糸の油絵「文化刺繍」

 昭和の初めに、新たな時代の刺繍としての地位を確立した「文化刺繍」。その魅力に惹かれ、長年、制作の担い手として作品を展示発表し好評を得てきた旭川市の佐々木幸子さん(83)。今や文化芸術界の〝絶滅危惧種〟ともされる希少な存在になりつつあるジャンルの一つだが、「糸の油絵」と呼ばれる文化刺繍は、質感とともに、独特な世界観を紡ぎ出す。その醍醐味を積極的に追求してきた佐々木さんの多彩な作品にスポットを当ててみる。

一針一針ごと、味な〝糸加減〟でグラデーション
 被り物をした異国情緒漂う女性の横顔を描いた聖画「祈り」。敬虔そうな彼女の首元には十字架のペンダントがさりげなく光っている。その画面は金ラメ入りの金紗織地で覆われ、ひときわ上質感を醸し出している。18色の糸を用いて詰めて刺しながら、全体として立体的に表現したという。
 「自分の顔と長く付き合っているから、自分に似る?」と美術仲間から冷やかされるが、確かに作者自身の心のありようは作品に映し出される。そのせいか、楚々とした作者のたたずまいが女性モデルの表情に投影されている。かといって作業を振り返ると「目と口に工夫をした。怖い目にならないよう、あまり口を大きくしないように一針一針、神経を使いました」。
 瞳には茶色を施したが、「多く糸を使ってもダメだし、少なくとも微妙」。目元に用いたブルーにも「たくさん糸を入れると、隈になっちゃうから」と佐々木さんならではの味な〝糸加減〟でグラデーションを表現している。口にはサーモンピンク、唇の横と下に金系、頬はピンク、頭巾にはレンガ系の色合いの糸を使った。
 講師の資格を取得する際に挑んだ作品で「糸のつながりが難しかった」。顔は、先に刺した色の中へ次の色を割り込ませながら刺す「ボカシ繍」と呼ばれる技法を駆使。鼻から文化刺繍針で糸を刺し始め、しだいに下部へ針を進めた。「繊細な仕事。唇の出来しだいで年齢が出るし、すっきりしたものこそ粗が出る。人物画よりも、かえって風景のほうが誤魔化しがきく」。
 そう本音をのぞかせる佐々木さんだが、作品を収める額の重要性も指摘。額は人でいえば、ヘアースタイルに当たるそうだ。
 これに対し「高千穂峡」は50代後半の作品。立体と遠近法を意識した力作で、遠くにあるものから先に糸を刺し、岩は左側から刺し、次に葉っぱ、力強い滝は最後に手がけ、白い流れは厚く糸を重ねて刺していった。全体的には金ラメ地を生かし、奥行きを出しながら、光が反射するニュアンスを取り込み、水面の濃淡にもひと工夫。「単なる写実ではない、古典的な表現に努めた」と佐々木さん。

ヨーロッパを起源に持つ文化に日本の美意識紡ぐ
 ヨーロッパで20世紀初頭に誕生した文化刺繍。これが日本にもたらされたのは1928(昭和3)年、チェコスロバキアで行われた第6回国際美術教育会議に、日本代表として出席した美術教育家で手工芸家の岡登貞治が、そのとき催された「美術工芸の用具材料展」から材料等を持ち帰ったことが、きっかけだという。
 それでも当初日本では、ほとんど浸透しなかった。糸を使って絵画をつくる技法を日本で初めて成功させたのが、後に佐々木さんが講師と師範の資格を取得することになる「松鳩文化刺繍」。そして日本における文化刺繍が一定の地位を確立できた時期は、文化刺繍に関連した書物の著者でもある藤崎豊治らが改良を加えた30~35年にかけてだ。ちなみに、新しい時代の刺繍という意味で「文化刺繍」と名づけられた。
 45~55年に至るまで最も研究が進み、裏刺しの技法を応用した起毛法が考案され、より精緻な刺繍制作が可能になった。虎をモチーフに日本画風に仕上げる作品も生まれ〝糸の油絵〟と呼ばれるようになり、ヨーロッパを起源に持つ文化刺繍が日本でも徐々に普及する。
 50~60年にかけては刺繍しやすい生地を生産し、糸の多色染色も行われた。その後、糸はリリアン(手芸用のヒモ)をほぐしたものを用いて、用具が単純で技法も比較的難しくないため、一般の愛好者にも喜ばれた。さらには家紋や山水画が発表されると、掛け軸も市販されるようになる。
 こうした変遷をたどりながらも、現在は絶滅危惧種的に希少価値の高い文化となりつつある日本の文化刺繍。道内でも風前の灯火となっているが、その魅力は作り手たちが最も実感してきた。手間のかかる作業ではあるが、基本技法の「ランニング刺し」や、糸と糸を割り込ませる「ボカシ刺し」、斜めに刺す「コード刺し」を通じ紡がれていく作品には、質感とともに独特な味わいと趣がある。
 白と黒のモノトーンを基調とする山水、幸運を招く「開運招福の赤富士」、日本人ならではの美意識〝侘び寂び〟に裏付けられた家紋や各種縁起物。毛立ての手法で仕上げた虎をモチーフにした作品。「夕景」「牡丹」「紫陽花」といった日本の風景を題材にした佳作にも佐々木さんの創作に費やしてきた情熱をうかがい知ることができる。

表紙2007
この記事は月刊北海道経済2020年07月号に掲載されています。

西尾林業工場跡地にコープ宅配センター

 西尾林業㈱(遠軽町)旭川工場跡(旭川市北門町19丁目)の一部に、コープさっぽろの宅配事業「トドック」の配送センターが新築される。すでに工事は始まっており、10月完工、11月上旬稼働予定になっている。コープの宅配事業は年々伸長しており、新型コロナの影響で「家庭内消費」が好調なことを追い風に、さらなる売り上げ増を狙っている。

コープだからできた宅配事業
 コープさっぽろ(札幌市)は、売上高において道内でアークスグループ、イオン北海道に次いで3位。2019年3月期でみると、民間企業の売上高にあたる事業高は、2834億3516万円。内訳は、店舗が1889億3583万円(66・7%)、宅配事業867億3610万円(30・6%)、共済事業18億5118万円(0・6%)、その他59億1204万円(2・1%)となっている。実に全体の3割余りを宅配事業で稼いでいることになるが、同業他社でこれだけの比率で宅配事業で稼いでいるところはほとんどない。
 高齢化が進み買い物に出かけることが難しい人が増えていることや、買い物の時間がとれない共働き世帯が増え、宅配事業はどの食品スーパーも注目しているが、これまでなかなか実現することができなかった。その大きな要因として挙げられるのは、専用の宅配センターやトラックなどの初期投資、人員(ドライバー)確保や会員募集の手間や手続きなどの煩雑さ。
 コープさっぽろで宅配事業がスムーズに進んだのは、組織形態が一般的な民間企業とは違い、組合員からの出資金で成り立っていることも要因の一つ。宅配事業は、組合員からの要望で進められてきた経緯があったからだ。
 過去にコープさっぽろは、存続の危機にさらされた時期があり、それを乗り越えることができたのは、無農薬やオーガニックなどといった品質の高い品ぞろえを重点的に行い組合員の支持を得たことが大きい。薄利多売と言われる食品スーパー業界において、初期投資と手間のかかる宅配事業には挑戦しにくい。それでも敢えて組合員の要望に応えることができたのは、コープさっぽろならではのことだ。
 しかし、最近はインターネット通販が盛んになり、店舗販売を脅かしている。危機感を持った小売業は、店舗で購入された商品を自宅まで配送してくれるサービスを含め、宅配事業に力を入れるようになってきた。

配達量の増加でセンターを新設
 現在、順調に業績を伸ばしているコープの宅配事業だが、旭川地区に目を向けると、市内東光にある南センターと永山にある北センターは、宅配する量が年々増加して施設が手狭になっている。
 宅配事業本部旭川地区によると、「商品の供給がここ20年で1・7倍に伸長している。それにつれて商品の積み込みは車両を2回転するなど施設が手狭になっている」。センター新設の必要に迫られていたというわけだ。
 新たなセンター建設は、市内北門町18丁目と19丁目に跨る西尾林業旭川工場跡の約4割の土地を賃借する。土地の面積は約1800坪。センターの延床面積は約400坪。すでに工事は始まっており、10月完工、11月上旬の稼働を目指している。施工業者は帯広市に本社がある宮坂建設工業㈱。
 この場所には以前、イオン北海道のディスカウントスーパー「ザ・ビッグ」が進出するのではないという噂が業界内であったが、近くにイオンモール旭川西店がドンと構えていることから、この情報は実現することなく単なる噂に終わった。
 今年に入ってから、全国大手の旅行代理店がホテルを建設するのではないかという噂もあった。実際、旅行代理店の社員が同地を制服姿で視察に訪れている光景を見た市民がおり、信ぴょう性が高いのではないかと見られていた。ところが、新型コロナウイルスの影響なのかは不明だが、この計画も立ち消えになってしまった。

成長する宅配市場でさらにシェア拡大
 そうこうしているうちに3月に入り、ある食品スーパー大手幹部から「コープさっぽろが新たに宅配事業のセンターを建設する」という情報が寄せられた。5月中旬、現地を視察したところ、北門町18丁目側の土地の整備が進み、古くなって使われていない倉庫も解体されようとした。
 現場にいた施工業者、宮坂建設工業の社員は「近々建物の工事が始まる。10月末までに完成させて、センターの稼働は11月に入ってからと聞いている」と明かしてくれた。
 センター新設について、コープ旭川地区の担当者は次のように目標を説明する。
 「コープさっぽろの2020年3月期は、宅配事業が前年比102・7%の約890億円だった。事業高に対する宅配のシェアは3割を超えている。一方、旭川市内において事業高に占める宅配事業のシェアは現在16・7%。それを23年度に20%まで引き上げる目標を掲げている。宅配事業は今後も伸長すると想定して事業を進めていく。また、配送センターに『トドックステーション』を併設し、コミュニティスペースを提供することで地域に根差した施設を目指している」