名車に魅せられた人々の熱くて深い物語

高価なスポーツカーを「普段の車」として使っている人もいる。

フェラーリ、カウンタック、ポルシェ……。

愛車に寄せるドライバーの思いはさまざま。それが名車となれば、なおさらだ。快適な秋のドライブシーズンを前に、熱くて深い名車にまつわるエピソードをそれぞれのオーナーに聞いてみた。

(続きは月刊北海道経済でお読みください)

カワムラ跡に大型店舗、ツルハの牙城に斬りこむサツドラ

道内に120店を展開するサツドラが旭川に新店舗

間もなく創業100年を迎える地場トップの住宅メーカー㈱カワムラが、社屋と展示場を隣接地に移転新築する。一等地の跡地約4600平方メートルには道内ドラッグストアー業界ナンバー2でマツモトキヨシグループの㈱サッポロドラッグストアーが大型店舗を建設。ツルハの牙城に斬りこむ。

(続きは月刊北海道経済でお読みください)

東神楽町長選の遺恨? 保育園長がわずか3ヵ月で辞任

今年4月に開設されたばかりの保育園で、教育方針をめぐる対立が発生

現在、開発が進む東神楽町ひじり野西地区に今年4月開設された「東聖(とうせい)花の森保育園」(定員120人)で、園の運営方針をめぐり一部の保護者から批判が出たことを理由に、初代延長が就任からわずか3ヵ月で辞任に追い込まれた。保育園のほか小中学校、高校でも保護者からの批判で教職員が交代させられることはあるが、今回の騒動は「あまりに過激なのではないか」と、園に同情する声も聞こえてくる……。

(続きは「月刊北海道経済」でご覧ください。)