札幌のあきれた弁護士 本誌が見た横顔

 「酔っ払ってると思って、いい加減にしてんだろ」「人をおちょくってんのか」「黙ってんじゃねぇ、ふざけんなお前!」─防犯カメラがとらえた映像には、運転手に怒鳴りちらし、運転席と後部座席を隔てる防犯ボードを蹴って破壊する男のあきれた行状が生々しく記録されていた。この男は札幌弁護士会に所属する杉山央弁護士。本誌は旭川地裁の法廷でこの弁護士と対決し、「絶叫男」の横顔を垣間見ていた。(文中敬称略)

豊田元代議士に続く絶叫事件
 この事件が札幌市の中心部で発生したのは11月6日深夜11時ごろのこと。10日ごろから事件が映像とともにテレビで取り上げられ、週末には全国放送の情報番組でも繰り返し放送された。車内での暴力といえば、「違うだろー」と秘書に対して絶叫する衆院議員・豊田真由子(当時。17年10月の総選挙で落選)のあきれた行状が注目を集めたばかり。札幌の事件は音声だけでなく映像もあり、ひときわショッキングだった。
 映像に記録された会話を確認すると、乗客の男は札幌のすすきのでタクシーに乗り込んだ後、「北3東7」と行き先を伝えた。運転手は「北3東7」と復唱した上で目的地に車を走らせた。ところがしばらくして乗客は「北3東5ですけど、この道でいいんですか」と指摘。運転手が「北3東5ですか。すいません」と言うと、乗客はやや怒った口調で「こんな道通らないですよね」と追及。運転手は「東7だと思って」と釈明したが、乗客は「東7でもこの道通んないと思いますよ。なんですかこの道」とヒートアップ。そして突然、怒りが沸点に達したかのように「おい」と叫んだかと思うと、「酔っ払ってると思って、いい加減にしてんだろ」「人をおちょくってんのか」などと叫びながら、防犯ボードを20回以上蹴って破壊した。運転手に停車を命じた乗客は「こんなカスに金ないわ」と言い捨てて料金を払わずに車を降りた。それでも怒りが収まらないのか、タクシーの車載カメラには乗客が持っていたスマホをタクシーに向けて投げつける姿さえとらえられている。

ウェブページいち早く閉鎖
 タクシーの車内に設置された防犯ボードについては、客を犯罪者予備軍として扱うものであり、犯罪が多発する国ならともかく、治安の良い日本で設置の必要がないとの声もあるが、今回の事件を見る限り、防犯ボードが運転手の安全を守ったことは間違いない。この事件の映像をテレビで見たという旭川市内のタクシー運転手は「私も一度だけ、後ろから防犯ボードを蹴られた経験がある。万一のため、こうした備えは必要だ」と苦々しい口調で語る。

表紙1801
この続きは月刊北海道経済2018年1月号でお読み下さい。

旭川電気軌道 前社長が反撃

 旭川電気軌道(村中浩社長)の迷走が止まらない。子会社エルヴの取締役登記変更が行われたが、河西利記前社長が「虚偽申請、公正証書原本不実記載罪だ」と法的に訴える構え。虚偽申請が事実とすれば刑事罰は避けられない。一方、顧問弁護士の伊東秀子氏は電気軌道の男性社員から懲戒請求された。(記事は12月11日現在)

織田無道の手法
 次々と経営スキャンダルが暴露される旭川電気軌道だが、師走に入ってすぐに本誌編集部に持ち込まれた情報はこれまで以上に衝撃的。「電気軌道子会社の社長交代の登記が法務局に提出された。ところがこの登記は(前任の)社長辞任届や株主総会議事録などことごとく偽造されたものだ」と言うのだ。
 法務局へ提出する公文書を偽ることは、国を騙そうとするもので、発覚した際は極めて厳しい処罰を受ける。高名な弁護士である伊東秀子氏(札幌市)が顧問を務める電気軌道がそんなとんでもないことに手を染めるとはすぐには信じがたいが…。情報提供者は「これが証拠だ」と次々と変更された登記のコピーを示して、まぎれもない事実であると説明する。
 示された登記のコピーによると、変更登記されたのは「有限会社エルヴ」。取締役の河西利記氏が9月19日に辞任して11月1日に電気軌道の取締役である蟹谷正氏が取締役に就いたとなっている。変更登記申請書には「株主総会議事録1通」「株主名簿1通」「辞任届1通」「就任承諾書1通」「印鑑証明書1通」が添付されているが、情報提供者はそのことごとくが「都合の良いようにでっちあげたものだ。15年前に世間を騒がせたタレントの織田無道の犯罪と同じ手法。虚偽申請で取締役になった蟹谷氏だけでなく、登記変更を指示したであろう電気軌道の村中(浩)社長、宮本(典洋)常務も刑事罰を免れない」と言い切る。
 「織田無道の犯罪」とは、2002年2月に発覚した、宗教法人の虚偽登記。僧侶でタレントの織田氏が、東京都町田市で墓地を経営する宗教法人の役員会の議事録などを偽造して登記所に提出し、代表役員が自分に代わったとの虚偽の登記変更を行ったもの。町田市の宗教法人を乗っ取ろうとしたとして、織田無道は神奈川県警に公正証書不実記載罪の疑いで逮捕され、タレント生命は終わった。

子会社3社とも交代
 辞任届を偽造された河西氏は9月まで電気軌道社長を務めていた。電気軌道の子会社3社(エルヴと旭友リース、上川商事)が所有する電気軌道株での議決権行使は違法だと、伊東弁護士、宮本氏(当時は東神楽農協購買部資材燃料課課長補佐)に追及され辞任に追い込まれた。エルヴはいわば因縁の深い法人なのである。
 師走に法務局に閲覧申請を行い、株主総会議事録ほか添付された書類を閲覧した河西氏はこう話す。「辞任届は確かに書いた。しかし、法務局に申請されたものは私が書いたものと様式、印鑑が違っている。また、エルヴの株主は私も含め8人のはずだが、添付書類ではすべて電気軌道が所有している。私も含め株主に連絡がないままに株主総会が開かれたことになり蟹谷氏の取締役就任承諾書が作成されているのは違法。虚偽登記である」。

表紙1801
この続きは月刊北海道経済2018年1月号でお読み下さい。

旭川市土木部建設課の後味悪い観楓会

 不祥事が相次いでいる旭川市役所で、またも上司による部下へのパワハラが起きた。問題になったのは、土木部土木建設課が層雲峡の温泉ホテルで行った観楓会。深夜まで飲み会が続き、午前3時ごろには会を仕切る課長が部下に対して、宴会部屋にある露天風呂へ入ることを強要した。30人近い職員が所属する同課では、観楓会を楽しみにしている職員もいるが、課長のパワハラに一部の職員から苦情が噴出し、この課長は人事課から厳重注意を受けた。

職員から2通の投書
 今回、層雲峡のとある温泉ホテルで起きたパワハラ騒動について、観楓会に参加したと思われる市職員から、11月21日と同月27日付けで本誌に2度に渡り投書が届いた。二つの投書をまとめると、内容は以下の通りだ。

  ─土木建設課が先日1泊2日で観楓会を開いた。そこで課長による部下へのパワハラが起きた。露天風呂つきの宴会部屋で、課長が夜中の午前3時過ぎまで大はしゃぎ。部下に対しては、「露天風呂に入っていない奴は入れ。入ったら人事評価点+10点」などと言いながら、いい加減眠りたい部下を強引に露天風呂へ入れようとした。挙句の果てに、だれが風呂に入ったかを確認するため証拠写真まで取る始末。
 そもそもこの課長は、ちょっとしたことで声を荒げる超ワンマンな人物。普段から部下たちは、彼(課長)の顔をうかがいながら仕事をしている。どうすれば課長に怒られないか、そればかりを考えて仕事をしなければならないという習慣が身についてしまっている。
 今回のパワハラ問題は、部下の一人が市長への手紙や人事課へのメールで伝えたため判明した。それを受けて人事課は調査を始め、本当に課長のパワハラがあったことを確認した。ところが、当の課長ばかりか観楓会に参加した職員全員が、人事課から訓示を受けた。
 悪いのは課長ひとり。部下たちは嫌々付き合わされたのに、なぜ部下たちも怒られなければならないのか不思議だ。これまで課長が行ってきた部下へのパワハラを含めて、市は厳重な処分を科すべきだ。

表紙1801
この続きは月刊北海道経済2018年1月号でお読み下さい。