迷走するしずお建設運輸 M&A白紙撤回

 両社のトップが並んで経営譲渡会見が行われたのは5月26日。そのわずか1ヵ月後にしずお建設運輸㈱の今井優子社長は、苫小牧の朝日建設㈱への譲渡白紙撤回を発表した。異例の〝破談会見〟までに、いったい何があったのか。役職員退職が続くしずおはどうなる─。

1ヵ月で反転
 しずお建設運輸の今井優子社長と朝日建設の吉田和基社長が同席し「経営譲渡で合意した。6月末ごろには株式の売却を完了し、しずお建設運輸のすべての業務を朝日建設が引き継ぐ」と発表したのは5月26日のことだった。その3日前に吉田社長はしずお建設運輸の社長にも就任しており、いわば新しい〝しずおの顔〟。「建設運輸と農場の両事業を継承し一層発展させたい」と抱負を語った。
 取り決めに沿って、しずお建設運輸の創業者で今井社長の実父・佐藤静雄会長は5月末で退任、株売却完了と同時に今井社長も退任するとした。士別市を代表する企業の経営譲渡は地元経済界と市民に大きな衝撃を与えたが、事業も雇用も維持されるということで、一件落着との安心感が広がったのだが…。譲渡発表記者会見からわずか1ヵ月後(正確には28日後)、事態は一転して、6月23日に今井社長は「経営譲渡を白紙撤回する」と発表した。
 1ヵ月前に就任したばかりの吉田社長は解任。前後して、斉藤忠春副社長も解任した今井社長は「〝新しずお〟として再出発する」と語った。
 経営譲渡発表からわずか1ヵ月で白紙撤回というのは極めて異例だ。しかも〝破談会見〟の席には経営譲渡によって会社存続を切望した佐藤会長は不在。実質的にしずお建設運輸の業務を取り仕切ってきた副社長も解任されての異常事態。いったい、この1ヵ月の間に何があったのか。

表紙1607
この続きは月刊北海道経済2016年08月号でお読みください。

「過失でなく危険運転」遺族の願い通じ訴因変更

 5月に発生した交通事故で小学校教員の女性が死亡した。加害者の男が大量の酒を飲んでいたにも関わらず、旭川地検が起訴の際に選んだ訴因は「過失運転致死」。遺族が変更を求め地検への働きかけを行った結果、再捜査を経て訴因は「危険運転致死」に変更された。

あなただったかも
 日記やスケジュール帳を開いて、今年5月4日の行動を思い出して欲しい。連休も終盤を迎え、道北には時折雨が降ったこの日、一瞬でも自動車のハンドルを握ったのに、いまも普通に生活している人は幸いだ。この日の朝からビールを飲み続けた男が、旭川市内の道路を酒に酔った状態で運転し続けていたのに、事故に巻き込まれることなく無事に帰宅することができたのだから。
 すべての人が幸運なわけではない。旭川市内の小学校に勤務し、教え子たちに慕われていた中島朱希さん(38)は5月4日の夜、ワゴン車を運転して旭川市末広1条13丁目の国道12号(旭川新道)を自宅に向けて走っていた。酒に酔った男が運転し、対向車線を時速118㌔で走っていた車が約100㍍先の交差点で中央分離帯に激突。制御が効かなくなった状態で進み、中央分離帯を乗り越えて中島さんのワゴン車に向けて突っ込んできた。中島さんは搬送された病院で死亡が確認された。中島さんの家族や小学校の教え子たちにとっては、予想もしなかった悪夢の連休となった。
じこ 暴走車を運転していたのは東川町内の農業・石崎勝彦容疑者(51)。自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕された。その後、中島さんが死亡したことを踏まえて、旭川地検は5月25日に同法違反(過失致死)で石崎容疑者を起訴した。
 しかし、「過失致死」の4文字に遺族は納得しなかった。過失運転致死が適用されれば、酒気帯び運転と合算しても懲役は最長10年。何の罪もない中島さんの命を奪った男が、裁判で有罪判決が出ても、最長でも10年で社会復帰してしまうのだ。
 石崎容疑者については取り調べで、事故を起こした日の朝に酒に酔った状態で農作業をし、その後、旭川市内を運転しながら酒を飲んでいたことが明らかになっていた。遺族の独自調査で、恒常的に酒に酔っていたとの証言も得られた。そんな状態で暴走し、実際に死亡事故を起こした容疑者の行動を「過失」の一言で片付けるのは、一般人が考える言葉の定義からかけ離れている。
 このため遺族らは交通事故被害に詳しい青野渉弁護士(青野・広田法律事務所、札幌)に相談。青野氏の支援を受けてより刑罰の重い自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死)への訴因変更を求める要請書をまとめ、6月16日に旭川地検に提出した。
 なお、酒酔いに伴う危険運転致死の刑罰は最長で20年と、過失致死の倍に達する。

小樽の事件は訴因変更
 遺族たちが訴因変更を地検に求めたのは、裁判所には変更ができないためだ。「過失致死」のままでは、裁判で石崎被告が危険運転を認め、証拠がそろったとしても、刑事訴訟法の規定により、裁判官は過失致死よりも刑罰の重い危険運転致死で判決を下すことができない。
 遺族が注目したのは、14年7月に小樽の海水浴場で女性4人が後ろから来た車にはねられて死傷し、車を運転していた男が逃げた事件。起訴のさいの訴因は過失致死傷罪と道交法違反などだったが、被害者遺族が危険運転致死傷罪の適用を求めて7万筆以上の署名を集め、札幌地裁が同罪への訴因変更を認めた。一審判決は求刑通り懲役22年。二審も一審判決を支持した(被告側が上告中)。
 法律に危険運転致死に関する規定が明記されているのに、検察があえて刑罰の軽い過失運転致死を適用することがあるのは、法律の条文が曖昧なためだ。自動車運転死傷行為処罰法には「アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為」との文言があるが、たとえば小樽の事件で被告側は、うつむいてスマホを見ていたのが原因で、飲酒はしていたが事故はアルコールの影響ではないと主張した。
呼気濃度基準の3倍
 一方、危険運転致死での起訴を求める被害者側は、裁判でそれを立証することは十分に可能だと主張していた。青野弁護士らがまとめたメモの中で、被害者側は、正常な運転が困難だったことは、一般道を時速100~120㌔で走っていたこと、被告人自身が取り調べに対して「朝から飲んでいたお酒が影響して何も考えず、真面目な考え方ができなかった」などと供述していることから明らかだと指摘。事故の42分後に行われた呼気中のアルコール濃度検査の数値が、飲酒運転取締りの基準値である1㍑あたり0・15㍉㌘の約3倍に達していたことなどから、「危険運転」の立証は十分に可能であるとして、検察に訴因変更を強く求めた。
 遺族の一人は、6月16日、最初に旭川地検に訴因変更を求めた際には、相手がどう考えているのか、まったく伝わってこなかったと振り返る。その後、この問題が繰り返しテレビなどで報道されるにつれて、再捜査を行うなど地検の態度も柔軟になり、担当の検察官も交代。6月30日に新しい検察官に会った遺族の一人は、その態度から一定の手応えを感じていた。
 そして7月7日、訴因が過失致死から危険運転致死に変更されることが、遺族側に伝えられた。「過失ではなく危険運転」という遺族の主張は認められたことになる。旭川地検は裁判で「危険運転」を立証することは可能と自信を持っている模様だが、裁判官がどのような判断を示すかが注目される(なお、訴因変更に伴い7月19日に予定されていた初公判は延期された)。
 石崎容疑者が危険運転致死で裁かれたとしても、中島さんが生きて帰ってくるわけではない。遺族の一人は訴因変更を評価しながらも「二度とこういうことが起きないようにするのが私たちの目的。うやむやにして軽い罪を適用し、犯人に真の裁きを受けさせないのは、司法の怠慢」と語る。

表紙1607
この記事は月刊北海道経済2016年08月号に掲載されています。

鷹栖町議会議長の「新田牧場」 堆肥舎不正使用の疑い

 鷹栖町で乳牛を飼育している新田牧場が、国の補助金を使って建てた堆肥舎内に牛舎や倉庫を増築していた。その影響で、本来は堆肥舎内で管理されるべき牛糞が放牧地に野積みされている。これら2つの行為はいずれも違法であり、町はすぐさま管轄する上川総合振興局へ連絡し、町で現地調査を行い事実確認を行なった。その結果は本誌締め切りまでに判明しなかったが、補助金の用途に問題があるのは明らか。牧場の新田健一代表が鷹栖町議会議長を務めていることが影響してか、牛糞から出る悪臭に周辺住民らは口をつぐむが、長年見過ごしてきた町の甘さを批判する声は日増しに高まっている。
(記事は7月6日現在)

自己負担わずか5%
新田牧場は、町の中心部から1㌔ほど離れた道道251号沿いにあり、新十五線道路にもほど近い。問題の堆肥舎はその道道に面しており、水色の鉄骨が目印で、2000年に国の補助金制度を使って建てられた。一般的に、この規模の堆肥舎であれば建設費は1000万円程度。また、この制度には、パワーアップ事業というしくみがあり、建設費の50%を国からの補助金、そのほか道と町からの補助金が合わせて45%、残りの5%は酪農家が負担することになっている。仮に建設費が1000万円でも、酪農家は50万円を負担するだけで済むことになる。
 牛や豚など家畜の糞を屋外に野積みすることは環境に悪影響を与えることから、農水省は「畜産環境総合対策事業」の名の下で補助金を使った堆肥舎の建設を推進してきた。酪農家がこの補助金の利用を希望する場合、まず所在する自治体へ申請し、その後自治体が都道府県もしくは国に申請する。国の認可が下りれば各自治体へ補助金が送られ、酪農家に支払われる仕組みになっている。
 ところが新田牧場の堆肥舎は、本来の目的である牛糞の保管場所以外の目的にも使用されていた。写真を見てもわかるように、鉄骨で囲まれた中、左側のスペースが壁で囲まれているのがわかるはずだ。この建物は牛舎と倉庫代わりに使われており、右側部分だけが本来の目的通り堆肥を保管するスペースになっている。堆肥舎を建てた後に左側部分に壁を増築したようだ。
 だが、これは明らかに違反行為で、しかも寝ワラが混ざった糞は、牛舎と隣接した牛の放牧地に漫然と野積みされている(2ページ目の写真)。
 この写真を見た管内のある農協幹部も、「これは明らかに違法行為。しっかりと堆肥舎に家畜の糞尿を管理して堆肥化するのが酪農家の務めだ」とあきれる。

表紙1607
この続きは月刊北海道経済2016年08月号でお読みください。

労働審判の最中名寄を見放し? 今度は新得へ移住経営者の評判〝裏表〟

 名寄市の障害福祉事業所の職員が突然解雇され、それを不当とする地位確認(解雇無効)の労働審判が旭川地裁で行われている。相手方の社長はつい最近、新得町でも町の肝いりで名寄と同様の福祉事業所を開設したばかり。名寄の福祉関係者の間からは「新得でも同じような問題を起こさなければいいのだが」と危惧する声が聞かれる。

「解雇は無効だ」労働審判始まる
 労働審判は、労働者と使用者の間で起きた解雇や給料未払いなどの争いごとを、訴訟よりも素早く解決するため10年前から導入されている司法制度。申立人(代理人弁護士)、相手方(同)、裁判官、労働審判員2人によって審理され、原則3回以内の審理で解決案が提示される(解決しなかった場合は訴訟手続きに移行する)。
 今年5月6日、旭川地裁に労働審判を申し立てたのは、名寄市内に本社を置く㈱キートス(土井雅史社長、資本金500万円)の社員だった20代男性のH氏。
 同社は「障がい者就労継続支援A型事業所」(以下A型事業所)と「児童発達支援・放課後等デイサービス」(以下児童デイ)と二つの事業所を運営していたが、今年4月末、利用者減による経営悪化を理由に児童デイ「学びの森コティ」の事業を廃止し、そこに配属されていた4人の社員全員を整理解雇した。
 同社は児童デイとともにA型事業所も運営しているわけだから、配属先だった児童デイの廃止がそのまま会社からの解雇につながる理屈にはならない。しかも4人に解雇通知した直後に新入社員1人を採用するという矛盾もあった。
 そこで解雇された4人を代表する形でH氏が、旭川市内の弁護士を代理人に立て「整理解雇は合理的な理由に欠け、社会通念上認められるものでなく解雇権の濫用であり、解雇は無効である」との労働審判を起こしたのである。
 審判の第1回は6月17日に予定されていたが、相手方の土井社長が急きょ旭川市内の弁護士を代理人に立ててきたことから延期され、7月5日に最初の審判が行われた。この時は審判員の前で互いの主張を述べ合っただけだが、次回(8月1日)までに調整が進むものとみられる。最終的にどういう解決案が出てくるか注目される。

同業者が事業停止求める上申書提出
 実は、この労働審判の申し立てが行われる10日ほど前、名寄市内で㈱キートスと同じようにA型事業所を運営する企業の社長T氏から、上川総合振興局の社会福祉課事業指導係長あてに上申書が提出されている。
 同業者でもあるT氏は、昨年の終盤から㈱キートスのA型事業所の利用者や元利用者、整理解雇された職員らの相談に乗っている間に、同社が職員に対し「到底許すべき行為ではない待遇を行っている」ことを知り、㈱キートスの「事業の制限、または停止を強く要求する」と監督官庁に上申したのである。

表紙1607
この続きは月刊北海道経済2016年08月号でお読みください。

旭工高ボクシング部〝復活〟の理由

 昨秋、19年ぶりに国体出場を果たした旭川工業高校ボクシング部。快進撃は続き、今年6月に札幌で行われた「インターハイ北海道予選」で1位から3位までに輝き、15年ぶりの本戦出場切符を手にした。かつて北北海道を代表する強豪として名を馳せ、再び復活を果たした強さの理由を探った。

北北海道の強豪
box
 旭川工業ボクシング部は北北海道の高校で唯一のボクシング部だ。団体戦で上位に食い込む強豪校として知られ、全道大会では2階級で優勝者を輩出したり、OBの中からプロボクサーが誕生するなど黄金期を築いたが、2005年に南北ブロックが統一されてからは札幌や室蘭の強豪校との闘いに苦しみ、全国大会への出場から遠のく低迷期が10年続いた。
 転機が訪れたのが昨秋。当時、電子機械科2年生だった山川宗一郎君が国体北海道予選で優勝し、実に19年ぶりに国体に出場。また、今年3月に行われた「全国選抜選手権」にも山川君が北海道代表として全国大会に出場し、各地から集まる精鋭と闘った。
 今年も快進撃は続いている。6月7日から10日にかけて札幌で行われたインターハイ北海道予選では3年生になった山川君がライトウェルター級で優勝。さらにバンタム級で3年生の斉藤竜也君が準優勝、2年生の相木絢斗君が3位となり、階級は異なるものの個人戦で1位から3位に輝いた。このトーナメント戦の結果により、団体戦では1位の札幌工業高、2位の北海学園札幌高という全国大会常連校に続いて3位につき、「強豪復活」を印象づけた。
 優勝した山川君は7月に広島で行われるインターハイへの出場を決めたが、同校では15年ぶりという快挙だ。練習にも一層の熱が入り、「目標は入賞。一つひとつの試合を勝ち進んでいきたい」と意気込みを話す。

表紙1607
この続きは月刊北海道経済2016年08月号でお読みください。

2016年08月号の記事一覧

読み物

好評連載

  • 今津秀邦 Vol.12 映画「生きとし生けるもの」プロダクションノート
  • インフォメーション ポテト「格安スマホで通信費を見直しませんか」
  • 100%パソコン活用法 第202回「デジタル遺産管理」和田徳久
  • コーチャンフォー 第13回 ステーショナリーコーナー「縦横に重ねて立体表現 最新ペーパークラフト」
  • その悩み社労士が解決します「社内における教育訓練」
  • 辛口法律放談 第77回「抵抗しない弁護士」(しらかば法律相談事務所)
  • パワーアップ医療・介護マネジメント 「旭川で弁護士会!」から10周年記念⑥~記念対談~ 皆川岳大
  • ふたば税理士法人の未来につなぐ経営のススメ 西俊輔 第91回「正しい経営判断を助ける複式簿記の仕組み」
  • 暮らしと税金 「義援金を支払ったとき」(旭川中税務署提供)
  • 昇夢虹 愛しいMATO/二人展
  • こちら探偵相談室 第32回「盗聴器の存在を疑う理由」石川正貴
  • 布子克敏のお悩み解決リフォーム講座 第45回「不動産をゲストハウスに①」パートナーズ(株)布子克敏
  • 今、農村空間が面白い!vol.53 中田ヒロヤス
  • 目からウロコの健康トークVol.5 「翼状片は怖くない」いずみ眼科
  • 北の庭づくり vol.274「サークルストーンのある庭」坂田植木
  • 緑の森からの手紙 vol.51「動物愛護について考えた「心の輪」」緑の森どうぶつ病院 企画室 本田リエ
  • 昭和生まれの負け惜しみ 第32回「英国のEU離脱」的場光昭
  • お口の健康相談11 よく噛みよく食べよう笑うために「毎月の清掃で。歯周病防止」たくま歯科医院 詫摩安廣院長
  • グルメ探訪 第76回「蕎麦と料理」おかだ紅雪庭
  • Hobbyists ~趣味に熱中する人たち~「ビートルズバンド」(大西勝一さん)
  • 自宅でできるねむり改善計画 vol.60 ~太陽の力 編~HOMES ねむりのお店

企業・文化・地域情報

  • 稲発酵飼料生産道内先進地の愛別 道内農業底上げする「耕畜連携」
  • ばんえい史上最強名馬育てた「坂井牧場」 ブランド牛の育成に挑戦
  • 動物型バリケード 仙台銘板旭川営業所が10年前に開発
  • 本籍地東鷹栖に安部公房常設展示室開設 渡辺三子さんが資料を市に寄託
  • 前駐日カナダ大使が旭川市訪問 カナダ・ロンドン市との姉妹提携を要望
  • 建築家らが市長に提言 現庁舎の保存・活用を!
  • 今月の注目人 マーサ珠妃氏 移転10周年「かかりつけ医」のようなサロンに
  • 注目はパワーだ! 東和
  • めがねスタジオ
  • 北海道ガーデンショーリバイバル2016 大雪森のガーデン
  • マツダ車の魅力を確かめる夏の週末
  • 北門町で4棟同時公開 鈴木工務店
  • 7月4日 住宅型有料老人ホーム「オアシス東7条」開設
  • “大城ブランド”随所にエコノミー&エコロジー ランニングコスト低減モデルハウス
  • 満足度グーンと本格ピッツァ センプレピッツァ
  • 旭川市内6館の充実ネットワーク ベルコ会館
  • 春光の丘霊園 花の墓苑 パドマ(蓮)分譲開始
  • アートホテルズ旭川15階に北海道スカイテラス「MINORI」誕生
  • 心配ごとは「墓じまい」で解決 北日本石材
  • アミューズマーケットが3条買物公園に移転
  • 永山屯田まつり30周年
  • 夏の夜空彩る「花火in KAGURA」
  • 格安料金に無料送迎、充実の車種 AGレンタカー
  • 「櫻子さん─」の作者、太田紫織さん 東川を舞台に小説
  • ミニ事件帳
  • 新設会社・入札・倒産情報

人・街SHOT

  • 剣道界のマドンナ 菅原小織選手が比布で講師
  • 第2師団記念行事に「ブルーインパルス」登場
  • 目指すは金メダル リオ五輪女子レスリング代表事前合宿

ローカル通信

  • カズノコのうま味凝縮 天日干し作業始まる(留萌新聞)
  • 美深町産木材の魅力を発信 木工クラフトの小野栄一さん(北都新聞)
  • コルサコフ─稚内航路 7月25日初便運航へ(日刊宗谷)
  • 図書館中心の複合施設開発 名寄商工会議所が提言(名寄新聞)

イエロー

  • 八百屋塾 92(夏野菜 モロヘイヤ)
  • 37回目迎える“さんろく祭り”
  • 旭川にもあった秘密クラブ!
  • 8月6日「ふらりーと夏祭り」開催
  • 名門酒会で5蔵元が“味の百花繚乱”
  • オススメ「万能のタレ」 佐久精肉店
  • 絶品「かみふらのバーガー」
  • 純米大吟醸男山が40年連続で金以上受賞
  • 資料舘3階に5ヵ国語対応の動画ガイド登場
  • 8月に相次いで開催「経済・金融セミナー」
  • サマークラシカルナイト スナックエレクトラ
  • さんろくクイーンズトーク あゆみさん
  • ライジンググループ
  • いきいきハイパワー
  • ガチンコ1万円勝負!ボートレース舟券買い方
  • グランドホテルでジャズに酔いしれる 1階アドニスがメニュー一新
  • 悩める男性の強い味方 元気玉はスゴイぞ! くすりの元気堂

フリータウン

  • 旭川トヨペットグリーンキャンペーン ミスインターナショナル山形純菜さん来訪
  • 平野兄弟がそろって全国大会へ 少年少女囲碁大会での活躍期待
  • 「花フェスタ2016」 圧巻フラワーウエディング
  • 廣野組が道内初のタイアップ事業 新キャッチフレーズ「その先の、道へ。北海道」
  • けあらいふ花咲館の北欧風ティールーム 本格紅茶味わえる至福のひと時
  • 北彩都ガーデンに造園業者4社が手掛けたモデル花壇が登場
  • 旭川歯科学院の学生が小中学校訪問 生徒にブラッシング指導
  • メディパルHD熊倉会長率いるバンドが公演 JAびえいチャリティーライブ
  • 永山生まれの永山育ち 屯田まつり30周年 「永山屯田音頭記念碑」建立
  • ドトールコーヒーショップで「珈琲の淹れ方教室」
  • 活気ある街づくりを 初開催「旭フェス2016~進撃の旭川」
  • アリーナを熱気で埋めた北海道綱引きフェスティバル

ニュースファイル

  • 神楽岡商店街振興会めぐる裁判判決 被告武藤氏の名誉棄損罪が成立
  • 車いすテニス二條さんが「リオ」出場決定 カワムラが祝福 メダルに期待
  • 高桑整形外科永山クリニック高桑昌幸院長に旭川医大博士号
  • 旭山動物園で「第6回あったかトーク」飼育員が様々なエピソードを紹介
  • 2年目に入った生ごみマイスター養成講座 講師助手として指導者デビュー
  • 旭山を活かす街づくり市民の会10周年
  • カンナプロジェクト2016実施 旭川市内の施設などで球根を植栽

ニューススクランブル

  • 家族参加型マルチフェス開催
  • 旭川の写真家田中博さんがシマフクロウ写真集発行
  • 日英協会が寄付呼びかけ
  • 大道芸フェス
  • オイルウェイサービスが寄付
  • 地域への感謝込めまごころ館祭り
  • 盛況 旭川製麺のちゅるChuru
  • 美瑛町で「親子の木」の植樹祭
  • 高砂「搾り立て大吟醸酒氷雪囲い」斗瓶の掘り出し
  • 旭川オールトヨタ6社会モーターショー募金で市に寄付
  • 比布駅前の“シンボルツリー”伐採
  • ポニーばんば大会
  • 政経セミナーで夕張市長が講演

業界トピックス

  • ベトナムでのバイオトレ普及に尽力 正和電工
  • 旭川産アピール ゆめぴりかパックごはん JAあさひかわ

纂私語録

  • 旭川市の観光大使に任命予定、幼少期に過ごした旭川の想いを伝えたい」前駐日カナダ大使 マッケンジー・クラグストン氏
  • 新社屋建設工事のため、断腸の思いで前庭を縮小」男山 取締役総務部長 朝野重充氏
  • イベントは“掃除に始まり掃除に終わる”の精神で「道徳の大切さ学ぶ」JOLEN化粧品正規代理店 「高嶋屋㈲」社長 高嶋聡氏
  • 上川調査設計協会の測量奉仕、グラウンド復旧で市が感謝状」大地コンサルタント 代表取締役 千葉新次氏