2016年02月号の主な記事

読み物

  • 2年後閉鎖の東栄高校舎に旭川龍谷高が移転要望中 龍谷高跡地7500坪にイオンとホーマックが食指?
  • 東京五輪も視野東光スポーツ公園整備計画が再始動
  • 旭川工業高校「自動車科」廃止に同窓会・自動車業界が存続運動
  • 止まらぬ旭川市職員の不祥事!消防パワハラ疑惑、税務部ミス
  • 東川町が目指す「産業用大麻特区」1月中にも結果が判明
  • 東旭川「龍乃湯温泉」が突然の営業休止
  • 外国人旅行者増加旭川空港ビル増築計画総工費は45億円
  • 「旭川観光圏」認定に向け観光庁へ申請
  • 旭川総合鉄工団地協同組合臼井鋳鉄工業が破たん 事務局長死去との関連はあるのか?
  • 平成26年度道北企業売上高ランキング東京商工リサーチ旭川支店調べ
  • 松尾ジンギスカンが上富良野「フラノーブル」を売却
  • ピザアクロバット日本一に輝いた武石一徳さんが見据える「世界」
  • 旭川市老人福祉施設整備計画特養80床が「旭川ねむのき会」に決定
  • 豊岡地区で挑む「ふるさと物語づくり」プロジェクト
  • マイナンバー制度に対する企業の意識調査(帝国データバンク調べ)
  • 戦後編が未刊「新旭川市史」の編集再開はあるのか
  • 冬季五輪メダリストを輩出した旭川は“スノボの聖地”復活なるか
  • 新春インタビュー「農政新時代」に立ち向かう 今津寛衆院議員
  • 新春インタビュー「アベ政治止める」流れを作る 佐々木隆博衆院議員
  • 連載「知っておきたい旭川市の除雪」第3回
  • 今月の視点 従軍慰安婦問題辛抱強い取り組みを 西田勲
  • 間違いだらけ!東旭川給食センター入札禁じ手「別途協議」にペナルティなし
  • 西アフリカ最貧国で野球少年を育成JC旭川「人間力大賞」を受賞した出合祐太さん
  • 道北再発見増毛町のあふれる魅力“歴史と自然山海の幸”
  • 囲碁の正課化目指す日本棋院旭川支部遠藤悦史7段が指導法を伝授
  • 旭川に居合道を 8段教士・山形東陽無双直伝英信流旭川無双塾塾長
  • あっと驚く冬がある!第57回旭川冬まつり2月6日開幕
  • そこが聞きたい スタルヒンの偉業称える盛大な周年事業を 旭川市八条スタルヒン通り会会長 杉尾昇氏

企業・文化・地域情報

  • 旭川市末広にホワイトニング専門店「White+」オープン
  • 話題のお店拝見 アラビゴ珈琲忠和店上質な珈琲豆を熟練の職人技で焙煎
  • 第35回バーサーロペットジャパン3月12~13日開催
  • ギャラリーシーズが開廊25周年豪華作家人による記念企画展を開催
  • ハートフルマルシェ開催/旭川陶芸協会展2016
  • 新モデルハウス東光9条2丁目で公開中坂下工務店
  • 地熱床暖房で快適生活ユニバーサルホーム
  • 3月6日~7日第10回さんろく感謝の日
  • 日帰り「みなぴりかの湯」ホテルラッソグランデ旭川
  • アマチュア画家・津田稔夫さんが水彩画教室を開催
  • 感謝キャンペーン中ら~めん蔵支えられた20年
  • 名店「葡萄屋」その現代版めざすレストラン
  • 河井商店河井隆郎氏シャンパーニュ騎士団の仲間入り
  • 今津秀邦 映画「撮影監督動物映画完成」
  • さんろくクイーンズトーク・あゆみさん
  • 悩める男性の強い味方 元気玉はスゴイぞ! くすりの元気堂
  • 旭山動物園くらぶ公用車を寄贈
  • 「こども囲碁まつり」参加者募集
  • 旭川パークホテルのディナーショー
  • 「芸術劇場~白鳥の湖」
  • 全照明LED化した人情銭湯フタバ湯
  • 新設会社・入札・倒産情報

人・街SHOT

  • 青年海外協力隊で活動中の渡邊美希さんザンビアの子供たちとの日常を活写

ローカル通信

  •  JR減便・無人化美深町内に不安広がる(北都新聞)
  •  LINEスタンプに「なよろう」が登場(名寄新聞)
  •  道銀稚内支店、雪解け着工市役所横に新築(日刊宗谷)
  •  留萌市立病院看護師「10対1」基準を維持(留萌新聞)

好評連載

  • 今津秀邦 Vol.6 映画「ライフライン」プロダクションノート
  • インフォメーションポテト「さらに広域で地域に「貢献・密着・活性化」を目指して」
  • 初心者のためのボートレース舟券買い方講座③「実践編」
  • 現代100%パソコン活用法第196回「AmazonFireTVStick」和田徳久
  • コーチャンフォー 第7回「フレッシュマンにオススメビジネスシーンに彩りを」
  • 辛口法律放談 第71回「8年間の仕事、もうすぐ一区切り」(しらかば法律相談事務所)
  • ふたば税理士法人の未来につなぐ経営のススメ 西俊輔 第85回「平成28年度税制改正大綱について」
  • パワーアップ医療・介護マネジメント 第38回「借金を生理する方法について」皆川岳大
  • 社長!!その悩み…社労士が解決します。
  • 八百屋塾 86(ネギ)
  • 暮らしと税金 「確定申告は北洋ビル9階」(旭川中税務署提供)
  • 昇夢虹愛しいMATO/旭川医大病院の1階通路飾るユーモア交えた「小川けんいち絵画展」
  • 布子克敏のお悩み解決リフォーム講座 第39回「水栓金具の多彩な機能」パートナーズ(株)布子克敏
  • こちら探偵相談室 第26回「探偵・興信所・リサーチの違い」… 石川正貴
  • 今、農村空間が面白い!vol.47 中田ヒロヤス
  • 自宅でできるねむり改善計画 vol.53 ~アイマスクの効能編~HOMES ねむりのお店
  • グルメ探訪 第70回「照り焼きチキンのバジルソース」センプレピッツァ
  • Hobbyists ~趣味に熱中する人たち~「囲碁」(竹中英泰氏)
  • 目からウロコの健康トークVol3.「緑内障怖くない(後編)」いずみ眼科
  • お口の健康相談8 よく噛みよく食べよう笑うために「歯のトラブルの背景に潜む要因に注目」たくま歯科医院 詫摩安廣院長
  • 緑の森からの手紙 vol.48「だいちゃんの心を開きたい」緑の森どうぶつ病院 企画室 本田リエ
  • 昭和生まれの負け惜しみ 第26回「将絶自鳴」的場光昭

フリータウン

  • 旭川グランドホテルロビーに賛美歌響く旭川藤女子高合唱部出演
  • 書道家高濱渉さんが一発書き必殺!ライブパフォーマンス
  • JOLEN化粧品の「高嶋屋」プロサーファー志す高校生支援
  • オリジナル曲「麗北の覇者」お披露目第2音楽隊40周年記念演奏
  • 比布町で最高の再生回数“現代版”ピップエレキバンCM
  • 関係者見守る中キョクイチで初セリ新年に市場の繁栄祈る
  • 沙羅さんがケーキプレゼント母親の千景さんが替わって“配達”
  • 旭川日赤で10回目のロビーコンサート緑が丘中吹奏楽部が演奏
  • フランス料理とシャンソン堪能「アモール愛」クリスマスコンサート
  • “景気が大きく動く”申年初顔合わせで「1本の槍のように」
  • ライオン会恒例チャリティー収益金を旭川福祉園に寄贈

ニュースファイル

  • 東川町が賃貸住宅不足解消に向け空き家同然の道警公宅利用を打診
  • オフィスプライム、東宝技研、ラ・ボルダ共同で旭川育児院に軽自動車寄付
  • 第53回技能五輪全国大会に6選手西川市長に健闘の結果を笑顔で報告
  • 道北アークスの小型店「ダ・マルシェ」2020年までに20店舗、50億円目指す
  • 東高3年田中駿介さん小論文コンテストで最高賞
  • 旭川方面遊技協、旭川遊技組合が4団体へ合わせて128万円あまりを寄贈
  • 子供を増やすにはロボット活用人口減対策考える「2100年の旭川の姿」
  • 地域ごとの取り組みなどを意見交換新幹線開業100日前記念フォーラム
  • どうする旭大所有の東桜岡遊休地公立化要望を視野に入れ検討中
  • 函館8位にアップ、旭川は24位全国空港ターミナルビル14年度経営動向

ニューススクランブル 

  • 永山の3会場で自主除排雪説明会
  • タンゴ・シリーズ2月15日旭川公演
  • 2014年火災概況まとまる
  • 川島名誉教授の建築士講座開講
  • 旭山を活かす市民の会ソロプチ日本から表彰
  • 生保協旭川協会が共同募金協へ寄贈
  • 旭山動物園くらぶ餅つき大会1月17日開催

纂私語録

  • 「恒例のチャリティーオークション、司会で“冷や汗”も懐かしい想い出」銀座ライオン旭川ライオン会会長小滝畜産社長 小滝達也氏
  • 「道内初の認知症サポーター養成講座開催、オレンジリング活用し日々の活動を」日本生命保険相互会社旭川支社長 小栁義照氏
  • 「「ヨマナイデクダサイカンジテクダサイ」“5つの心得”踏まえ独自の世界観を追求」書道家 高濱渉氏
  • 「切れ味鋭い議員活動の裏には、何度も車を故障させた一面も」旭川市議会議員 能登谷繁氏

東光スポーツ公園中核施設整備計画が再始動

 2002年の旭川市長選の争点となり凍結されていた東光スポーツ公園中核施設(市内初の武道館を備えた複合体育館)整備が再び本格的に動き出した。既存の花咲スポーツ公園の総合体育館は東京オリンピックのレスリング練習場に決まっており、東光で新たな施設整備が進めば、レスリング以外の競技合宿所の誘致も可能性となる。新年度予算編成を控え西川将人市長がどう決断するのかが注目される。

買収疑惑で議会に特別委
 市内のスポーツ施設は、花咲町に集中しているのが現状だ。花咲町は市中心部から近く、全市的に見て最も利用しやすい位置にある。自衛隊の駐屯基地と隣接するため、施設整備には防音対策など国の防衛予算を確保できるという特殊な要素があったため、整備は進んだ。
東光スポーツ 市内唯一の総合体育館やプロ野球公式戦も開催できるスタルヒン球場建設などは、標準的な国の補助金のほか防衛関連の別の補助金などを使えることもあり、市の負担が少なくて済んだ。
 いまでは陸上競技場やサッカーの球技場など多種多様な競技が行える場所として市民に親しまれ、市内では唯一の総合スポーツ公園となっている。
 しかし、スポーツ人口が増加し、また市街化区域が拡大を続けた結果、新たなスポーツ公園の建設を求める声が強まった。
 これを受け、市では1996年に、新たな運動公園基本構想を策定した。場所は東光21条から27条にかけての7~9丁目の約43・8㌶で、市は数年をかけ市費40億円ほどを投入し農業を行っていた地権者から用地を購入した。
 つまり、この時点で新たなスポーツ公園の建設計画がスタートしたのだが、この計画は順調には進まなかった。当時の社会党系議員が支援者の用地買収に関わっていたのではとの疑惑が浮上し、総事業費が250億円にも及ぶ大規模事業だったため、特別委員会が設置された。そうしたこともあって議会のチェックが厳しくなった。

表紙1602
この続きは月刊北海道経済2016年02月号でお読みください。

東旭川の「龍乃湯温泉」突然の休止

 旭川市内で由緒ある天然温泉で〝神秘の湯〟としても知られる「龍乃湯温泉」(東旭川町上兵村)。戦時中、隼特攻隊の隊長として活躍した「軍神」加藤建夫の生家跡に位置することや、「龍神のお告げに従い開業した」など話題に事欠かない温泉であるが、突然12月1日から休業し、愛湯家らの間で戸惑いの声が上がっている。(文中敬称略)

龍神様のお告げで開業
龍乃湯 龍乃湯温泉はJR東旭川駅から歩いて10分ほどの場所にあり、泉質は希少価値の高い鉄冷鉱泉。〝神秘の湯〟と呼ばれるゆえんは、温泉が発見されたときの逸話にある。この温泉の敷地は、「隼(はやぶさ)特攻隊」の隊長として活躍して〝軍神〟とまで呼ばれた加藤建夫(故人)の生家の跡地。そこに小作に入り農業を営んでいた寺林為治(故人)の長女・百合子(当時24歳)が1949年の夏の夜、龍神が登場する夢を何度も見る。百合子は夢のなかで、この土地には龍神様が存在し「人助けとなる温泉が出る」とのお告げも受ける。
 しばらくして、自宅のポンプの鉄管から妙な音が聞こえてくるので萬台寺(東7条2丁目)で見てもらったところ、「足の痛い子に井戸を掘らせろ」とのお告げ。為治が5人の子供たちに「誰か足が痛い者はいないか」と尋ねると、次女の智枝子が「2、3日前から足が突っ張っている」と言うのだ。為治は「おまえの好きな所をスコップで掘ってみろ」と促し、智枝子が恐る恐る雪を掻き分け水田の角を掘ってみると、そこから出てきたのが濁り水だった。
 当初は当時15歳だった智枝子が2、3人が入れる寺林家の風呂に注ぎ、湯を沸かして家族で入っていた。やがて近所の人が〝もらい風呂〟に訪れるようになり、「ただでは悪いから」と代金を払うようになったことがきっかけで始まったのが「龍乃湯」。当初は納屋を改装し営業していたが、萬台寺のある新旭川地区からは団体で連日二十数人が訪れ、人気が人気を呼び、やがて宿泊施設を建設するまでに発展する。

表紙1602
この続きは月刊北海道経済2016年02月号でお読みください。

止まらない!市職員の不祥事

 昨年8月、旭川市では相次ぐ職員の事務処理のミスや不祥事で、西川将人市長と表憲章、岡田政勝両副市長が責任を取り減給処分となった。ところがその後、消防で上司のパワハラに悩む署員からの内部告発があった。10月には、税務部で事務処理のミスから同じ案件で3度も入札を繰り返す失態が発覚。どうにも止まらない市職員の失態に、市役所内からもあきらめの声が聞こえてくる。

「良し悪しの線引きが難しい」
消防 まずは消防から署員の内部告発。10月31日、本誌に届いたメールには「旭川消防パワハラ」との件名と、上司による部下へのパワハラの内容が綴られていた。要約すれば「部下の休日に上司から連絡があり、ミスがあるから職場に来い」「仮眠時間(待機時間)中に朝5時まで説教された」「髪が長いから坊主にしろ」「体力練成のために異常な筋力トレーニングを強要された」といった内容だ。
 これらのパワハラはいずれも入署して5年以下の消防署員が受けたものと書かれ、メールには「体育会系の上司の絶対的立場と、閉鎖された環境のため、内部告発は自分の立場を悪くするだけで何もできずに我慢している」といった記述も付け加えてある。その結果、「精神的な苦痛から休職したり、退職した署員が多い事態に陥っている」という。
 この内部告発を見た市の複数の幹部からは、「そのような内容の行為があったことは聞いているが、どの部署でのことなのか詳しくは聞いていない」「消防は火災など災害に立ち向かっていかなくてはならない使命がある。現場で少しでも間違いがあれば命を落とすこともある。従って、上司が部下に対して厳しすぎる訓練を課すことも仕方がない面もある」「ただし、その線引きが非常に難しい」など、様々な意見が聞かれた。

表紙1602
この続きは月刊北海道経済2016年02月号でお読みください。