宝くじ「幸運の女神」が堂前宝くじ店を訪問

宝くじファンへの幸運と夢の橋わたし役として活躍する「幸運の女神」が7月19日に来旭。高額宝くじの名所として全国的に知られる堂前たばこ店(旭川市5条通14丁目)でキャンペーン活動を行った。
幸運の女神は初代から数えて34代目。今年度は1192人から6人の美女たちが選ばれ、全国各地で行われている宝くじに関する各種イベントや抽選会での司会アシスタントを務めている。
この日、同店を訪れたのは兵庫県出身の宇野名都美さん。宇野さんはドリームジャンボ宝くじのキャンペーンでみずほ銀行和歌山支店を訪れ、同支店始まって以来の1等当選者を出したラッキーガール。大安吉日のこの日は、1等・前後賞合わせて5億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」と宝くじ史上最多の2000万円の当選本数が450本という「2000万サマー」を購入する人たちが次々と訪れ、白地に鮮やかなマリンブルーのラインが入ったキャンペーン衣装に身を包んだ宇野さんは一人ひとりに「当たりますように」と笑顔で声をかけながらPR。
キャンペーンは午前9時半から同11時までの1時間半にわたって行われ、この機会にあやかろうと幸運の女神目当てに訪れる宝くじファンも大勢来店し、握手や写真撮影を求めたり、購入した宝くじを宇野さんに撫でてもらう人たちの姿で賑わった。

北彩都花火大会、後援認めなかった市の「不可解」

 人材派遣業道内大手の㈱アスクゲート(札幌市、斉藤三寛社長)が中心になり、8月上旬開催を計画していた旭川花火大会が中止になった。旭川市観光課が公共性に乏しいことと、関係機関との調整が不十分として後援名義の使用を不承認したことが中止の理由だが、大会に使用する予定だった土地を所有する旭川河川事務所と旭川市駅周辺課や、旭川中央署、JRなど関係機関は、開催に向けて前向きな姿勢だったことから、市の対応にいらぬ噂が飛び交っている。

いきなり「不承認」
アスクゲートが中心になって開催を計画していた旭川花火大会は、JR旭川駅南側を流れる忠別川の両岸を利用する予定だった。この土地は、駅側を旭川市、神楽側を国が所有する。管理するのは、市が駅周辺課、国は旭川開発建設部公物管理課。国の場合、今回のように短期間の使用は、旭川河川事務所が使用許可を出す決まりになっている。そのほか、開催に向けて花火の使用や観客の安全性が基準に満たしているかどうかを判断する警察と、混雑する駅を管理するJRも開催の是非を問う役割を持っている。
旭川花火大会実行委員会は、手始めに今年2月から8月3日に開催する予定の計画案を関係機関へ提出した。その後、関係機関との調整を進め6月上旬、市や旭川開発建設部、旭川中央署、JR、旭川商工会議所、警備会社、花火業者らが旭川中央署に集まり、大会開催に向けた協議を行った。実行委は改めてその場で、忠別川河川敷で花火大会を開催したいことを関係機関に伝えた。
ところが7月上旬、今度はアスクゲート旭川支店で先ほどの関係機関を集めて行なわれた会合で、協議を始める前に市観光課の職員から「市は、実行委から依頼のあった8月3日開催予定の花火大会の後援名義使用に対して、不承認とする」との発表があった。その理由はさておき、協議を始める前に市が不承認としたことで、協議するまでもなく解散となり、集まった面々は面食らってしまった。
市が不承認とした理由を要約すると、花火大会の日時と予定している場所は、旭川夏まつりの開催期間中で既存の催しへの影響がある。また、実施に向けた関係機関との調整が不十分であるためとしている。この判断は、会合の2日前(7月1日)に、市駅周辺課と旭川開発建設部と協議した上で下したとしている。それに異議を唱えた実行委は「協議した関係機関に、JRと警察が含まれていないのはおかしいのではないか。両者とも重要な役割があるはずだ。この文書は訂正して改めて提出してほしい」と詰め寄った。それに対し観光課の職員は「両者に意見を聞かなかったことは反省している。ただし、この文書は公文書のため、改めて書き換えることができない」と苦しい説明をしたという。

(続きは月刊北海道経済9月号でお読みください)

ダイイチ、ヨーカ堂提携でどう変わるスーパー勢力図

 道内中堅食品スーパーのダイイチ(帯広)と総合スーパー・イトーヨーカドーを展開するイトーヨーカ堂(東京)が資本・業務提携した。低価格競争がどこよりも熾烈な旭川で苦戦を強いられていた両者のタッグでスーパー勢力図は塗りかわるのか。撤退、転出のうわさが絶えないイトーヨーカドー旭川店はどうなるのか、気になるところ。

驚きだが不思議ではない
「十勝を地盤とする食品スーパー中堅のダイイチが、イトーヨーカ堂と資本・業務提携する。道内最大手のアークスを軸に大手の市場寡占化が進むなか、全国大手との連携で生き残りを図る」─7月24日の第一報は一般市民にとって初耳、驚きの情報だったが、スーパー業界では、ダイイチを核にどんな組み合わせの提携が実現しても不思議ではない、想定内の出来事だったようだ。

というのは、1年ほど前、芦別に本社を置き道央圏で店舗展開するフードD(㈱豊月が運営)と札幌圏中心の北雄ラッキー、それにダイイチの3社が提携する、合併へ向けた話し合いが進んでいるとの情報がスーパー業界に流れた。実際、3社の間で前向きな検討がなされたようである。しかし、それぞれが描くビジョンが合わずに〝破談〟となった。するとその直後、今度はもっと大きな提携話、ダイイチが大手と話し合いに入ったといわれていたのである。その相手はイトーヨーカ堂だった。
1958年に㈱帯広フードセンターとして創業したダイイチは、㈱第一スーパーを経て01年に現社名となっている。帯広市やその近郊を主に旭川市、札幌市などに出店。2000年にジャスダック店頭公開、09年㈱オーケーを連結小会社化し、11年には同じ帯広のスーパーいちまると資本・業務提携をしている。

(続きは月刊北海道経済9月号でお読みください)

詐欺事件で犠牲になった上宮寺が10年かけて再興

 03年4月に発覚した市庁移転問題(サンライズビル問題)をきっかけに設置された旭川市議会百条委員会で、市内神居にある聖徳山上宮寺の敷地内に高齢者優良賃貸住宅(高優賃)を建設する計画が問題視された。画策した首謀者らの失敗によりその計画は頓挫したが、その後、同寺の堀切尚道住職が死去して10年以上も廃寺同然の状態が今日まで続いていた。ところが今年に入り、尚道氏の妻や檀家らが協力して移転に向け動き出した。長く納骨堂に放置されていた遺骨も、ようやくきちんと供養されることになりそうだ。

見るも無残な有様
聖徳山上宮寺は、1922年(大正11年)8月、堀切広道氏が市内10条10丁目に聖徳太子鑽(さん)仰の目的で上宮教会を設立したことから始まっている。その後、市内宮下通、現在ある市内神居1条1丁目へと移転を繰り返してきた。
ところが、13年前に先代の堀切尚道住職が死去した。その妻、堀切千恵子氏が住職として寺を管理していたが、女手ひとつではままならず、ほとんど廃寺の状態になっていた。本堂の納骨堂に納められていた遺骨およそ50体(現在は檀家が減り20数体程度)も、放置された状態が長く続いていた。年々少なくなっているとはいえ檀家からは、その行く末が不安視されていた。
同寺の近くを走る国道12号に架かる旭川大橋の欄干から見ると、寺の屋根はトタン板が剥がれ、見るも無残な姿をさらけ出している。屋根中央にそびえたつ相輪も心なしか寂しさを漂わせている。「寺本体が古くなり、相輪を支える土台も心配。もし倒れるようなことがあり周辺の方々に迷惑をかけることがあったら大変だ」(堀切千恵子住職)
寺の境内も普段から人の出入りがない様子で、本堂に入る崩れた階段や、締め切ったままの庫裡はみすぼらしい。
そこで、今年に入り現住職の堀切千恵子氏が、この寺の本山、真宗誠照寺派誠照寺(じょうしょうじ・福井県鯖江市)へ、移転を含めた寺の再興を申し出た。誠照寺によると「千恵子氏は、前住職の尚道氏が亡くなった後、得度して住職を引き継いだ。そして、今年に入り何度か移転を含めた相談を受けていた」という。

(続きは月刊北海道経済9月号でお読みください)