アシスト建築企画ドタバタ破綻劇

 「支払うべき資金調達のめどがたたないので4月末で事務所を閉鎖する」と、通知書一枚で廃業宣言した㈱アシスト建築企画(旭川市豊岡4条2丁目、遠藤修司社長)。騒然となった取引先に司法書士から裁判外の和解通知書が届いたが、わずか1ヵ月でその司法書士が辞任し結局、弁護士による破産申し立てに入った。13年前に大ヒンシュクをかった倒産の前歴が遠藤社長にあり、今回のアシスト破綻との共通点も多く、債権者からは「本当に資金が行き詰まっての破綻なのか?」との声も。

届いた〝廃業宣言〟
アシスト アシスト建築企画(以下、アシスト)は、2003年2月に創業した建築業者。木造マンションやヤクルトの地区センター新築のほか、個人住宅やグループハウスなどの工事を手掛け、ピークの12年1月期決算では8億9000万円余りの売り上げを計上した。
 そのアシストからの一通の文書が同社取引業者に届いたのは、4月下旬だった。
 「謹啓 誠に申し訳のないお知らせを、突然 書中をもってご報告を致しますことに対し、心より深くお詫びを申し上げる次第であります」との書き出しに始まり、以下、次のように続く。「さて、弊社こと、長年にわたり関係者各位様より、あたたかいご支援、お引立てを賜り、今日まで営業を続けてまいりましたが、この度、諸事情により廃業を致すことになりました。勝手ながら、4月末日限りで事務所を閉鎖することにしました。存続の努力をしてまいりましたが、結果として、今月末の支払いすべき資金調達のめどが不可能となり多大なご迷惑をおかけする事と相成り、本当に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。平成27年4月27日 ㈱アシスト建築企画 代表 遠藤修司」
 文面はきわめてていねいだが、要は、月末の支払いができないので廃業するとの通告だった。
 実は前月3月分の支払いも滞っていたため取引先は同社に督促。アシストの遠藤社長は「4月末に完成工事代金が入るのでそれで支払う」と答えていた。4月末に間違いなく支払われることを、23日㈭から24日㈮にかけて再度確認していた業者も少なくなく、週が明けたならば入金になると一安心していたところに火曜日28日に〝廃業宣言〟が届いたわけで、「騙された!」という思いを強く抱いた。「完成工事代金で支払うと言いながら、廃業通知を用意していたのだろう」と、怒りが収まらない。

表紙1507
この続きは月刊北海道経済2015年7月号でお読みください。