旭川医大の「ガバナンス」どこへ?

 旭川医科大学にくすぶる「公益通報」問題。外部の弁護士も加わった調査委員会が、現在副学長を務める2人の新学長選出直前の行動に対して「不適切」との判断を示したことは本誌5月号で報じた通り。この報告書に、西川祐司学長ら現執行部がどう対応するのかが注目されていたが、事態は予想外の方向へと動きつつある。報告の内容を受け入れず、前段階の「予備調査」からやり直すことで、すでに出ている結論をなかったことにしようとしている模様。いま「ガバナンス」という言葉の意味が問われている。

「犯人扱い」に反発
 3月8日、旭川医科大学で開かれた大学運営会議。松野丈夫学長代行、西川祐司副学長(次期学長予定者)、平田哲副学長、吉田貴彦副学長らが出席した。なぜか、その場には大学運営会議のメンバーではないはずの奥村利彦教授、川辺淳一教授もいた(役職はいずれも当時)。会議の中で奥村氏、川辺氏が、公益通報に対応する調査委員会のヒアリングを受けたが、「弁護士の態度が威圧的だった」「犯人扱いされた」などと抗議した(本誌には、この会議に先立ち、奥村氏と川辺氏が松野氏の部屋を訪れて強く抗議したために、松野氏がたまらず2人に大学運営会議で不満を述べさせたとの情報も寄せられている)。
 公益通報については本誌がこれまで何度か取り上げているが、改めて振り返れば、公益通報を行った人物は、昨年11月15日に新学長を決めるための意向聴取(投票)が行われる直前、学長選考会議議長の奥村氏と委員の川辺氏が、西川氏に投票するよう働きかけていたことを問題視して、公益通報制度に沿った通報を行った。学外の弁護士4人、学内の教職員数人からなる調査委が設置されて聞き取りが行われ、2人の行為は「不適切」だったとする報告を3月31日にまとめた。3月8日の大学運営会議は、調査委が結論を出す前に行われたことになる。
 大学運営会議の中で、西川氏は2人の行為が妥当だったかどうかについて見解を示すことなく、調査委について注目すべき発言をしている。
「ヒアリングのしかたが尋常ではない」
「4人の弁護士がこの問題を理解しているのかがわからない。弁護士を替えるのも一つの方策と思う」
「公益通報の取り扱いにあたっては、弁護士を加えるかしっかり検討すべきだ」
 組織内で不適切な行為、不正な行為が行われた場合には、調査委に外部の弁護士が加わるのが常識となっている。内部だけで調査を行えば「お手盛り」との批判が避けられず、手続きに瑕疵があれば事態が余計に混乱するためだ。4人の弁護士の名前は発表されていないが、本誌がうち1人の名前を把握してネット上の情報を確認したところ、数々の上場企業が不正発覚を受けて設置した調査委に参加したり、コンプライアンス構築委員を務めるなどしていた。調査委による不正の解明については豊富な実績を持っている人物のようだ。
 弁護士は一般的に刑事弁護で被疑者に対する警察や検察による人権侵害を防ぐ立場にあり、(旭川医大の件は刑事事件ではないが)聞き取りで人権を侵害しないよう配慮したとみられる。調査委が公益通報者本人の主張だけでなく、ほかの学内関係者から具体的な証言を得ていたとの情報も、本誌に寄せられている。調査委の弁護士が「高圧的」だったのかどうか、2人を「犯人扱い」したのかどうかは不明であるものの、一連の行為が「不適切」だと判断するのに十分な材料を、調査委は聞き取りの時点で得ていたのではないか。

予備調査委でも検討
 旭川医大の「公益通報者保護規程」は、公益通報が行われた場合、学長(この件では学長が不在のため松野学長代行)が副学長、事務局長、その他学長が必要と認めた人で構成される予備調査委員会を設置すると定めている。予備調査委が本格的な調査が必要と判断した場合、副学長(1人)、教授(3人)、事務局部長(1人)、その他学長が必要と認めた人が参加する調査委員会が設置され、調査終了後に速やかに学長に報告する。今回の公益通報に対しては、学内関係者による予備調査の段階でも、「調査の必要あり」との判断が下されていたことになる。
 調査委による調査の結果、西川氏が学長に正式就任する1日前の3月31日、奥村氏、川辺氏の行為は「不適切」だったとの正式見解が示された。同日に学内で発表された西川執行部のリストには、奥村氏、川辺氏が副学長として名前を連ねていた。
 調査委の見解に西川執行部はどのように対応したのか。「公益通報者保護規定」は「学長は、調査の結果、法令又は本学規則等に違反するなどの不正が明らかになったときは(中略)就業規則に基づく懲戒処分等を課すことができる」「必要に応じて、関係行政機関等に対し、当該調査及び是正措置等に関し、報告を行うものとする」などと定めている。
 2人の行為は「不適切」と結論づけられたが、それが保護規定にある「法令又は本学規則等」に即違反するとは言えない。学長の選考のための投票は公職選挙法の規制を受けず、「学長選考会議の議長や委員は特定候補への投票を呼び掛けてはならない」との明確なルールも学内に存在しないためだ。それはルールではなく、社会常識や道徳に照らして「不適切」とみなされる行為だろう。
 とはいえ、調査委の出した結論に、大学として対応し、見解を示す必要があるのは明らかだが、旭川医大は対外的には完全な沈黙を守っている。かたくなな姿勢は本誌の報道後も変わらない。ある時期までは大部分の教職員にとって本誌がこの件についての唯一の情報源となっていた。

病院長も「やり直す」
 しかし大学内部からも、疑問の声が漏れ始めた。5月11日に開かれた教授会では、出席者から公益通報に対する調査結果についての質問が出たが、西川学長は「調査結果に問題がある」とだけ述べ、多くを語ろうとしなかった。それを補足するかたちで、4月1日に旭川医大病院長に復帰した古川博之氏(副学長)が「調査を学内でし直す」と説明したという。
 本誌は旭川医大の事務局を通じて、大学運営会議での西川氏の発言、教授会での古川氏の発言の真意、現状での公益通報への対応などについて取材を書面で申し込んだが、「今回の件につきましては、今後、学内での報告を予定しており、学内での報告の前に内容についてお話すべきではないと考えております」との反応が返ってきた。
 すでに出ている調査結果をなかったことにして、調査をやり直すとすれば、非常に強引なやり方だが、執行部は着々と手続きを進めている模様。本誌には、再度の予備調査委の委員として、古川・松本成史・本間大の各副学長が選ばれたとの情報も寄せられている。彼らは調査委ではなく、その前段階である予備調査委の委員。予備調査委が「シロ」の判断を下せば、正式な調査委は設置されない。問題点を指摘することもなければ、当局への報告、再発防止の必要もない。
 とはいえ、すでに出ている結論をなかったことにして、いまの執行部が満足する形で公益通報への対応に「幕を下ろす」としても、それが大学の内外に対してどれだけ説得力を持つのかは疑問だ。こうしたやり方が通用するのなら、組織内で起きた問題を外部の専門家のを加えた調査委で究明するという手法が無力化してしまう。

総意に沿った行動?
 ある医大の関係者は、大学全体の今後を心配する。「すでに出ている調査委の結論を発表し、学長が必要と考える処分を行えば、たとえ非常に軽いものだとしても区切りをつけることができるのに、なぜそうしないのか。解決を先延ばしているだけではないのか」
 公益通報の対象になったのは、奥村氏、川辺氏の集票行為だった。ただ、2人は独自の判断で〝暴走〟したのではなく、西川学長を支えるグループの総意に沿って行動した可能性が大きい。そしていま、西川執行部の副学長たちが予備調査をやり直そうとしている。
 「ガバナンスの確立」を掲げて就任した西川学長と現在の執行部が、調査委の結論を受け入れず、調査のやり直しを強引に推し進めるなら、彼らの言う「ガバナンス」の意味に疑問を感じるのは記者だけではないはずだ。

表紙2207
この記事は月刊北海道経済2022年07月号に掲載されています。

江丹別の里山をキャンプ場に

 過疎で人口が250人ほどに減り、域内の高齢者(65歳以上)が6割に迫る限界集落・旭川市江丹別町地区。若者たちが乗った2台のピックアップトラックが幌加内線を北上し、伊勢ファームを越えたあたりで右手に入り、北の里山に吸い込まれた。自らの手で木を間引き、草を刈り、道をつくり、整地する。若者たちは、キャンプ場を手造りしていた。

江丹別に魅せられ
 森に入ると、雪解け水のせせらぎを伴奏に野鳥が美しい〝ソプラノ〟を聴かせてくれた。漂って来る森の匂い。この素晴らしい空間を「仕事場」とする野良着姿の女性2人と男性2人の顔に自然と笑みが浮かぶ。
 野中瑠馬さん(27)、野中えりさん(28)、鈴木愛(まな)さん(25)、小館佑太さん(27)。4人は、札幌の医療関係の専門学校で学んだ仲間だった。卒業後、理学療法士として仕事に就き、それぞれの道を歩んできたが、江丹別の森が4人をリボンのように結び付けてくれた。
 瑠馬さんは、4年ほど前にキコリに転身し、江丹別の山を3年ほど前に購入した。この山の森を散策し、豊かな自然を感じてもらう瑠馬さんのイベントに参加したのが愛さんだった。
 そのころ、愛さんは心身共に疲れていた。森の匂い、広葉樹の葉のざわめき、鳥の声に癒された。「森の中で何も考えずにボーッとしているだけで良かった。ただただ、森に居たいと思った」
 江丹別の森に魅せられた愛さんの熱い思いに応えるかのように、佑太さんは、愛さんとともに江丹別町に移住した。

森の姿を生かしたキャンプ場造り
 愛さんを魅了した里山は、キコリの瑠馬さんが所有する。「森の素晴らしさをたくさんの人に知ってほしい」。愛さんのそんな思いを叶えてあげようと、専門学校の同窓生らで構成し、瑠馬さんが代表を務める森を生かした地域おこし団体「モリノワ」がキャンプ場を造ることを計画。瑠馬さんの指導の下、モリノワのメンバーの協力も得ながら、4人は昨春からキャンプ場造りに汗を流してきた。
 自らの手でササを刈り、瑠馬さんの手ほどきを受けながら木を間引く。間引いた木を利用し、階段を造る。整地し、道路を造る。4人は力を合わせコツコツ、一つひとつの作業にいまも丁寧に取り組んでいる。
 「野中さんの弟子です」。愛さんは、弾けるような笑顔を記者に向けた。森の中で仕事をすること自体を4人は楽しんでいるようだ。
 山仕事に従事する瑠馬さんは、キャンプ場造りで愛さんが次第に変わっていく様子を見ていた。「最初はまったく重たい物は持てなかったけど今は握力もつき、自在にチェンソーを操る。以前は自分のことばかりに目が向いていたけど、人に与えたい、何かを伝えたいと考えて行動しているうちに別人になった」
 愛さんだけではない。愛さんのパートナーの佑太さんは、「お金の価値が自分のなかで低くなり、モノのありがたみが腹に入った」と照れたように笑う。
 手造りキャンプ場のコンセプトは、「五感で森を感じられる空間」だ。森の姿を極力生かし、自然に配慮した癒しの空間を目指す。
 アスファルトに白線を引いた駐車場、水洗トイレ、シャワー、炊事場……。そんな昨今のキャンプ場と趣を異にするスタイルは、環境へのローインパクトを指標に掲げ、近年世界的な潮流となっているSDGsの理念に合致した試みでもある。「火をおこすことが『大変だな』って実感するでしょう。ここに来たら不便を楽しめるようになるはず」(瑠馬さん)

森のまんまの姿でキャンプ場
 森がキャンプ場なのか? キャンプ場が森なのか、という記者の問いに、愛さんと野中さんは答えた。「森そのまんまの姿でキャンプ場がある。そんな感じにしたい」
 名前は「coco moriキャンプ場」。愛さんが代表だ。場内およそ1㌶の敷地を4区画に分け、木を素材に自由にモノづくりが楽しめるクラフトゾーンやテント泊ゾーンなどに分けた。
 中でもハンの木を利用したツリーテラスはこのキャンプ場のシンボルだ。大人が8人ほど乗っても大丈夫な設計で、上に立てば森の住人になったかのような気分を味わえる。
 年輪をイメージした直径2㍍ほどの六角形のウッドデッキもある。周囲の広葉樹を枝払いしたことで、仰向けに寝転んで星空を眺めることができる空間が広がった。立木を利用したブランコや、専用のひも状のものを2点間に張り渡し綱渡りが楽しめるスラックラインで遊ぶことも可能だ。空中ハンモックに身を委ね、ゆったりとした時間を過ごすこともできる。生物に配慮し、テント内の照明を除き、場内は原則灯り禁止となっている。
 これまで公的助成も受けず造成費用は4人の持ち出して頑張ってきたが、受付小屋の資材調達のため昨秋ネットで資金を募るクラウドファンディングを実施し、67万6500円を獲得した。4人のキャンプ場造りの共感の輪が広がりつつある。

江丹別と都会 結ぶ架け橋に
 見知らぬ4人が江丹別市街地の北に広がる森で、もぞもぞやっているのを、江丹別の古老らが見にやって来る。瑠馬さんのパートナーのえりさんは、「気持ちのいい人ばかり。遊びに来てくれて、私たちの車のタイヤの空気が抜けたり、車がはまったりしたら助けてくれた」。古老らは、やって来ては「(オープンしたら)遊びに行くね」「長いこと頑張っとる」などと声を掛けてくれるようになった。4人の若者が汗する姿を江丹別住民は見ていたのだ。
 「恩返しをしたい」。4人は、今年4月に理学療法士の資格・ノウハウを生かし、江丹別のおじいちゃん・おばあちゃんに恩返しをしようと地元の公民館で健康増進のささやかな教室を開いた。8人ほどのお年寄りが集まった。「腰イターイ!」「膝イターイ!」「肩こるー」というお年寄りの声に耳を傾け、どうしてその症状が起きるのかという座学をしたほか、痛みの解消や悪化しないための体操・ストレッチを教えた。要所の筋などを伸ばすと、お年寄りからは、「これいいね」といった喜びの声が上がった。
 「江丹別のおじいちゃん、おばあちゃんとお話しをしてふれあう機会になる。仲良くなれる。これからも理学療法士の資格を生かして江丹別のお年寄りの体を診てあげたい」。4人は、そう考えている。温かなムーブメントが、この限界集落の地に芽吹き始めた。
 4人は、「coco mori キャンプ場」が、過疎にあえぐ江丹別町と都会を結ぶ架け橋になればと夢を抱く。

地域の姿が変わる?
 かつて3000人以上が暮らしていた江丹別村が旭川市と合併したのは1955年のこと。以来、地域住民の願いと裏腹に、人口の流出が続く。旭川市営牧場や若者の郷といった施設は作られたが、大きな雇用機会の創造にはつながらず、自慢のそば畑も若者を引き寄せる効果は乏しかった。この地域の景観を守るための土地利用規制も、本格的な開発の足かせとなっている。豊かな自然という江丹別の特徴を活かした活動に取り組む4人の若者が、江丹別の運命を大きく変えるかもしれない。
 江丹別で暮らす愛さんとパートナーの佑太さんに続き、これまでは旭川市内から通っていた瑠馬さん・えりさん夫妻も近く江丹別に居を構える。「すでに自分たちで伐った木の皮をむき、乾燥を待つだけ。自分たちの手で家を造る」(瑠馬さん)
 オープンを控え、愛さんの心は期待とともに揺れる。「お客さん、ちゃんと来てくれるかな? ちょっと不安。リピータを増やさないと、イベントもやって……」。愛さんを中心に4人の夢を乗せた「coco moriキャンプ場」は、6月下旬オープン予定だ。

表紙2207
この記事は月刊北海道経済2022年07月号に掲載されています。

あさひかわ乗馬クラブ 百年の歴史

 「クラブの歴史を知るほどに、馬に対する先人たちの思いには、とても熱いものがあったと感じます」。今年、あさひかわ乗馬クラブ結成100年。女性初、最年少で理事長となった山崎明日香さん(37)は、この100年の節目にクラブを背負えることに大きな意味を実感し、さらに100年後の姿にも思いをはせる。(文中敬称略)

師団におんぶにだっこ
 新旭川市史(第三巻)によると、旭川でも祭典興行の一つとして、競馬は早くから盛んだった。しかし、馬術となると、「馬の飼育や調教など、直ちに民間に普及するには至らなかった」とある。当時、旭川中学校(現在の旭川東高校)の生徒が1916(大正5)年に陸軍第七師団騎兵隊で乗馬の練習を行った記録が残るが、正式に同校で乗馬部が発足したのは1930(昭和5)年。これとは別に、地域の乗馬愛好家20人ほどが意気投合し1922(大正11)年に産声を上げたのが、「旭川乗馬倶楽部」だ。
 その初代会長を務めたのが、退役軍人で当時の旭川市長、岩田恒。名誉会長には内野辰次郎第七師団長、顧問として複数の陸軍少将と警察署長、地裁所長らが名を連ねた。旭川市役所内の畜産課に倶楽部事務所を置き会員は当初50人程度だった。
 乗馬の練習は第七師団の騎兵第七連隊の覆馬場で日曜日ごとに行われた。騎兵連隊から手ほどきを受け、旭川体育協会創立30周年の記念誌には厳粛な中にも親切かつ熱心な指導を受けたことが「非常に楽しかった」と記述されている。
 記念すべき乗馬楽部第一回練習会(1922年4月16日)の様子は、「怖気立ちながらも落馬した者は無かった」などと写真付きで新聞各紙に報道された。続いて行われた第一回遠乗会(同年9月17日)は、騎兵第七連隊を午前7時に出発し、師団通、一条通、神楽岡を経て上川神社、旭山を150頭からなる隊列をつくって師団の騎兵連隊まで戻る約五里(20㌔)の道のりが行程だった。途中、東旭川の果樹園主からは果物が饗応(差し入れ)された。これ以後、遠乗会は戦前まで毎年春と秋に開催され約80人が参加し東神楽の義経台、東旭川の旭山公園を経て、比布にある蘭留、東鷹栖の突哨山など行程40㌔程度を行進したという。
 旭川乗馬楽部が結成されると、学生の間にも乗馬が普及し、旭川中学校だけでなく、旭川師範学校(現・北海道教育大学旭川校)、今の旭川商業高校や旭川農業高校等に馬術部が設置され、各30人ほどの部員が在籍していた。ちなみに道内には札幌、小樽をはじめ美唄、砂川、士別、新十津川、白老、広尾などの地域に合わせて24団体あった。
 北海道乗馬大会は旭川乗馬楽部が主催し1923年から毎年7月ごろに第七師団練兵場で開かれ、道内のほか東北各地、首都圏や名古屋などからも多数参加した。「北海道乗馬というより、むしろ全日本馬術大会と言いたい盛況であった」と旭川体育協会記念誌にはある。29(昭和4)年の北海道乗馬大会には、世界的に有名な馬術家、遊佐幸平をはじめ、騎兵学校の馬術教官が一堂に会した。31年大会には女流選手の参加でとりわけ華やぎと活況を呈し、団体組では旭川乗馬楽部が優勝。35年には第七師団凱旋記念遠乗会が開催され、金星橋や師団通、三条通を経由し東旭川地域まで行進し師団に帰着した。
 軍馬2頭の払い下げを受け、貸付細則を定めて会員に貸し付けも始めたが、「第七師団にはおんぶにだっこ。強力なバックアップや指導を受けた」と元旭川市史編集課職員であさひかわ乗馬クラブ会員の斉藤真理子は話す。

表紙2207
この続きは月刊北海道経済2022年07月号でお読み下さい。