スノボW杯 世界の一流選手の躍動感あふれる姿に大歓声

wcup スノーボードのワールドカップ(W杯)旭川大会が2月28日、3月1日の2日間、サンタプレゼントパーク(旭川市神居町富岡)で開かれ、世界16カ国から85人のトップ選手が集まりタイムを競った。
 旭川でW杯大会が開かれるのは1999年、2001年に続いて3度目。旭川出身でソチ五輪の銀メダリストである竹内智香選手(広島ガス)が五輪後、西川将人市長に旭川での大会開催を要請。開催が予定されていた韓国・平昌(ピョンチャン)が辞退したことを受けて、先に名乗りをあげていた旭川市が再度手を挙げて開催が決まった。
 初日の28日にはパラレル大回転が行われ、約7500人が観戦。この種目で五輪銀メダルを獲得した竹内選手が登場すると会場からひと際大きな歓声が沸いた。竹内選手は予選を1位で通過したものの、今年1月に世界選手権を制した41歳クラウディア・リーグラーに決勝トーナメントの準々決勝で敗れて5位に終わった。
 最終日の3月1日はパラレル回転が行われ、注目の竹内選手は日本勢で唯一決勝トーナメントに進んだが、準々決勝で敗れて8位。女子ではスイスのジュリー・ツォク(スイス)が初優勝を飾り、男子は前日のパラレル大回転の勝者ジャン・コシールが制した。
 レースを観戦した旭川在住の主婦は「テレビとは違う迫力に感動しました。旭川でまた開催して欲しい」と話していた。

表紙1504

職員に出資を求めるワーカーズコープセンター事業団

 旭川市の直営で行われてきた児童センターの運営が、新年度から指定管理者に替わる。その管理者がこのほど決定したが、職員1人当たり5万円の出資が必要で、さらに給与の2ヵ月分以上の増資を掲げる業者であることが分かり、継続勤務を希望する職員の間に不安が広がっている。「本当にこの業者でいいのか」と、市役所や議会内から疑問の声も上がっている。

利用者増加地域交流も
 児童センターは児童福祉法に規定される「地域において児童に健全な遊びを与えて、その健康を増進し、または情操を豊かにすることを目的として設置される屋内型児童厚生施設」の一つと定められている。
 規模が比較的小さなものは児童館として運営されているが、旭川市内には1つの児童館と6つの児童センターがある。  北星児童館のほか、東光、北門、春光、永山、神居、神楽の6つの児童センターで、合計で7施設。このうち北星児童館については、設置されたのが昭和27年で老朽化も著しいことから、今年3月末で閉館されることになっている。
 一方、児童センターは、鉄筋コンクリート造りで、昭和58年以降に設置された比較的に新しい施設。東光については、東部住民センターに、永山には永山市民交流センターに、神居は市営住宅の敷地内に、神楽は神楽市民交流センターにと、いずれも既存施設に併設されており、地域住民と交流する機会も多い。
 利用の対象となるのは18歳までの児童生徒で、子育て家庭に対する育児支援を中心に、さまざまな活動を行っている。開館日は月曜から土曜日で、日曜・祝祭日は閉館。利用時間は午前9時から午後5時まで。就学前の乳幼児は保護者同伴で同センターを訪れ、育児に関する相談のほか、絵本の読み聞かせなどで職員らと交流を深めている。
 また、小中学生はドッジボールやバドミントンなどのスポーツ、おもちゃ作りや工作などの造形教室、一輪車やなわとび、けん玉など遊びを通した記録会活動も実施。子供たちが自由に来館し、好きな時に、好きなことをして遊べる環境も整えられている。ほかにも地域や学校と連携して児童館まつりやクリスマス会などの行事も開催している。
 最近の児童館・児童センターの利用状況を見ると、7施設合計で平成23年度は約9万6千人だったが、25年には9万9千人に増加し、26年には11万5千人へとアップ。利用者数は増加傾向をたどっている。

表紙1504
この続きは月刊北海道経済2015年4月号でお読みください。

駅前イオンに対抗、西武とフィールが大改装

 3月27日に開業するイオンモール旭川駅前に対抗するため、西武旭川店とフィール旭川が大幅な改装に踏み切る。西武はB館地下1階の食品売り場の品ぞろえを強化するとともに、服飾とコスメ、アクセサリーに新たなブランドを導入。フィール旭川は5月下旬から、現在は1階から5階までのフロアに入居しているジュンク堂を4、5階に集約し、1~3階と4階一部をレディースや飲食のフロアに改装する。地下1階では鮮魚店が3月1日に入れ替わった。年商1400億円を目標にする駅前イオンにどこまで対抗できるのか、業界関係者だけでなく地域住民も注目している。

品ぞろえとサービスを強化
 西武が「攻め」の姿勢でイオンを迎え撃とうとしている。6年ぶりの大幅な改装を実施した同店は、3月10日から各売り場ごとに順次リニューアルオープンする。
 集客の目玉となるB館地下1階の食品売り場は、3月10日に大幅なてこ入れを行った。東京・大田市場などから全国各地のこだわり野菜を取り扱う青果の専門店「サンフレッシュ」が出店する。高級な地酒やつまみを取り扱う「おいしいものブティック平翠軒」は、道内初出店となる。
 ほかにも、国産マグロや黒毛和牛といった高級食材を取り入れたり、3月21日からは「ケーキ&ケーキ」と呼ぶ生ケーキを集約した売り場を設ける。これにより、百貨店のデパ地下らしい高級路線に切り替え、イオンとの差別化を図る。

実力つけたフィール旭川
 一方、2011年6月にプレオープンし、同年9月にグランドオープンしたフィール旭川は、機会あるごとに店舗の改装を進めてきた。時流に合わせた品ぞろえとサービスを追求し、先手先手で顧客のニーズに応えようとする戦略だった。
 その中でも、地階の食品売り場「copia」は、百貨店の食品売り場、デパ地下と同レベルの品ぞろえを目指してきた。そのため全面オープンに手間取り、グランドオープンから2年近くを要したが、オープン時の反響の大きさは、フィール旭川にとって自信につながったはずだ。
 その食品売り場も、機会あるごとにレイアウトを変更したり、テナントの入れ替えを進めてきた。3月1日にオープンした鮮魚売場もそのひとつ。当初、根室の大手鮮魚店が出店したものの消費者の支持が得られず、わずか1年半足らずで撤退する羽目になった。

表紙1504
詳細は月刊北海道経済2015年4月号でお読みください。

旭医教授選 想定外!同門から2人が立候補

 旭川医科大学(吉田晃敏学長)第三内科の主任教授で、5年ほど前に市内の民間病院と〝謝礼金〟をめぐるトラブルで話題を振りまいた高後裕氏がこの3月で退官することから、後任の主任教授を決める選考委員会が間もなく開かれる。教授候補に応募してきた複数の人の中には、6年ほど前に女子医学生へのセクハラ問題が取り沙汰された人や、第三内科の高後体制に問題意識を持っていたとされる人もおり、医大内はもとより外部の医療関係者らからも注目される教授選となっている。

最大の同門会員数 伝統ある第三内科
旭川医大教授選01 旭川医大の内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野は通称「第三内科」と呼ばれており、1972年4月の同大開設とともに故並木正義名誉教授によって創設された。
 並木名誉教授は17年間にわたって第三内科の科長として医局員の育成と指導にあたり、全国の消化器内視鏡学会のリーダーとしても活躍、旭川医大第三内科の名前を全国に高める役割を果たした。
 同教授の退官後、1994年12月に2代目教授に就任したのが高後裕氏。並木教授が築いた伝統ある医局を引き継ぎ、以来20年間にわたって消化器、血液腫瘍内科学に関する高度な知識を持った医師、医学研究者を養成してきた。
 この医局に所属した医師たちは旭川医大や市内の医療機関、そして全道、全国に広がっている。同門会員数も300人を超え、旭川医大最大の同門会となり〝旭川医大に第三内科あり〟として高名を誇っている。
 その、2代目教授の高後氏が今年1月16日の誕生日で65歳を迎え、定年退官することになり、今年から後任教授の全国公募が始まり、2月末で応募が締め切られた。今後は学内の手続きを経て、学長や副学長、教授会構成員らによる教授候補者選考委員会によって投票が行われ、数人を選んで教授候補者として推薦することになる。
 今年は旭川医大で2人の教授が退官することになっており、他の医局でも後任の教授選びが行われるが、何と言っても注目は、最大の同門会員数を誇る歴史と伝統の第三内科なのである。

身内から2人が名乗り
 いかに伝統ある第三内科の教授選といえども、なぜこれほどまでに注目されるのか。全国公募で教授候補に応募してきた人物名の公表は行われていないが、伝え聞くところ応募者数は少なくとも4人。そのうち2人は旭川医大内からの〝立候補者〟だというのである。
 しかもこの大学内の2人はともに第三内科の同門。旭川医大の教授選では、同門の中から複数の教授候補が出ることは珍しいことで、通常は前任教授が調整し、1人に絞ってから選考委員会に臨むのが一般的とされている。
 旭川市内の複数の医師はこう話す。
 「普通なら、高後教授のメガネにかなった医局内の准教授が立候補して、他の大学などから応募してきた人と選挙で争い、身内の優位性を生かして当選し、前任教授から医局を引き継ぐという形になるのですが、今回は身内から2人が立候補した。医局の体制をめぐる、やむにやまれぬ理由があったのではないか」
 別の医師は、この辺の事情を次のように推察する。
 「第三内科から立候補している准教授は、高後教授のもとで医局を支えてきた医師としての能力も高い人だ。しかし、6年ほど前に女子医学生、ナースらへのセクハラ問題が取り沙汰されたことがあり、吉田学長も頭を痛めていた。そして高後教授は、この准教授を任命した責任がありながら、頬かぶりした。准教授もいまはもう反省して真面目になったようだが、この種の問題に時効はない。今回、異例なケースとして同門から立候補した人も、高後体制に疑問を持った可能性があるのではないか」

表紙1504
この続きは月刊北海道経済2015年4月号でお読みください。