ホノルルマラソンに情熱90歳ランナー

 「世界一美しい風景を走るマラソン大会」とも呼ばれるハワイのホノルルマラソンだが、参加したランナーたちが味わう感動は特別のものらしい。旭川市に住む90歳の〝炎のランナー〟塩田富治さんも、そんな感動を昨年12月の大会で味わった。塩田さんがマラソンに注ぐ情熱とは─。

家族でホノルル体験も
 現在、「旭川走ろう会」の顧問を務める塩田さんは美幌町出身。元々スキーが好きで、小学生の時には学校まで片道約4㌔の道のりを冬は毎日スキー通学した。クロスカントリー(距離スキー)では全日本スキー選手権大会で全国2位、国体の壮年組で優勝5回という輝かしい実績を持つ。
 そんな塩田さんは1945(昭和20)年4月に徴兵され、8月の終戦で復員すると、戦後の荒廃した地域を復興するのに何かできないかと思案。そこで美幌の青年団と一緒に始めたのが陸上だった。町内の大会では陸上だけでなくスキー競技も開催し、町を活気づけた。自身、52年には東京・代々木で開かれた全国青年大会に北海道代表として出場し、1万㍍の部で優勝を果たしている。
 国鉄職員として53年に旭川駅に赴任してからは、仕事のかたわら5000㍍競技をはじめ、駅伝のメンバーとして道内外の大会に参加。長距離競技の有力選手として鳴らしてきたが、フルマラソンへの出場機会はなかった。しだいに「ぜひ走ってみたい」「外国の地も踏んでみたい」との気持ちが芽生え、意を決して1990(平成2)年に初挑戦したのがホノルルマラソンだった。

表紙1704
この続きは月刊北海道経済2017年4月号でお読みください。