道議会議長選で加藤礼一が見せた「本気」

 党・道民会議が候補一本化を目指し調整を進めてきたが、最終的に加藤と本間が立候補。6月5日に会派所属議員48人による投票の結果、当初、本命とみられた富良野市の本間勲道議(68)を旭川市選出の加藤礼一道議(59)が破り、悲願を達成。旭川選出としては1987年の藤井猛以来、歴代2人目の道議会議長となる。(文中敬称略)

眠れる獅子が本気を出した
 加藤が悲願を達成するのか。それとも序盤、最有力とみられた本間が勝ち取るのか……。
さまざまな予測が飛び交い、ことさら注目された今回の道議会議長選だったが、次期議長ポストを事実上射止めたのは加藤だった。「自分の選挙でも本気を出したことがないのに、〝眠れる獅子〟が本気を出した」とジョーク交じりに加藤の勝利を讃える自民党関係者もいる。
慣例に従えば、道議会の議長候補は最大会派の自民党・道民会議から、副議長候補は第2会派の民主党・道民連合から選ばれ、最終的に本会議の投票で正式に決定する。会派内での候補者選びをめぐって多数派工作が繰り広げられるのが「恒例行事」だ。
議長ポストを当選5期目の議員が担うことも慣例。今回、自民党内で5期目にあたるのは、旭川市の加藤礼一、美瑛町の竹内英順、富良野市の本間勲、そして札幌市南区の丸岩公充と留萌管内の工藤敏郎だった。
とりわけ加藤が所属する「岩本派」内での選考は難航が予想された。岩本派では、リーダーの岩本允が2年前に引退して派内の求心力が低下。さらには前回の衆院選では、岩本派所属の道議、船橋利実が辞職して当選したが、一時は岩本ジュニアの剛人が道1区からの出馬を模索して船橋の出馬を邪魔したとされると、船橋を強力に支援していた派の重鎮、釣部勲が憤慨。このため派内の人間関係がギクシャクし、釣部一派と、岩本、伊藤条一、丸岩らの一派が対立する状況が生じた。こうした事情から、岩本派内での候補一本化は至難の業とみられていた。
5期目の加藤は早くから「議長挑戦」の意向を明らかにしていた。議会関係者の間では「瓦解寸前の派閥に身を置いていては無理。自前でグループをつくらなければ議長ポストを狙うのは厳しい」ともみられていたが、派内の修復を第一に考えた加藤は5月に入り、全道各地の道議の自宅や事務所を奔走。会派内の議員らに支持を求めた。
これに対して、党内最大派閥の旧未来塾では、重鎮の高橋文明が本間に肩入れし、ほぼ本間擁立でまとまっていた。農業政策などに通じた本間が「最有力」で、「丸岩や加藤が挑戦したとしても、本間有利は揺るがない」とさえみられた。
ただ、本間の難点とされたのが現在、議長を務める喜多龍一を中心とするグループ「輝志の会」との関係の薄さだ。喜多グループは人数こそ少ないが、「政策についてなら3日でも4日でも語れる」とされ、勢いのあるグループ。前回、2011年の議長選では、わずか4人の小世帯を率いる喜多が議長ポストを獲得して周囲をあっと言わせた。結局、今回も喜多グループがキャスティングボードを握ることとなった。

(続きは月刊北海道経済7月号でご覧ください)

旭川市議会正副議長選、三井続投は「妥協の人事」

 2年交代が慣例化していた旭川市議会の正副議長選出は、現職の三井幸雄が議長に再選されるという異例な結果となった。自民党系、民主党系の議員間での熾烈な対立、分裂の末の〝妥協人事〟。議会内に大きなしこりが残り、今後の市政運営に多大な影響を及ぼすことは必至の情勢だ。(文中敬称略)

三井の圧勝
正副議長を新たに選出する臨時市議会は5月15日に開かれ、まず前日に辞職願が提出されていた議長を選ぶ投票が行われた。
出席議員数は全員で36人。投票は、誰が誰に入れたか分からない無記名で行われたが、無効票はなくすべて有効票。現職の三井幸雄が全体の3分の2に迫る23票を獲得し、圧倒的多数で再選を決めた。
次点は、自民党系議員で構成する野党第一会派の公正クラブに所属する武田勇美。獲得票数は13票で、三井とは10票の大差が付いた。
前回の議長選では、西川与党の第一会派である民主・市民連合に所属する三井が16票、そして公正クラブが擁立した園田洋司が16票と同数であったため、前代未聞の〝くじ引き決着〟となり、その結果、三井が勝利したという経過がある。
当時の議会内の会派構成を見ると、三井は所属会派の民主・市民連合から11票を得、それに無所属票5票を加えた。一方の園田は所属会派の公正クから6票、同じ自民党系ながら会派の違う市民クから5票、そして公明からも5票を獲得していた。共産は独自候補を擁立したため、議長選を左右する票は共産の4票を引いた32票。これを、三井と園田がちょうど半分ずつ獲得したため、同数となりくじ引きになった。
ところが今回は三井が7票も上積みした。一方の公正ク候補の武田は3票減らした。結果、三井の圧勝となった。
最終決戦の構図から見ると、前回と同様に西川与党の民主・市民連合選出候補と公正クラブ選出候補の争いである。それがなぜ、わずか2年しかたっていないのにこうも大差がついたのか。その要因は、会派間対立、会派内分裂、票固めのための駆け引き、個人的な怨念と様々。一筋縄ではいかない政治の世界、人事の複雑さを見せ付けるものとなった。
まず新しい動きとして、議長選の直前まで民主・市民連合に所属していた岩崎正則が、無所属の金谷美奈子と合流して、新会派「無所属G(ジー)」の旗揚げがあった。2人だけの小所帯ではあるが、この2票が議長選の行方を最後に決めかねない重要なものと見られた。
2人は前回、三井に投票している。どう動くか注目されたが、今回は公正クの武田に回った。これで三井は前回より2票減らすことになった。
それでも三井は前回から7票上積みした。それは、前回は園田に投票した市民クと独自候補を擁立した共産がいずれも三井に投票したからだ。2会派の所属議員数を合わせると9票。つまり、2票減っても9票新たに加わったことで圧勝につながった。

北高同期の確執
それでは前回、共闘を組み園田を支援した市民クがなぜ三井に投票したのか。実は前回の議長選で、市民クは公正クの園田を支援する代わりに、2年後の今回は市民クの杉山允孝を支援してくれるよう、両会派幹部間で内諾が出来ていたのである。

(続きは月刊北海道経済7月号でご覧ください)

旭川市議会 議員定数2減「待ったなし」

 昨年8月から5回にわたって開かれた旭川市議会三井幸雄議長の私的諮問機関「旭川市議会議員の定数及び報酬に関する検討懇談会」(座長・竹中英泰旭川大名誉教授、委員8名)が5月9日、審議の結果をまとめた報告書を三井議長に提出した。それによると議員定数については「現在の36人から1人または2人削減すべきであるとする意見が多数を占めた」、議員報酬については「据え置くべきとする意見が大勢を占めた」と報告され、再来年4月の市議選に向け、どうやら旭川市議会はこの方向で議論が進んで行きそうな雲行きだ。

議員報酬額には市民とのずれも
堅物の市民運動家・山本実氏(92)の参加で注目を集めた「旭川市議会議員の定数及び報酬に関する検討懇談会」は結局、市議会議員の定数、報酬に無難な結論を出した。
そもそも議員定数は議会自身が決め、報酬については特別職報酬審議会が決める仕組みになっているが、議会は、自らが定数の議論を始める前に、市民の意見や考え方を聞いておこうと、議長の諮問機関として検討懇談会の設置を決めた。
従ってこの検討懇談会は、あくまでも市民サイドで参考意見をまとめる機関であり、懇談会が適正と判断した定数や報酬がそのまま議会の決定に反映されるものではない。このため市民からは「議員が自分たちで決められないから外部にゲタを預けようとした」といった声も上がっていた。
旭川市議会は過去、段階的に議員定数を削減してきており現在は36人。議員の月額報酬は18年前に定めた議長62万5千円(期末手当を含めた年間計は1038万7500円)、副議長55万5千円(同922万円)議員51万5千円(同855万円)となっており、今日まで続いている。
この定数と報酬が妥当なのかどうか、また多いのか少ないのか。これを審議するのが懇談会の役割だったが、結局は、初めから予想された内容に落ち着いた。しかし審議の経過では議員アンケートも行われ、市民と議員の感覚のずれが浮かび上がる興味深い結果も出ていた。

(続きは月刊北海道経済7月号でご覧ください)