)の一角だ。葵新生会は旭川脳神経外科の裏手にある10条21丁目の土地、約1000坪を活用する意向。

新厚労相秘書が支援申し出
残る緑ケアライフサービスは、訪問介護、居宅介護支援、グループホームなどの介護事業を展開する企業だが、この企業からの申請は、政治的な意味を持つ。社長の板井清春氏が、「西川まさひとふるさと後援会」の幹事長を務めているためだ。

(続きは月刊北海道経済11月号でご覧ください)