吉田学長に薬物依存症の疑い

 全国ニュースに「旭川医大」が連日登場している。パワハラ発言疑惑、医師派遣先病院からの「アドバイス料」約7000万円…。多くは吉田晃敏学長個人にまつわるものだ。さらに、本誌に寄せられた情報をもとに調査を進めたところ、旭川医大病院で吉田学長を患者とする向精神薬の処方箋が大量に発行されていた疑いが浮上した。担当した医師の多くが、吉田学長の「牙城」である眼科に所属している若手であることから判断して、学長本人が医師に圧力をかけて処方させた可能性もある。学長の飲酒問題はもはや医大関係者の多くが認めるところだが、同時に吉田学長は向精神薬の依存症にも陥っていたのではないか。大量の処方箋が誰の手でどのように発行されたのか、旭川医大病院や学長選考会議は本格的な調査を行う必要がある。

頻繁に向精神薬 適正量の4倍以上
 本誌の調査結果によれば、吉田晃敏旭川医科大学学長は、少なくとも2019年の秋ごろまで、旭川医科大学病院で患者として診察を受け、向精神薬の処方を受けていた。もうすぐ69歳となる吉田学長は「立派」な高齢者。体にさまざまなトラブルが生じて受診するのは自然なことだが、奇妙なことがある。
 本誌が注目したのは「ベンゾジアゼピン系向精神薬」にグループ分けされる2種類の薬。どちらも同様の仕組みで体に作用し、不眠症の治療薬として使われることが多い。以下、問題の2種類の薬をA、Bとするが、Aは超短時間型、Bが短時間型と、効果を発揮する時間に違いがある。
 薬品にはそれぞれ「最大内服量」が定められている。患者としては苦痛から脱するために多く服用したくなることもあるが、一定以上の量を摂取すると副作用が発生し、病気を治すどころか健康を害してしまう。A、Bについても最大内服量が定められており、メーカーが発行する添付文書、つまり薬品の取扱説明書に明記されている。この最大内服量の範囲内で処方するのは、医師にとっては常識中の常識だ。
 なぜかこの常識が、吉田学長に対しては守られなかった。2019年の7~10月、Aについては4.5倍。Bについても2倍近くが処方されていた。この状況についてある医師は、「吉田学長は依存症だったのだろう」との見方を示す。
 しかし、旭川医大病院では、こうした過剰投与に二重三重のチェックがかかる。まず、規定の量を上回る処方には、薬剤部から注意が入る。これは医療事故を防ぐのが目的。また、向精神薬のような依存症や中毒の恐れがある薬品については、一度に30日分を超える処方ができないしくみになっている。さらに、規定を上回る量の投薬を行っても患者の健康状態が改善するとは期待できないため、レセプト審査ではねられる。担当医からきちんと説明が行われない限り、この投薬については健康保険からの支払いが行われない。
 にも関わらず、二つの薬品の処方は続けられた。「30日」の制限は、「30日分」の処方箋を短期間のうちに何度も発行することで回避された。患者の「学長」という立場が影響したのだろうか。

後任眼科教授 突然退任の謎
 とくに注目すべきは、投与されたのが「ベンゾジアゼピン系」の向精神薬だということだ。ベンゾジアゼピン系は取り扱いが難しい薬。Aの添付文書の冒頭には「本剤の服用後に、もうろう状態、睡眠随伴症状(夢遊症状等)があらわれることがある。また、入眠までの、あるいは中途覚醒時の出来事を記憶していないことがあるので注意すること」と赤字で記載されている。さらに、「本剤に対する反応には個人差があり、また、もうろう状態、睡眠随伴症状(夢遊症状等)は用量依存的にあらわれるので、本剤を投与する場合には少量から投与を開始すること。やむを得ず増量する場合は観察を十分に行いながら慎重に投与すること。ただし、「最大内服量」を超えないこととし、症状の改善に伴って減量に努めること」とある。にもかかわらず、吉田学長には大量のAが処方されていた。添付文書の警告する通り、もうろう状態などの副作用が「用量依存的」にあらわれていた可能性があるし、こうしたリスクを、処方した医師が知らなかったはずはない。

表紙2103
この続きは月刊北海道経済2021年03月号でお読み下さい。

立ち上がった「旭川医大正常化求める会」

 全国的な注目を集めている旭川医科大学の混乱が新たな局面を迎えた。附属病院長の解任を言い渡され、その撤回を求めている古川博之教授を含む合計22人の教授・名誉教授を発起人とする「旭川医科大学の正常化を求める会」が立ち上げられたのだ。まだ教授会の過半数を占めるには至っていないが、今後、さらに勢力が拡大する可能性もある。

「大学をこのままにしておけない」
 2月1日午後、旭川市役所4階の市政記者クラブに、全国的な関心を反映して「密」が心配になるほど多くの記者やテレビ局のクルーが集まった。落ち着いた口調で語り始めたのは、旭川医大から病院長解任を通告された古川博之教授。処分撤回を求めるとともに、昨年11月の時点で吉田病院からの患者を旭川医大病院で受け入れる準備はできていたなどと主張した。
 記者会見に出席したのは古川氏一人。まったく孤独な戦いを強いられているようにも見えた。しかし、この時点で吉田学長に「ノー」を突き付ける動きは水面下で慎重に進められていた。多くの医大関係者は以前から心の奥底に学長への不信感を秘めていたようだ。1月下旬の時点で、ある教授は本誌にこう語っている。
 「吉田学長にはもう正常な判断力が残っていない。大学をこのままにしておいてはいけないという思いがある」

部下の生活にも大きな影響
 当初、この教授は迷っていた。その時点で、吉田学長に反旗を翻したところでトップ交代に追い込める確信はまるでなかった。反学長派が負けた場合、自分たちは旭川医科大学を追放される。そんな前歴を持つ人材に新しい活躍の場を与える研究機関はない。学者人生は終わり。家族の運命も激変する。

記者会見を開いた古川氏
 部下の将来ものしかかる。医局トップの教授が交代した医局に後任が部下と一緒に乗り込めば、前任者の下で研究していた人は他に働き口を探さなければならないかもしれない。
 旭川医大では近年、教授や、教授への出世を確実視されていた人物が突然大学を去る事態が相次いだ。中には金銭をめぐる不正など、本人の行状が原因のケースもあるが、吉田学長の不興を買って旭川にいられなくなった人物もいる。
 耳をふさぎ、自分の研究と日々の医療に没頭するという選択肢もあった。「騒動と距離を置き、吉田学長と関係を良好にしておいたほうが、自分の医局の予算と人員は増えるかもしれない。しかし、もう座視しているわけにはいかない」と、この教授は覚悟を決めた様子で本誌に心情を語った。

中立守った大学の役員
 反学長派にとり明るい兆しもある。吉田学長が記者会見を開き、古川病院長の解任を発表したのは1月26日のこと。古川氏が反論のため記者会見を開いたのは2月1日だった。同日には旭川医大で学長選考会議が開かれ、病院長解任が適切だったかどうかを調べる調査委員会を、外部有識者も交えて開くことが全会一致で決まった。早急な結論を避けた形だ。「学長選考会議は学長に近い人物で固められている。早々に学長の主張に沿った決定が行われる」との一部関係者の予想は外れた。
 調査委がどんな結論を出すのか予想するのは難しいが、ひとつ確かなのは、反学長派が仲間を増やすための時間的猶予を獲得したということだ。1月末の時点で片手にも満たなかった賛同者は急増し、2月10日に会の公式サイトが開かれた時点では発起人は古川氏を含む22人となっていた。教授会で過半数を占めるには至っていないが、学長選考会議も無視できない勢力にはなった(すべての発起人は横並びで、代表は決められていない)。
 なお、今回「正常化を求める会」に加わった現役教授の中には、かつて学長の手腕を高く評価していた人や、学長に評価されてポストを得た人も含まれているが、彼らもどうしても黙っているわけにはいかなくなったということだろう。そもそも、古川氏も1年前までは吉田学長と蜜月関係にあった。

さらなる賛同募る
 「正常化を求める会」は吉田学長の何を問題視しているのか。趣意書には、①新型コロナウイルス医療の中で起きた学長の不適切発言②古川病院長に対する不当な解任ならびにパワハラ③滝川市立病院からの勤務実態を伴わない不適切な収入④長期政権と大学の私物化、ガバナンスの崩壊、教職員に対するパワハラ、が列挙されている。
 趣意書は最後にこう呼びかけている。「私たち教職員は建学の精神に立ち返り、力を合わせて旭川医科大学をもう一度立て直さなければいけません。そのための第一歩は、現学長にただちに辞任していただくか、解任することです。本学を開学以来最大の危機から救い、再び自由で希望に満ちた大学にするため、今こそ皆で声を上げるべき時です。署名活動へのご協力をお願いいたします」
 旭川医大で積極的に吉田体制の継続を求めている人はいまや少数派。今回「決起」した人以外も、学長の怒りを買わないよう、様子見を決め込んでいる人が大半だ。今後、彼らが雪崩を打つように反学長派に加わる可能性もある。

表紙2103
この記事は月刊北海道経済2021年03月号に掲載されています。

宿泊療養施設 「コートホテル旭川」の決断

 旭川における新型コロナウイルスとの戦いは今年に入って次第に落ち着きを見せてきているが、ピークだった昨年末は5つの基幹病院を中心に感染者の受け入れに悲鳴を上げた。そんな状況の中で社会貢献を第一義に考え、軽症者・無症状者の受け入れを行ったのがコートホテル旭川(市内1条通9丁目)。道内でも数少ない「宿泊療養施設」の状況を同ホテルに聞いてみた。

道からの強い要請を受け…
 旭川市内では昨年11月以降、慶友会吉田病院や旭川厚生病院、北海道療育園でクラスター(感染者集団)が発生。入院先の調整が追いつかず、自宅などで待機する軽症や無症状の感染者数が急増した。このため旭川市は軽・無症状者を受け入れる宿泊療養施設の開設を道に要請。
 その頃札幌では、アパホテル&リゾート札幌、東横イン札幌すすきの交差点、ホテルフォルツァ札幌駅前の3ホテルが宿泊療養施設として開設され、受け入れ可能人数は1270名程度になっていたが、旭川でも少なくとも100名程度の受け入れ先が求められた。
 旭川市の要請を受けた道の対応は昨年6月ごろから始まっていたようだ。道は委託業者を介して旭川市内のホテルに受け入れを打診していたが、11月に入り、旭川の医療体制がいよいよひっ迫し始めたことから、何としても宿泊療養施設の開設が急務となってきた。
 コートホテル旭川の酒井宇巳支配人によると、「昨年6月に一度、道から打診があって、その時は検討しますとお答えしていたのですが、11月13日には正式に要請があり、1週間後の21日にはさらに強い要請がありました。旭川が医療崩壊の危機にあるという状況を聞かされ、旭川のためになんとか受けてほしいと説得されましたので、東京の本社と相談して受け入れを決めました」
 この時、道が旭川市内の何ヵ所のホテルに要請したのかわからないが、コートホテル旭川が最もふさわしい施設と判断したようだ。しかし、宿泊療養施設になると、たとえ軽症、無症状と言っても感染者が入居してくることに変わりはない。退去後にどんなに完璧な消毒を施したとしても、後から使う人にしてみれば気持ちの良いものではない。
 旅行者が快適さを求めて宿泊先を選ぶとするなら、コロナ収束後の集客面など、その後のホテルの通常営業に何らかの影響が出ることも考慮しなければならない。道から強い要請を受けたコートホテル旭川にとっては迷いに迷った末の結論だったに違いない。

受け入れ準備はわずか4日間で
 コートホテル旭川はThe COURT㈱(東京都港区赤坂)が運営する全国16のホテルチェーンの最北端で、道内では旭川だけにある。JR旭川駅から徒歩2分という好立地で、ダブル・和室・ スイートなど7つのタイプの部屋を擁し、客室総数は114室。館内設備の充実と和洋バイキングの朝食が魅力になっていた。
 同ホテルは昨年、コロナ対策のため5月1日から7月18日まで臨時休業を余儀なくされた。再開後は従来のコロナ感染拡大抑止施策に加え、サーモカメラを導入するなど徹底した安全対策を実施し、旅行代理店からの評価も高かった。
 そんな同ホテルが、旭川市内におけるコロナ対策の窮状を鑑み、軽・無症状者の宿泊療養施設として全館を一括して提供する決断をしたのが昨年11月21日のこと。感染者の受け入れは4日後の25日から始まったが、この短期間に準備を進めるホテル側の苦労は並大抵のものではなかった。
 すでに25日以降の宿泊予約もかなりの数あったが、一件ずつ断りの連絡を入れ、同時に市内の他のホテルに協力を求め宿泊客の振り分けを行う作業にも時間がかかった。道や旭川市保健所の担当者との綿密な打ち合わせ、館内の整備などすべてが初めての経験で戸惑いも多かった。
 受け入れ可能人数は最大90名だが、旭川市内のほか上川管内他市町村からの送り込みも多く、昨年12月中旬のピーク時には満室で受け入れできなかったことが2日間あったという。同ホテルによれば今年1月19日までに延べ191名を受け入れてきたが、同時点での入室者は5名にまで沈静化している。

療養者と直接顔を合わせることはない
 宿泊療養施設となったホテルには、自宅療養が難しい軽症、無症状の感染者が集まってくる。療養期間中は個室があてがわれ、建物から外に出ることはもちろん、部屋から出ることも限定される。いわば籠城生活だ。
 そのためホテルのスタッフも、療養者が部屋の中でどういう生活をしているのかわからない。ホテルに早朝から夜10時までいる道の職員や夜間に常駐する看護師の指示で動いているだけで、入室者との接触は一切ない。さらに入室者自身も外部との通信(写真撮影、SNS投稿等)が制限されているため、部屋の中でどういう生活をしているのか一般にはなかなか伝わってこない。
 同ホテルの酒井支配人から話を聞ける機会があったので、いくつか質問してみた。
 ─療養者の食事はどうなっているのですか。
 「1日3回、道が委託した業者から弁当が搬入されます。それを一ヵ所に置いておくと、療養者が取りに来ます。部屋から出るのはその時だけだと思います」
 ─療養者が使用したものはどうしているのでしょうか。
 「シーツやタオルはホテルが使い捨てのものを用意します。使い終わったものはごみ袋に入れて部屋の中に置いたままにしてもらい、道の委託業者が回収します。一人の滞在期間はだいたい1週間ですが、退出後に消毒が入り、ホテルのスタッフがベッドメイクをします」
 ─療養者は部屋の中でどういう日々を過ごしているのでしょうか。
 「わかりません。部屋に持ち込めるものは限られていますので、本を読んだりテレビを見たりしているのだと思います。WiFiがつながっていますので、パソコンやスマホで気を紛らわせているのかもしれません。ホテルとしては朝8時と午後3時の2回、ラジオ体操の曲を流しています」
 ─ホテルスタッフの役割は何かありますか。
 「全館一括借り上げですので、建物の維持管理と館内アナウンスなどの業務だけです」

コートホテルの社会的使命感
 コロナ感染者療養のために全館を一括提供したコートホテル旭川。道との契約期間は一応3月末までとなっているが、状況次第ではさらに長引くことも考えられる。
 この間のホテルの収入は借り上げ料だけ、通常営業と比べ収支がどうなのかわからないが、案じられるのはコロナ収束後の風評被害。「感染者が使っていたホテル」などとの書き込みがネット上で広がる可能性もないわけではなく、同ホテルの決断には頭が下がる。
 しかし、同ホテルが感染者の受け入れを決めたのは企業としての社会的使命と責任感から。それだけに「旭川市民の方から『よく受け入れてくれた』と感謝の手紙をいただいた時には、やってよかったとうれし涙が出てきたほどです」(酒井支配人)と胸を詰まらせる。
 同ホテルチェーンでは旭川の後、新潟市内でも宿泊療養施設に提供しており、The COURT㈱の社会的使命に取り組む姿勢が見えてくる。コロナ収束後の同ホテルの健闘を祈りたい。

表紙2103
この記事は月刊北海道経済2021年03月号に掲載されています。