日本医師会新会長は買物公園ビルオーナー

 日本医師会の会長選挙で、5期目を目指した横倉義武氏(75)を破り新会長に就任した中川俊男氏(69)は旭川出身。舌鋒鋭い理論派で熱血漢。「スピード感ある新しい医師会、平時医療の強化」を掲げる新体制に期待は大きい。

ガチンコ選挙
 「日本医師会(日医)」は、全国の開業医や勤務医がおよそ17万人が加入する公益社団法人。その影響力は医療関係の業界にとどまらず、政界にも及ぶ。
 そのトップを4期8年務めてきた横倉義武氏は、福岡県にある病院の理事長で、麻生太郎副総理とも懇意。政界とのパイプは太い。日医のトップに就任した9ヵ月後に政権トップの座に返り咲いた安倍晋三総理大臣も旧知の仲で、診療報酬の改定をはじめとした重要な局面では直談判を行うなど医師会の要求実現に手腕を発揮してきた。このため2期目以降の会長選挙では、無投票、あるいは大差で再選されてきた。
 日医トップの任期は2年で、今回は新型コロナ感染拡大が依然終息しない状況下での会長選挙、6月1日公示27日投開票となった。
 旭川市内の開業医の話──「選挙などやっている場合ではないと、日程の延期も検討されたようだ。行うにしても無投票による決着を望む雰囲気で、副会長を10年務める中川氏の立起意思が固いことから、横倉会長が勇退する方向に傾いた。しかし何があったのか、公示直前になって横倉氏が〝再チャレンジ〟を表明し、ガチンコ対決となった」。
 横倉氏の翻意の背景には、自民党二階俊博幹事長らの続投要請があったとされる。

東西対決の構図
 今回の会長選挙では、北海道医師会の長瀬清氏が選対本部長を務め「これからの医療は、病院や大学も含めて考えていかなければならない。先々を読む力と行動力がある中川氏こそ新会長にふさわしい」と全面支援を打ち出した。
 最大の票田である東京都医師会も中川氏についた。「正義は中川先生にある。新しい医師会を一致団結してつくることが大事だ」と尾崎治東京都医師会長はエールを送った。
 このほか東北など東日本の医師会が中川氏支援を表明。これに対して九州を中心とする西日本にある医師会が、四国を除き一丸となって横倉氏を推した。
 過去に一度、小樽の医師会から日医会長選に出馬した例がある。事前予想では大きくリードし「北海道から初の日医会長誕生」と期待されたものの、結果は惜しくも落選となった。東西対決の構図となった今回の選挙で旭川市内の開業医の中には過去の道内候補落選の記憶もあって「現職横倉氏優位」と、西日本がリードとする向きが少なくなかった。
 投票は東京都文京区にある日本医師会館で行われた。投票権を持つ代議員は372人で、この日は1人だけ欠席。一人ずつ壇上の投票箱に投函した結果は、「中川191票、横倉171票」。中川氏が17票差という接戦を制した。勝因の一つは、やはり大票田東京都の支援を取り付けたことのようだ。

中川ビルオーナー
 新しい日医会長誕生は新聞やテレビで報じられ、そのたびに「中川氏は旭川出身」とされているが、不思議なことに〝中川氏の〝旭川時代〟を知る人は極めて少ない。
 公表されている経歴によると中川氏は、1951年6月27日旭川生まれ。奇しくも今回の会長選の日が誕生日だ。77年に札幌医科大学医学部を卒業し、88年に「新さっぽろ脳神経外科病院」を開院している。本誌編集部では1951年生まれの市内の開業医、企業経営者などにコンタクトしたが旭川時代の中川氏の消息に詳しい人には会えなかった。ただ、市内の不動産業者から「4条通7丁目買物公園に建つ中川ビルのオーナーは中川俊男氏だ」との情報を得た。
 登記によると、実際に中川氏が所有し、1998年11月に中川ビルディング㈱に抵当権が移っている。不動産業者によると「中川ビル7階にあるクリニックの副院長は中川氏の実の妹で、中川ビルディング㈱は一族の会社」だという。
 中川ビル7階のクリニックを訪ねたものの副院長に面談することはできなかったが、札幌医大で同窓の複数の開業医に中川氏の人となりを聞くことができた。

理論派のリーダー
 大学同窓の開業医の話では、中川氏は熱血の人。
 「サッカー部に所属しMF(ミッドフイルダー)をやっていた。チームの中心でリーダーシップを発揮しまとめ役だった」「学生運動が盛んな時代。中川さんも弁舌鋭くアジを飛ばしていた」「理論派で、行動とともに説得力があった」。組織の上に立つ資質を学生時代から持っていたようだ。また「函館ラサール出身なので函館の人だと思っていた。日本医師会の役員になってから会ったこともあるが、故郷のことや家族の話は聞いたことがない」と話す同窓生もおり、プライベートなことにはあまり触れない人柄のようだ。
 政権と太いパイプがあった横倉氏を破った中川氏には、政権との距離に不安が残る。旭川市内の開業医は「横倉体制では、安倍政権との関係を強化し、診療報酬の引き上げを勝ち取った。中川体制でどうなるか。年内には75歳以上の医療費に2割負担を新設する制度設計も待ち構えている」と話す。そうした危惧を払拭するかのように、当選後に中川氏は自民党の二階幹事長と会談し「自民との関係は不変だ」とアピールした。
 北海道初、旭川出身者で初の日医新会長は、当面コロナで手腕を問われ、社会保障改革では75歳以上の医療費2割負担導入の成否が焦点になる。

表紙2008
この記事は月刊北海道経済2020年08月号に掲載されています。