天人閣改修にやっと動き

 休館後1年半が経過し、廃墟同然になっている東川町天人峡温泉のホテル「天人閣」にかすかな動きが現れてきた。建物を所有する東京の㈱カラーズ・インターナショナルが、とりあえず日帰り温泉と土産品売り場をリニューアルし、部分的に営業を再開する意向を示したからである。地元東川町の関係者は「信用できる話なのか?」と半信半疑ながらも、静まり返る温泉街の再生に期待感をにじませている。

2度目の冬 依然放置状態続く
 創業120年を超える老舗ホテル。明治の時代から旭川の名門「明治屋」が経営してきた天人閣が8億4000万円もの負債を抱えて民事再生、自己破産の道をたどるようになったのが12年前。
 その後二転三転し、一昨年4月に、天人閣の従業員らによって設立されていた地元資本の㈱松山温泉(藤田幸雄社長)から、全国でホテルを展開する㈱カラーズ・インターナショナル(本社・東京港区、松本義弘社長)に事業譲渡された。
 しかしこの時の事業譲渡では、建物の所有権はカラーズ社に移ったものの、国有地や温泉の使用権、実際の運営などは㈱松山温泉が担うという変則的なものであったとされ、周囲からは「経営実態が見えてこない。この態勢でうまくやっていけるのか」といった、先行きへの不安の声も上がっていた。
 実際のところ事業譲渡が成立した一昨年4月にはカラーズ社の松本社長が、かつて日本ホテル協会会長を務めたこともある同社の中村裕会長とともに東川町を訪れ、松岡市郎町長や取引業者らに「地域とともに歩む天人閣の運営を目指す」などと話し、10億円以上を投じて施設の改装を行うことを言明した。
 しかしその後、具体的な動きが何一つないまま、その年の冬に入った頃には屋根からの雨漏りが目立ち始めたため、建物の改修を名目に休館となってしまった。
 給排水の配管設備も限界だったようで、屋根の改修と合わせ、客足の落ちる冬期間を利用して大がかりな改修工事が行われるものと思っていた東川町の観光関係者の期待をよそに、その後2度目の冬を迎えながらも建物は誰かに管理される気配もなくずっと放置されたままだった。

経営破たん後 再建の道模索
 旭川の名門「佐藤家」によって、100年間にわたり安定経営を続けていたはずの天人閣だったが、08年当時には約3億円にものぼる金融機関からの借金、数千万円にも及ぶ取引業者への未払い、さらに各種税金、負担金の滞納、そのうえ従業員給料や退職金未払い問題などを抱え、もはや自力では打つ手のない状況に陥っていた。
 そんな中で新たな経営企業も現れたが、引継ぎ時は予想もしてなかった多額の負債が出てきたため、やむなく自己破産の道を選ぶことになったが、その処理をする経過の中でスポンサー企業として名乗りをあげたのが登別に本社を持つ企業グループだった。
 同社は新たに東川町に本社を置く㈱松山温泉を設立し、天人閣のホテルの建物や営業権を5000万円で取得し、天人閣で宿泊担当として勤務していた藤田幸雄氏を社長に据えて、老舗旅館の再生に乗り出した。これが11年4月のことだった。
 しかしその年の夏には東川町が集中豪雨に襲われ、天人峡温泉に通じる道路が遮断され、天人閣も道路復旧まで休業を余儀なくされるなど、業績に影響が及ぶ事態となり、また東日本大震災で観光客の減少も重なり、かつての好調時にはほど遠い状況が続いていた。
 このため藤田社長は天人閣を守るために事業譲渡先を探し、各方面と交渉を重ね、苦労の末に見つけてきたのが㈱カラーズインターナショナルだった。

カラーズ社から本誌にメール届く
 カラーズ社は2013年の設立。首都圏を中心に「イーホテル」のブランドでビジネスホテルやリゾートホテルを展開し、コンサルティング・プランニング事業も行なっている。天人閣の行く末を案じていた地元関係者も「いい企業とめぐり会った」と、カラーズ社の支援体制に大きな期待を寄せることになった。
 しかし、その後は大きな変化は見られなかったものの観光客の入込みも前年並みを維持しつつ、松本社長が言明した「10億円を投じて施設の改修を行う」の実行を見守る事態が続いた。
 だが事業譲渡から半年間、内部的にはカラーズ社と松山温泉との間で様々な確執が生じていたようだ。事業譲渡の際の契約がどうなっていたのか外部には詳しく伝わってこないが、所有権や経営権、国有地の使用権など大きな部分で食い違いが生じていたようだ。
 天人閣が休館に入って以降、何がどうなっているのか情報は極めて不足している。松山温泉の藤田社長が「まだ(カラーズ社との間で)決着がついていない」といった状況にあることを行政関係に話しているとの情報はあるが、何がどう決着していないのか詳しいことはわからない。
 天人閣が〝休館〟を続けている間、本誌は2度にわたって同施設が廃墟同然になっている状況を報道してきた。また、北海道新聞でも「譲渡トラブルで休業」「再開のめど立たず」といった見出しで天人峡温泉が苦境に立つ姿を取り上げた。
 そうして休館から1年3ヵ月が過ぎた今年2月下旬、本誌にカラーズ社の松本社長から突然、メールが入った。内容は「カラーズ社の代表取締役の松本です。天人閣の計画ですが、自己資金で、まずは日帰り温泉と、お土産売り場を改装して、リニューアルオープンすることになりました。よろしくお願いします」。

今回は第1段階 図面もできている
 突然のメールに意外な感じを抱きながらも、何はともあれ松本社長に電話を入れ、詳しく聞いてみることにした。
 松本社長は、松山温泉から天人閣の事業譲渡を受けた後、改修計画がなかなか進まなかったことについて、「安かったので買ったが、間もなく、会社の金が横領されていることがわかり、改装計画どころでなくなった」と藤田社長との間で容易ならざるトラブルが生じていたと語った。
 また、トラブル発生後には「東川町の有力者5人くらいに来てもらい、とりあえず今の従業員らを辞めさせてほしい」と頼んだこともあるが、何も変わらなかったとも語り、その後は、カラーズ社が経営に乗り出した3つの新しいビジネスホテルの開業準備などで天人閣に手が回らなかったと、建物改修など事業計画の遅れを弁明した。
 そして、今回突然のように本誌に連絡が入った天人閣のリニューアル計画については次のように話した。
 「しばらくモメゴトが続いていたが、藤田氏抜きで松山温泉の株主らと話がついたので、計画に着手することにした。東川町からは建物を一度スクラップして新しく建てたらどうかという話もあったが、天人峡にとっても町にとっても貴重な観光資源である〝羽衣の滝〟を生かすために、とりあえず1億円くらいかけて日帰り温泉、休憩所、土産物などをリニューアルオープンすることにした。図面もできており、時期を見て工事に入る予定だ」
 さらに「今回は借金しないで自己資金でやるが、お金がかかるホテル部門の改修は金融機関からの借り入れをしなければならないので、第2段階で考える」と、今回があくまでも第1段階であることを強調した。

実現できるのか 予断は許さない
 こうしたカラーズ社の意向を東川の観光関係者はどう受け止めているのか。役場関係者は「カラーズ社からそんな話はまだ何も聞いていない。本当にやってくれるならありがたいことだが、これまでのこともあるのでまともに信じていい話なのかどうか」と半信半疑の様子。
 実際のところ、まだ契約が成立していない国有地の借り上げや固定資産税等、諸税の未納、旧従業員への給料未払いなど、クリアーしなければならない課題が山積している。
 「羽衣の滝を何とかしたい」というカラーズ社の思いがこの先、実現するかどうか、期待を込めて見守りたいが、カラーズ社としては持て余し物件であることは確か。予断は許さないというのが現実かもしれない。

表紙2004
この記事は月刊北海道経済2020年04月号に掲載されています。

旭川赤十字病院医師のあきれた言い草

 ケガをした患者は痛みを感じるもの。大ケガした患部を動かされれば声を上げるのが当然だ。ところが旭川赤十字病院(日赤)では、柔道の練習中に負傷して受診のため訪れた女子中学生の患者が「痛い」と叫んだ直後、担当した医師が「痛いんだったら見れないわ。帰ってもらいな」と告げてどこかに消えてしまったという。いったいどうなっているのか──。

呆然とする患者と看護師
 優しい医者、厳しい医者。「腕」が変わらないなら、誰でも優しい医者を選ぶはずだ。一方、不愛想で時に患者を叱る医者が多くの患者を集めていれば、それは信頼の証だとも言える。ただ、患者に無意味なほど厳しく、すでに負傷している患者の体をさらに傷つけそうな医師や、そんな医師が勤務している医療機関があるとすれば、敬遠したほうが良さそうだ。
 1月29日の夜、旭川市内に住む中2の女子、Aさんが母親に伴われて旭川赤十字病院を訪れた。通常の診療時間はとうに過ぎていたため、救急センターに向かい、受付を済ませた。
 Aさんはその直前、柔道を練習している最中に右肩に強い痛みを感じた。日赤でまず対応したのは研修医らしき若手の医師と看護師が1人ずつ。担当の医師が来るまでしばらくかかるので、待っているよう告げられたが、その間、研修医と看護師は痛みに表情をゆがめるAさんに優しく声をかけ続けた。
 約15分後、ようやくK医師がやってきた。その表情や歩き方から、母親は「ドラマで観るような虚栄を張った医師のよう」と瞬間的に感じたという。
 K医師は、Aさんの腫れあがった肩を見ず、イスにも座らずに決めつけるように言った。「骨折れてないから大丈夫だわ」。次の瞬間、Aさんの右手をつかみ、「上がらないのかい」と尋ねた。Aさんが驚いて答えられないでいると、いきなりAさんの腕を上に引っ張った。激痛を感じたAさんが「痛い痛い」と叫ぶと、医師はAさんの手首を放し、「痛いんだったら見れないわ。帰ってもらいな」と看護師たちに指示し、茫然とするAさん親子を残してどこかに消えてしまった。周囲には研修医や看護師など数人がいたが、いずれも唖然とした様子で、異口同音に「ありえない」と語っていたという。同時にAさん親子には平謝り。しかし母親は「あなたたちは悪くない。あの医師をここに呼んできて」と求めた。男性の看護師が追いかけるように走って行ったが、結局、K医師は戻ってこなかった。母親がその場に残った看護師らに「いつもこうなんですか」と尋ねたところ、うなずく人もいたという。
 実は、Aさんの母親も旭川市内の医療機関に勤務している。勤務先の医師の中には患者に対してこのような態度をとる人はおらず、だからこそK医師の行動を許すことができなかった。

「副院長から注意させます」
 Aさんはその後、当直ではないがたまたま院内にいた別の医師の診察を受けて、痛み止めを投与され、点滴も受けてから帰宅した。翌日、別の医療機関に行き、「右肩関節亜脱臼」と「腋窩神経麻痺」で全治3ヵ月との診断を受けた。2月19日現在も腕が上がらない状態が続いている。
 母親は日赤の医師への怒りがまだ収まらない様子。本誌の取材に対して、「私が付き添っていてもK医師はあんな態度だった。もしも娘が一人だけ受診していたら何も言えなかったはず。あんな医師が一人いるだけで日赤のイメージが下がってしまう」と語る。
 後日、母親が日赤に電話を入れたところ、総務課から「報告は受けている。副院長から注意させます」との説明があった。母親は内々で済ませるのではなく、この事案について全職員で情報を共有するよう求めたが、総務課から前向きな答えは得られなかったという。
 昔ながらの怖い「先生」は少数ながら今も残っているが、それは「先生の言うことを聞いていれば治してくれる」と患者が信じているからこそ。Aさんの母親が語る経緯からは、医師のプロとしての技量も意識も感じられない。
 Aさんが強い痛みを感じていたこと、右肩が大きく腫れていたことから考えて、医師には大けがを予測できたはずだ。にも関わらず、「持ち上げますからね」「痛かったら言ってくださいね」といった言葉をかけることなく、いきなり痛みのある方の腕を持ち上げようとするとは、いったいどういうことなのか。挙句の果てに「痛いなら診れない 帰ってもらいな」と告げたとすれば、常識では理解できない。

「個人情報保護」理由に取材を拒否
 以上は、Aさんの母親が本誌に語った経緯。日赤ではこの問題についてどう考えているかを尋ねるために取材を申し込んだが、「問題の医師には厳重注意処分を行った。それ以上は患者の個人情報に関することなので取材には応じられない」(総務課)。本誌は「その患者の母親が取材に応じている。個人情報保護を名目に取材を拒否するのは不当なのではないか」と尋ねたが、日赤の姿勢は変わらなかった。

表紙2004
この続きは月刊北海道経済2020年04月号でお読み下さい。

衆院6区候補 誰がふさわしい?

 次の衆院選挙で勝てそうなのは誰か。本誌では候補選考の行方を占うべく、一般市民から広く意見を募った。その結果によれば、「強さ」が際立ったのは西川将人旭川市長。それに続くのが東国幹道議会議員。道6区、自民党からの出馬が取りざたされる鈴木貴子衆院議員(比例北海道ブロック)にとっては、知名度アップが喫緊の課題であることが浮き彫りになった。(文中敬称略)

衆院道6区の有権者の声集める
 次の衆議院選挙で、北海道6区では誰と誰が戦うのか─。自民党でも立憲民主党でもまだ正式な人選は行われておらず、そもそも次の解散総選挙がいつになるのかも確定していない。それでも自民党の道6区支部では、鈴木貴子が新しい支部長に選ばれ、次の選挙では6区から立候補する公算が強まっているようにも見える(詳細は別稿参照)。一方の立憲民主党では、選挙のタイミングによって確度に違いはあるものの、西川将人の国政転出が既定路線だと、複数の政界関係者が以前から語っている。
 こうした人選は、往々にして党内の事情により左右されるものだが、選挙で投票するのは個々の有権者だ。政党が自信をもって推薦する政治家も、一般市民にそっぽを向かれれば当選はおぼつかない。有権者は、次の衆院選挙での出馬の可能性が高い数人の人物について、どう感じているのか。本誌は㈱高津が展開する新事業「ザ・チーム」を通じて、衆院道6区に居住する人を対象にアンケートを実施して回答を得た(ザ・チームについては本誌3月号で紹介している)。
 このアンケートはザ・チームにモニター登録している人を対象に2月15~18日にウェブ上で実施され、110人から回答を得た。その年齢別の構成はQ1のグラフの通りで、40歳台をピークに、下は20歳台、上は70歳台となっている。なお、グラフにはしていないが、男女構成は男性が23%、女性が77%。この男女構成については、実際に投票に赴く男女の構成との間に大きな違いがあることを理解いただきたい。なお、回答者の居住地は110人のうち96人が旭川市、4人が旭川市近郊の町、10人が衆院道6区内(居住自治体不明)となっている。統計学的に言えば、今回の調査の誤差は「9%以内」となる。

タレント上回る 西川の知名度
 政界関係者やマスコミの間では、「東国幹」「鈴木貴子」「西川将人」「佐々木隆博」といった名前はよく知られているが、一般市民にも浸透しているとは限らない。そこで本誌はまず、次の衆院選に出馬する可能性が高いとみられるこれら4人に加えて、一時は名前が取りざたされたものの本人が出馬を固辞したと伝えられる元衆議のタレント、杉村太蔵を加えた5人の名前を挙げて、それぞれの人物を知っているかどうかを尋ねた(Q2)。
 知っている人の比率が最も高かったのは西川の90%。13年余りにわたる市長の任期の中で知名度を着実に高めてきた。これに続くのが、今もバラエティ番組などに精力的に登場している杉村の89%だ。自民党の現役の政治家の中にこれほどの知名度を持つ人はおらず、一部で杉村の擁立を画策する動きがあったのもうなづける。
 東を知っている人は70%。旭川を離れることの多い道議は地元での知名度を上げにくいとの指摘もあるが、東は旭川市長選に挑戦したことも2回あり、高い知名度を維持している。現在の道6区選出の衆院議員である佐々木は60%だった。意外なのは鈴木を知る人が42%にとどまったということ。5割に達しなかったのは鈴木だけだ。仮に鈴木が自民党道6区支部を代表して選挙に出馬するなら、最初の課題は知名度アップとなりそうだ。
 次に尋ねたのは次の選挙で投票するつもりがあるかどうか(Q3)。8割の人が投票すると回答しており、回答したのが比較的政治に関心の深い人たちであることがわかる。

政党別では自民に 圧倒的な支持
 本誌は、次の選挙でどの勢力に所属する候補に投票するつもりかも尋ねた(Q4)。最も多かったのは自民党の48%。これに立憲民主党の7%、公明党の6%が続く。こうした数字は大手マスコミが行っている政党支持率調査の最近の結果と大きくは変わらない。自民党だけで48%、連立与党を形成する公明党と合わせれば支持率は54%にも達するのだから、有権者が政党を基準に投票する候補を決めるのなら、選挙結果は明白だ。しかし、後述するように、実際の状況は自公にとり厳しく、回答者は政党ではなく、人物で投票する相手を選択しようとしていることがわかる。
 「48%」の支持を得た自民党からは誰が選ばれるのか。現時点で有力視されるのは鈴木と東だが、この2人のうち「衆院候補にふさわしいのは?」と尋ねたところ、72%が東、28%が鈴木を選び、2倍以上の大差がついた。Q2で明らかになったように2人の知名度には大きな差があり、当然の結果と言えるかもしれない。
 鈴木については、父親譲りの演説のうまさを高く評価する政界関係者もいるが、鈴木が6区を訪れる機会はそう多くはなく、魅力をアピールするには至っていないようだ。
 Q6では立憲民主党の2人、西川と佐々木のどちらが衆院候補にふさわしいのかを尋ねた。西川はまだ国政挑戦を明言しておらず、佐々木も本誌のインタビューに対して「次の総選挙も出馬する」と答えているものの、仮に佐々木からの禅譲を受けて西川が出馬することになれば、自民にとり佐々木以上に手ごわい相手になることは確実だ。

鈴木を推す声 東に遠く及ばず
 Q7では以上の4人を並べて「衆院議員にふさわしいのは誰か」と尋ねた。最も多かったのは西川の36%、これに東の29%が続く。佐々木は12%、鈴木は11%だった。自民党道6区支部が善戦も期待できる「29%」の東ではなく、「11%」の鈴木を推すとすれば、大きな勇気のいる決断だ。
 参考までに、Q8では衆院議員を選ぶ上で重視する要素を複数回答で尋ねたが、重視される要素は公約と経験、そして品行だった。
 今回の調査結果が本番の選挙の得票数でそのまま再現されるとは限らない。回答者の構成と実際に投票所に足を運ぶ有権者の構成には一定の差があり、また選挙活動で有権者の考え方も変わり、国政の政局も地方に影響を及ぼす。しかし、現時点でどの政治家がどんな位置に立っているのか把握するためにも、政党は内部の事情だけにとらわれることなく、事前の調査を十分に行うべきではないか。特定の人物に白羽の矢を立てるのは、十分にデータを集めてからでも遅くはない。





表紙2004
この記事は月刊北海道経済2020年04月号に掲載されています。