大接戦制して議席奪還した佐々木隆博

 佐々木隆博にとっては、これ以上は望めないほど絶好のタイミングだった。全国的に民主が苦戦するなか、前月の旭川市長選で勝利したばかりの西川将人市長から応援を受け、当初劣勢と見られていた衆院選でも2847票差で勝利し、2年ぶりに国会の議席を奪還した。

西川が全面支援
2012年冬の記録的な惨敗から約2年。民主党の党勢はまだ回復していない。西川も「民主党」の3文字がブレーキになると懸念したのか、自らの選挙では民主色を薄めた。このため解散が伝えられたころ、佐々木陣営内では「情勢は厳しいので応援してもらいたいが、市長には市長の事情があるし…」と懸念する声も。西川後援会の杉山正幸会長も「我々は市民党ですから」と、応援に慎重な姿勢を示していた。
ところが、公示のあとは西川の積極的な姿勢が目立った。公示後の第一声や12月3日の旭川ブロック個人演説会でマイクを握ったのを皮切りに、5~6日、12~13日にかけて市内各地で開かれた個人演説会にも12回参加。選挙戦最終日の13日には本隊車(選挙カー)に乗り込んで、佐々木と並んで10ヵ所以上で街頭演説した。西川後援会幹事長の板井清春も、本隊車で連日マイクを握り、ほかにスタッフ数人が佐々木選対で選挙活動を支えるなど、組織ぐるみで佐々木を支えた。

民主はともかく佐々木は応援
今回の選挙で、佐々木陣営は公示前に士別、名寄、富良野をほぼ回り終え、公示後は旭川で活動する戦略をとった。大規模な集会も開いたが、中心は個人宅、住民センター「高齢者憩いの家」など小規模な会場で開く個人演説会。佐々木は民主党きっての農業通だが、旭川市民に対してはアベノミクスの問題点、集団的自衛権など、都市部住民が関心をもつ話題を選んで語りかけた。
2012年の落選から、6区内で支持団体や有権者との対話を重ねてきた佐々木は、逆風が弱まっていることを感じていた。「選挙戦のあとも、訪れる先々で厳しい言葉を投げかけられたが、今回は温かく迎えていただけた」(陣営の関係者)
農政ネットワークの関係者も、風向きの変化を指摘する。「佐々木がTPP交渉を断固阻止することを明確にしてくれた。民主党はともかく、佐々木を応援する方向で上川全体の組織がまとまった」
選挙期間中、道6区での接戦が伝えられると、自民党は今津の応援のため安倍首相、菅官房長官、谷垣幹事長などの大物を送り込んだ。民主党からも海江田代表、福山政調会長などが来旭したが、知名度や人気の差は歴然としている。それでも佐々木陣営は気にしていなかった。市長選でも自民党が大物議員を呼んだのに、明確な効果が見えなかったためだ。

表紙1501
この続きは月刊北海道経済2015年1月号でお読みください。

2014 衆院選 佐々木が今津に競り勝つ

民主・佐々木隆博(65)、自民・今津寛(68)の大接戦が予想されていた衆院選道6区は、元職の佐々木が2847票差の僅差で制した。敗れた今津は惜敗率で比例復活当選したが、地元旭川市内でも186票差で佐々木の後塵を拝した。共産の荻生和敏(65)は自身の最高得票を獲得し、比例代表の議席獲得にも貢献した。

3陣営様々 開票日の表情

衆院選_総括01佐々木は地元の士別で今津の2倍近い票を集めたが、旭川の今津は微差とはいえ佐々木に遅れを取った。この違いが今回の6区の選挙を象徴している。佐々木を勝たせようという士別市民の地元意識が、今津を勝たせようという旭川市民の地元意識を上回っていた。6区の選挙の勝因・敗因はここに凝縮している。

12月14日投開票日の夜8時、開票番組が始まると同時に「自公3分の2に迫る勢い」といった情報が流れたが、佐々木選対本部に集まった支持者らの表情は自信に満ちて明るかった。選挙戦での手ごたえから、小選挙区で今津に勝てる、負けても僅差で比例復活が望めるという楽観的な空気が広がっていたためだ。
その思惑通り、民放が次々と佐々木の勝利を伝え、NHKが「佐々木当確」を伝えるテロップが表示されたのは深夜0時23分。直後に「佐々木」コールに迎えられて佐々木隆博が現れた。
「北海道6区には民主主義が生きていました。締め付けや圧力を市民の力で押し返すことができました」。選挙戦を力強く支えた西川将人旭川市長ともがっちり握手を交わした。市長選で圧勝した西川の勢いを、そのまま引き継いだ佐々木の勝利だった。
今津選対本部では午後11時30分ごろ、HTBテレビで佐々木の「当選確実」を伝えるテロップが流れたことを知ると一瞬凍りつき、深い落胆の声が広がった。しかし「NHKが出した当確ではない。望みは最後まで捨てない」と、わずかに残された可能性に希望を託したが、日付が変わった午前0時20分ごろ、そのNHKの画面に佐々木の当確が報じられると選対内にはため息が洩れた。

表紙1501
この続きは月刊北海道経済2015年1月号でお読みください。

この先どうする東国幹 「今津後継」に浮上?

衆院選_今津後継 旭川市長選で無念の敗北を喫した前道議の東国幹氏。当面は選挙に協力してもらった今津寛氏や加藤礼一氏、さらに保守系市議の次期市議選の応援に回るほか、支持者らへの〝おわび行脚〟に専念する考えだ。その一方で、今回はからずも衆院選の比例名簿に登載されたことから、周辺からは「衆院選立起の実績ができたことで、今津後継の筆頭になる」との説が浮上してきている。

東には予想外だった名簿記載
11月9日夜、市長選敗北を覚悟した東は、選対事務所で「すべての敗因は私の不徳の致すところ」などと敗戦の弁を語り、立起表明から84日間、ともに汗を流した支持者らの労をねぎらった。やがて支持者の姿がなくなり、閑散とした事務所で激闘の余韻にひたっていた東だったが、翌日からさっそく〝おわび行脚〟に励むことになった。
訪問先は、旭川市内30地区の地域後援会関係者宅と企業後援会約千社。東は「いろんな人に支えてもらって散らかしたものを、片づけておかなければならない」と選挙戦の時と同じ気概を持って一軒一軒、あいさつ回りに余念がない。
そうした矢先、突然決まったのが今回の解散・総選挙だった。失意の底に沈んでいたはずの東にも想定外の白羽の矢が立ち、自民党北海道ブロックの比例代表名簿の「15位」に登載されることになった。
これは11月21日に開かれた自民党道連役員会で、東を比例名簿に登載する案が出たもので、その日のうちに伊東良孝道連会長から東に電話で打診があった。東は翌日すぐに今津に電話で相談したが、伊東会長から話を聞いていたという今津は「明日、加藤礼一と3人で集まって話をしよう」ということになり、今津選対の事務所開きがあった23日に話し合いが持たれた。
今津と加藤は「自分自身の問題だから、東が自分で決めればいい」と東に判断を任せるとして別れた。思案した東は、それから6時間ほど後に今津に「名簿登載を了解することにする」と電話を入れた。衆院選を共に闘い、少しでも今津の集票に貢献できればという思いだったようだ。
自民党道連では、前回の衆院選から比例名簿登載者については、人数合わせで道連の事務職員を名簿に載せるなどの安易なことをせず、政治経験のある人物を名簿に載せることにしたが、今回の東のケースもそれにならったものだという。
しかし、東の比例名簿登載については「市長選に敗れたばかりで衆院選に立候補するなんて、支持者たちにどう説明するのか」といった批判的な声が、自民党内の一部で広がったことも確か。
こうしたこともあって東は、比例名簿登載に至った経緯について、11月28日にロワジールホテル旭川で開いた「あづま国幹連合後援会」役員会や記者会見で、事の真相を説明し理解を求めることになった。
ただ、東のこの時の説明が、今津選対関係者すべての理解を得たとは言い難い。市長選で東を支えたある人物はこう語る。「今津選対内で、比例代表名簿の15位にある『東国幹』の3文字を見るたび、興醒めした気持ちになる」。

表紙1501
この続きは月刊北海道経済2015年1月号でお読みください。

旭川市「道議選」、一転、混戦の様相

 安住太伸が今年4月の旭川市道議選(道議選旭川選挙区)への出馬を正式に表明した。すでに現職5人が出馬表明しており、安住も含めると立候補者数は定員6と同数となるが、新たな候補が名乗りを上げるのは確実な情勢となっている。安田佳正(市議)、谷口大朗(元市議)、笠木かおる(市議)らの動静が注目される。(文中、敬称略)

市長選出馬で道議公認下りた東

 昨年4月の段階では、自民党の加藤礼一と東国幹、民主党の木村峰行と三井あき子、公明党の吉井透、そして共産党の真下紀子の現職6人はすべて出馬し、他に立候補する者はおらず、選挙関係者の間では「無投票の可能性大」との見方が強かった。

4年前の道議選で、みんなの党から出馬した菅原範明が政治活動と縁を切ることを決断し、後援会組織も解散。後継者も決めない形で、政界から引退した。みんなの党からは安住太伸の出馬も考えられたが、安住は本誌のインタビューに対し「今後の選挙への対応はまったくの白紙」と答え、道議選への関わりを否定していた。「6人の現職と互角に戦える候補は安住以外には考えにくい。その安住が態度を明確にしていないなかでは、次の道議選は無投票で終わる」との観測が広がったのである。
しかし、昨年11月の市長選を境に、道議選に向けた動きが大きな様変わりを見せた。
まず、自民党からの出馬が予定されていた東が市長選出馬表明し、道議の公認を取り下げた。市長選で敗北した東が再び道議を目指す道はなくもなかったが、本人は「道議には戻らない」と明言している。また、同じ自民党の加藤道議も「市長選出馬に当たって、東から道議には戻らないという話だったので、自宅をお茶懇の会場として提供し、全面的にバックアップした。道議に戻るという話であれば自宅を提供しなかった」と話しており、道議に戻らないことが自民党として東を応援する大前提だったことを明らかにしていた。このため、自民党としては東後継を早急に決める必要がある。
有資格の幹事長、谷口は意欲?
この後継選びで、まずトップバッターとして名前が上がってくるのが、自民党旭川支部の幹事長を務めている機械メーカー・エフイーの社長、佐々木通彦だ。
佐々木は4年前の市長選でも自民党から出馬した経験を持つ。政治に対する興味は以前から持っており、本人が希望すれば、後継候補として浮上する可能性はある。かつては、菅原範明が同支部の幹事長を務めていた時に道議候補として名前が浮上し、1期道議を務めたことがある。幹事長が道議候補になることは十分に考えられる状況だ。
ただ、同支部内には「市議などまったく政治経験のない人が道議候補になるのか疑問。道内全体を視野に入れながら、政治的駆け引きが要求される道議は、ある程度の経験者が求められる」との見方もある。佐々木本人も「出馬の気持ちはまったくない」と完全に否定している。

表紙1501
この続きは月刊北海道経済2015年1月号でお読みください。