2016年03月号の主な記事

読み物

  • さんろく「つつじビル」をアスクゲートが購入
  • 旭川市4月の部長人事で若手登用あるか
  • 旭川総合鉄工団地協組は整理解散か
  • やっと決まった旭川医大第3内科教授
  • 西武は閉店候補、ヨーカ堂は業態見直し?「セブン&アイ」旭川地区のゆくえ
  • 騒がしい美瑛町 町有地売却めぐり移住者VS浜田町長が“因縁の対決”
  • 騒がしい美瑛町 町立病院職員が医療機器業者に便宜供与?
  • 見えてきた旭川市新庁舎建設の概要工期は3期で仮庁舎はなし
  • 「新電力」に旭川企業の参入はあるのか
  • 旭川中心部ホテル建設で明暗コンフォートは当分延期
  • 永山取水施設問題 どうなる住民監査請求の行方
  • 道内物流拠点旭川「倉庫」の栄枯盛衰
  • 「車椅子ラグビーの魅力を伝えたい」旭川で活動するチーム神威
  • 旭川市内に点在する地域住民を悩ます「ごみ屋敷」の実態
  • 旭川レスリング協会がリオ五輪事前合宿招致を実現
  • 道北アークス「ダ・マルシェ」の出店加速
  • 北彩都シンボル施設 森山病院に助けられた?西川市長公約
  • 鷹栖町運営「北野サロン送迎バス」が突然の廃止
  • 「坂下コレクション」珍紙幣・金貨ズラリ
  • 講演 北の志─坂本竜馬を中心に 自由学園最高学部長 立教大学名誉教授 渡辺憲司氏
  • 第57回旭川冬まつり「安心してください」大人気
  • 今月の視点 マイナス金利でも株価下落 私たちの年金は大丈夫か? 西田勲
  • 鶴飼重男氏の古美術店が火災!高価な骨董品消失 再建に向けて意欲
  • チベットからの留学生ジタイさんに聞く 姓はなくても強い家族の絆 チベット社会は急激に変化
  • 創造と改革」地域活性化セミナー まちが素敵になる仕掛け研究会3空港(旭川、函館、帯広)でタッグ組め

【耳の日特集】

  • 大橋耳鼻咽喉科医院
  • くまいクリニック
  • 錦町おおしま耳鼻咽喉科
  • 吉野耳鼻咽喉科
  • めがねのナカムラ

企業・文化・地域情報

  • 確定申告インタビュー 旭川東税務署・杉本眞也署長
  • 連載「知っておきたい旭川市の除雪」第4回
  • 社会福祉法人じねん 当麻町に新施設 地域密着型複合施設「とうま」
  • 溶接工不足解消に 松田鉄工が最新型の溶接ロボット導入
  • 素敵な大人を目指し心身共育を学ぶ「大人塾」開講
  • 厚友会高齢者向け住宅4月1日オープン けあらいふ花咲館
  • 有料老人ホーム菜の花 移転増室オープン 安心感と居心地のいい「さくら物語」
  • ホワイトデーディナーショー 清水アキラ&良太郎 旭川グランドホテル
  • さんろく感謝の日 参加各店が趣向凝らした1000円企画
  • この春、スパアルパがより利用しやすく! アートホテルズ旭川
  • ラーメン村外国人観光客34%増 中国急増年間10万人に迫る
  • 上川産小麦を100%使用した麺が登場 さいじょう
  • 「おいしい器」テーマに旭川陶芸協会展
  • 旭川南高吹奏楽部コンサート
  • 平成27年度旭川ななかまど文化賞決定
  • FMりべーる健康高座
  • 清水アキラがデザインした「囲炉裏のある家」 ㈱トーワ建設
  • 早い!安い!丁寧!愛用の家具を職人が修理 ヒートマックス
  • 悩める男性の強い味方 元気玉はスゴイぞ! くすりの元気堂
  • 今月の注目人 旭川生まれのシンガーソングライター 児玉梨奈さん
  • ミニ事件帳
  • 新設会社・入札・倒産情報

人・街SHOT

  • 墨絵詩書家・小林白炎 面相筆で「真実の愛」
  • 江戸以降の「年賀状展」傑作“百井コレクション”
  • ちびっこ棋士勢ぞろい 「子供囲碁大会」開催

ローカル通信

  • 名寄高校佐々木さん松澤さん カーリングユース五輪出場(名寄新聞)
  • 寒締めホウレンソウ初出荷 販路拡大目指す生産組合(北都新聞)
  • 最大35基の風車建設 7万キロワット発電の計画(日刊宗谷)

好評連載

  • 八百屋塾 87(せり)
  • さんろくクイーンズトーク 準ミスクイーンつぐみさん
  • インフォメーション ポテト「ポテトサービスセンターが買物公園にオープン!」
  • 初心者のためのボートレース舟券買い方講座「第4レース実践編④」
  • 100%パソコン活用法第197回「インク節約法」和田徳久
  • コーチャンフォー 第8回 ステーショナリーコーナー「アートフィアー」の鞄
  • カリスマヨウコが叶えるドリームウェディング 第25回「男女の出会いを後押し」
  • 昭和生まれの負け惜しみ 第27回「四知」的場光昭
  • 辛口法律放談 第72回「裁判での教授湯は冷静に」(しらかば法律相談事務所)
  • ふたば税理士法人の未来につなぐ経営のススメ 西俊輔 第86回「平成28年3月決算で活用可能な優遇税制」
  • パワーアップ医療・介護マネジメント 第39回「旭川で弁護士かい!から10周年記念①」皆川岳大
  • 社長!!その悩み…社労士が解決します。「社会保険の適用拡大」
  • 暮らしと税金 「確定申告書は、自分で作成して、お早めに!」(旭川中税務署提供)
  • 昇夢虹 愛しいMATO
  • 布子克敏のお悩み解決リフォーム講座 第40回「住宅の寿命 ホントに30年?」パートナーズ(株)布子克敏
  • 今、農村空間が面白い!vol.48 中田ヒロヤス
  • 自宅でできるねむり改善計画 vol.54 ~睡眠記録のオススメ編~HOMES ねむりのお店
  • グルメ探訪 第71回「旬肉と旬菜」とはち
  • 男性の悩みを解決 ヒサコ院長のビューティーアドバイス 第1回
  • Hobbyists ~趣味に熱中する人たち~「コントラバス奏者」(竹中英泰氏)

イエロー

  • 凱旋 北海道歌旅座の新春コンサート
  • 白い季節も 大雪高原旭ヶ丘
  • サンタプレントパークで3月12日 スノボイベント
  • 弾き語りライブ続ける敦賀ひろきさん
  • 老舗天金の洋食店「リストランテ テンキン」好調
  • “さんろくの母”スナックマキの昌子ママが引退
  • 今津秀邦 Vol.7 映画「生きとし生けるもの」プロダクションノート
  • いきいきハイパワー

フリータウン

  • ナースキャップに決意誓う 旭川歯科学院が戴帽式
  • 新年交礼会で多彩なワーキングウエア 旭川鉄工青年会がファッションショー
  • 比布町成人式で和気あいあいビデオレター “15歳の自分からのエール”
  • 天候に恵まれ昨年を上回る参加者でにぎわう 動物園くらぶ主催のもちつき大会
  • ガソリン価格リッター100円割れ! 「3月までに95円まで下がる」業界予想
  • アイスドームで搾り作業始まる 高砂酒造の限定生酒「一夜雫」
  • 日本古来の言葉大切にスポーツ感満喫 護国神社で第50回全道歌留多
  • 市内の17社集まり「ハートフルマルシェ」ウエディングテーマに展示
  • 北電旭川支店「旭川統括電力センター」 電力系統事故復の旧操作訓練公開
  • 旭川の弁護士たちが対応を指南 市職員の「不当要求等対策セミナー」
  • 旭川市内の神社で節分祭 無病息災願い「福は内!」

ニュースファイル 

  • 「旭川トドマツ屋台プロジェクト」が第1回ウッドデザイン賞受賞
  • 鷹栖と江丹別、東旭川に太陽光発電 3ヵ所まとめて購入を希望する売電業者
  • 宮下4の市有地3度目の公募 見学会参加は1社のみ、今度は実るか
  • 東神楽中学生が台湾大園訪問 吹奏楽部員来日に続き交流深める
  • 4月施行「女性活躍推進法」 活躍状況把握と課題分析が不可欠
  • 東川町が私有山林200ヘクタールを購入 環境保全を優先
  • 泣き寝入り被害対策に「指紋鑑定」導入 北海道綜合興信所
  • アラビゴ珈琲忠和店に珍客 スズメバチの巣で「神様トンボ」越冬

ニューススクランブル 

  • 韓国水原の中高生が来旭
  • 旭川JCが西川市長招き例会
  • 横山幸雄チャリティーコンサート
  • 旭川医大生が介護施設で実習
  • 被災者支援Maybe3月6日に講演会など
  • カワムラがバス待合所設置
  • 生ごみマイスター養成講座
  • 日本生命旭川支社のCSR活動
  • 旭川薬剤師会新年交礼会
  • 幻のパン「パパラギ」2月9日から再開
  • 3月24日に「旭川泡盛の会」
  • 旭川文化芸術協議会公演
  • 正和電工 海外から視察相次ぐ
  • 道教大旭川校美術分野 4年間の集大成展示

業界トピックス

  • iPHONE対応のスマート補聴器 めがねのナカムラ
  • オーダーメイドの特殊品でニーズ対応 HAL CORPORATION

纂私語録

  • 「上川産小麦100%使用、会オリジナル麺の開発目指す」ラーメンの会旭川幹事長・さいじょう統括店長 水本栄一氏
  • 「「鷹の爪」の新千歳空港店にオリジナル器、味噌・醤油ラーメンに黒、塩味には灰色系」陶芸家 片山兵衛氏
  • 「10号超えた“現代のかわら版”旭川市政に対する鋭い提言も」元東栄高校教師 佐々木淳一氏
  • 「食育、木育、花育で心の教育を指針、5期目を迎え待ちづくりの集大成にしたい」当麻町長 菊川健一氏

解散か? 混迷深める旭川総合鉄工団地協組

 事業資金貸付け「転貸融資」の不祥事が発覚、すべてを仕切っていた事務局長の急死で混迷する「旭川総合鉄工団地協同組合(旭川市永山北4の6、表豊代表理事)」。臼井鋳鉄工業㈱に続き、同じ組合員である㈱コーティング工業も経営破綻し、さらに組合自身も振り出した手形決済が行えなかった模様だ。「組合の業務はすでに停止しており3月で整理の方向」と表代表理事(㈱表鉄工所会長)は話しているが、破綻した臼井、コーティングとの間の転貸融資の実態解明には曲折がありそうだ

組合自身も…
 昨年師走に旭川総合鉄工団地協同組合(以下、総合鉄工組合)の事務局長が急死し、前後して臼井鋳鉄の脆弱な経営体質が表面化、年が明けてすぐに破綻した経緯は本誌先月号で報じた通り。死去した事務局長が一切を仕切っていた事業資金貸付け「転貸融資」で不祥事が表面化したことが原因だった。
総合鉄工団地協組→02 本誌記事の最後に「臼井鋳鉄同様に転貸融資を受けていたもう1社の組合員も厳しい状況に追い込まれている」と書き加えたが、そのもう1社の組合員「コーティング工業」も1月に入って2度の不渡りを出して破綻した。
 コーティング工業は1947(昭和22)年創業の老舗で、企業信用調査機関によると「建築塗装、橋梁塗装を主体に、発泡ウレタン工事なども行いピーク時には1億円を超える売上高を計上したが、公共事業削減や住宅市況低迷から減収、採算低調で厳しい資金繰りを強いられていた」
 臼井鋳鉄が組合から受けていた転貸融資の額は4000万円近かったと言われるが、コーティング工業も2000万円を超える転貸融資を受けていた模様だ。
 総合鉄工組合は12社で構成されており、そのうち2社が相次いで破綻したことだけで〝異常事態〟だが、何と本体の組合自身も1月20日の手形決済が出来なかった模様だ。

2ヵ月のはず…
 総合鉄工組合の主な事業は、転貸融資と不動産賃貸、酸素・アセチレン・灯油などの共同購入。破綻した臼井鋳鉄の本社工場敷地は組合所有だ。
 某資材業者によると、共同購入の支払いは手形。また転貸融資も、借り手(臼井鋳鉄とコーティング工業)が約束手形を振り出して行われていたという。

表紙1603
この続きは月刊北海道経済2016年03月号でお読みください。

西武は閉店候補 ヨーカ堂は業態見直し?

 百貨店や総合スーパー(GMS)の不振が続いている。追い討ちをかけるように昨年の秋以降、暖冬の影響で冬物衣料の動きが悪い。このような状況を受けて、旭川市内ではセブン&アイグループの西武旭川店が閉店候補に上がると同時に、イトーヨーカ堂旭川店が業態を見直す方向で検討が進められている模様。同じく大手のイオンも、GMSの春光と永山が苦戦を強いられ、店舗の見直しが急務になっている。

苦戦の百貨店とGMS
セブン&アイ→01 昨年の秋から暖冬の影響で冬物衣料の動きが悪く、全国の百貨店や総合スーパー(GMS)の業績に大きな影響を与えている。その一方で、一部の百貨店やドラッグストアは、訪日観光客、中でも中国人の爆買いに助けられ、わずかながら売り上げを伸ばしているところもある。
 このような状況の中、国内小売業の両巨頭、セブン&アイホールディングス(以下セブン&アイ)とイオングループ(以下イオン)でも、閉店もしくは店舗の見直しが検討されている。新聞報道によると、セブン&アイは昨年9月、傘下のイトーヨーカ堂のうち2割に当たる40店舗を2020年2月期までに閉鎖する方針。同じく傘下のそごう・西武でも、閉店の対象となる店舗がいくつかあるとされる。
 イオンは、傘下のイオンリテールが運営する350店舗を今後5年ですべて改装する。イオンはイオンリテール以外にも買収したダイエーや道内、九州、沖縄の地域企業が運営するGMSもあり、苦戦が続いている。
 両グループの店舗を旭川市に当てはめてみると、セブン&アイが西武旭川店とイトーヨーカ堂旭川店。イオンがイオンモール旭川西店と同旭川駅前店に、GMSのイオン永山店と同春光店。これらの中で業績不振が続いていると見られているは、西武とイトーヨーカ堂、イオン永山と春光。いずれも閉店の噂が絶えない店舗だが、中でも西武の閉店の可能性が最も高いと見られている。

売上動向次第
 実は昨年12月下旬に開かれたそごう・西武の役員会で、全国にある店舗の中で数店が閉店候補に挙がった。その一つに旭川店の名前が挙げられたという。閉店を決断する条件となるのが、新年度に入る3月から決算期の来年2月末までの1年間の売り上げ動向だ。

表紙1603
この続きは月刊北海道経済2016年03月号でお読みください。

アスクゲートが4の7つつじビル買収

 20年ほど前まで人気のディスコ「ワールド」が入り、連日数百人が集い賑わった旭川市4条通7丁目の「つつじビル」を、人材派遣業道内最大手のアスクゲート(札幌市、斉藤三寛社長)が買収した。築40年を超え、老朽化が進む建物だが、「さんろくの灯を消したくない」という斉藤社長の想いを具現化するため、改装を加えて一新する。飲食店運営やイベント開催で独自のノウハウをもつアスクゲートだけに、どのような建物に生まれ変わるのかに注目が集まる。

ディスコ「ワールド」大賑わいは昔の話
 1974年11月30日に新築されたつつじビルは、約100坪の敷地に地下2階、地上8階建ての鉄筋コンクリート造りの建物。5階から6階に吹き抜けになったフロアには、ディスコ「ワールド」が入居し、20年ほど前までは連日、数百人が集まる繁盛店だった。
つつじ 当時、近くの飲食店で働いていたアスクゲートの斉藤社長は、「夕方からどんどん人が入り、ものすごく活気があるビルだった。私も何度か足を運んだが、いつかはこんなビルで商売をしたいと思う憧れの飲食ビルだった」と、当時を懐かしむ。 
 当時を知るさんろくの飲食店オーナーも、「ワールドのほかにもグランドキャバレー『オスカー』が入り、結構賑わっていた」と語る。
 ところが、ディスコブームは終わりを告げ、やがてワールドも閉店。今ではこのダンスホールも年に数回、パーティなどの不定期イベントで利用されるだけと、一時の賑わいからは想像もできない状況になっている。
 他のフロアも地下1階と地上1階に数軒のスナックが入居するだけとなっている。さんろくの中心である3・4仲通りや3条本通りの6丁目でさえ飲食店ビルの空き室が目立つ現状では、そこからやや離れた場所にあるつつじビルが苦戦するのも無理はない。

表紙1603
この続きは月刊北海道経済2016年03月号でお読みください。

旭川「倉庫」の栄枯盛衰

 ふだん何気なく見ている風景や当たり前のように利用している建造物、道路などにも多くの歴史が刻まれている。「倉庫」も、その一つ。交通の要衝として栄え、道内物流の一大拠点を担ってきた旭川について語る際に欠かせない存在でもある。倉庫がたどってきた栄枯盛衰を振り返り、浮かび上がってくるものは──。

起源は「宮下通」に
 旭川の街並みは現在の曙町を中心に明治20年代から形成され、徐々に東側に発展。旧国鉄旭川駅が誕生すると、さらに東方に線状に拡大し、明治30年代には旭川市内で最も古い道路「宮下通」ができる。宮下通は旧国鉄の貨物ターミナルに沿って発達したこともあり、倉庫業の中心地として昭和40年代まで活気を呈することになる。
倉庫→01 そんな一角に、旭川と空知太(滝川市)を結ぶ上川線が開通した同じ年の1898(明治31)年、上川管内の株式会社登録第1号として設立されたのが上川倉庫㈱だ。道内で初めて設立された小樽倉庫(明治28年創業)に次いで産声を上げている。
 上川線の開通に続き、1901年に十勝線(現富良野線と根室本線)、03年に天塩線(現宗谷本線)が相次いで開通。旭川はこれら3路線の中心として周辺エリアの農作物が集まる場所となり、農業生産地としての歩みを加速させていく。
 旭川を基点に日本海、太平洋、オホーツク海の沿岸に向けて伸展した鉄道網により〝旭川商人〟は地方にも積極的に進出。自分たちの手で商品を仕入れ、やがて遠隔地の小売商に売りさばく問屋や卸売業を営む人が現われて活気づいたのが倉庫だ。
 上川倉庫では1913(大正2)年までの間に旭川駅と一体となった約2000坪の敷地に「ロ」の字型にレンガ造り倉庫大小14棟を開設。これら倉庫群の中に木造2階建ての小規模な事務所棟を建てた。旭川で現存する木造事務所建築としては最も古いとされる。和洋折衷様式で、正面に洋館のような意匠が施され、建設当初は玄関上部2階から出入りするバルコニーがあったという。

表紙1603
この続きは月刊北海道経済2016年03月号でお読みください。

車椅子ラグビーの魅力伝える「神威」

 車椅子スポーツといえば、バスケやテニスが知られているが、昨秋のW杯ラグビーで獅子奮闘の活躍を見せた〝五郎丸人気〟にあやかり、「車椅子ラグビー」への注目度がじわり高まっている。道内には3つのチームがあり、その一つが旭川を拠点に活動する「神威(かむい)」(矢島勇作代表)。普及活動にも力を入れており、練習場に子供たちを招き、一緒に汗を流すことで競技の魅力を伝えている。

「マーダーボール」
車椅子ラグビー→01
 車椅子ラグビーの発祥の地はカナダ。頸椎損傷や脳性麻痺などで四肢が不自由になった、比較的重い障がいを持つ人たちのために考案されたスポーツだ。
 ラグビーにバスケットボールやバレーボールなどの要素を組み合わせたもので、バスケットボール用のコートで行われる。バレーボールを基にした専用球を使い、バスケのようにドリブルをしたり、健常者のラグビーとは違って全方向へのパスが可能で、ボールを抱えたり、膝の上に乗せてゴールラインを超えると得点となる。試合は1ピリオド8分で、4ピリオド制だ。
 障がいの程度に応じて0・5点から3・5点までの7クラスに分類され、1チーム4人の点数の合計が8点を超えてはならないという決まりがある。
 選手の中には、握力が弱く車椅子の操作やパスが難しい人もいる。また体幹の機能が弱いために車椅子に寄りかかることで何とか体の安定を保っている人もいるため、障がいが軽く手が使える選手は車椅子を駆使してボールを運んでゴールを狙い、障がいが重くボールが掴めない選手は体を張って敵を止める。

表紙1603
この続きは月刊北海道経済2016年03月号でお読みください。