旭川歯科学院専門学校の第50回生が戴帽式

cap旭川歯科学院専門学校の平成26年度戴帽式が1月30日、旭川市民文化会館小ホールで行われ、学校関係者や父母が見守る中、2年生55名の学生が決意と自覚を新たにした。
同学院は昭和39年創立。道内の歯科衛生士養成学校の中では最も古い歴史と伝統を持ち、毎年100%の就職率を維持。多くの卒業生が歯科診療所などで即戦力として活躍している。
戴帽式は、2年生が臨床実習を始める前に行われる同校の伝統行事で、歯科衛生士としての基礎学習を終了した証としてナースキャップを授与。これまでは同校校舎で行われていたが、歯科衛生士を目指す高校生や一般市民にも広く参加してもらおうと、昨年から市民文化会館で開かれている。
戴帽式は厳かな雰囲気の中で行われ、名前を呼ばれた学生が1人ずつ壇上にあがり、緊張した面持ちで教職員からナースキャップを付けられた。
山田均校長は「戴帽式の感動を忘れることなく、歯科衛生士の職務の重要性をしっかりと認識し、医療人の心を持ち続けて自己実現をはかって欲しい」と激励。また学生を代表し、田中美帆さんが「歯科衛生士として知識や技術はもちろん、精神的にも成長するよう努力し、これからの臨床実習に励みます」と誓った。
キャンドルサービスでは、学生全員が火を灯したろうそくを手に壇上に整列。医療の道に進む者として精進することを誓った。