ルートインが富良野北の峰に土地取得

 全国大手のホテルチェーン、ルートインジャパン㈱(東京)は2月22日、富良野市北の峰町の北の峰環状線沿いの土地、約5000平方㍍を取得した。隣接する土地の取得も視野に入れ、2020年10月をメドに同社のリゾートホテルブランド「グランヴィリオホテル富良野」を開業する予定になっている。北の峰地区はワールドカップが開催された世界的にも有名な富良野スキー場があり、数年前から中国資本の参入を契機に次々土地が買い占められ、開発が進められようとしている。

躍進するルートイン
 本誌でもたびたび富良野市北の峰地区の再開発について伝えてきたが、今年2月22日、全国大手のホテルチェーン、ルートインジャパンが北の峰町から山部に向かう北の峰環状線沿いの土地、約5000平方㍍を取得した。さらに、隣接する土地の取得も視野に入れており、最大で1万平方㍍を超える土地にリゾートホテルやレストラン、従業員宿舎などを建設する計画がある。
 同社のホームページには、「今後のオープン情報一覧」と題したページに、「2020年10月、グランヴィリオ富良野、客室数202」と記されている。道内では、そのほかに函館(グランヴィリオ函館250室)や網走(ホテルルートイン網走180室)が、開業時期は明記していないが計画に入っている。
 同社のホテル形態は、ビジネスホテルの「ホテルルートイン」をはじめ、都市型の「アークホテル」、観光やリゾート向けの「ルートイングランティア」「グランヴィリオホテル」の4種類のタイプがある。同社は3月1日現在、海外を含め330施設(ホテル300、飲食店21、ゴルフ場5、温浴施設10、スキー場1)を運営している。直近の売上高(18年3月期)は1153億7200万円で、ここ数年はホテルの新築により増収となっている。今年1月には、ホテル300軒を達成した。

スキー場をメインにしたリゾートホテル
 今回、北の峰に計画しているのはリゾートタイプの「グランヴィリオ」。同形態は国内に6軒、海外に3軒運営しており、道内では幕別町で「十勝幕別温泉グランヴィリオ」1軒を運営している。コンセプトは、雄大な自然を背景にゴルフやハイキングなどのレジャーと、疲れた体を癒す天然温泉をセットにしたゆったりした空間。
 富良野の場合は、過去にワールドカップが開催され世界的に著名な富良野スキー場をメインに、温浴施設などを融合したリゾートホテルになりそうだ。この計画は、3年ほど前から温められていたが、ようやく土地を取得することができたことから動き始めた。建物の詳細は明らかになっていないが、雪解けを期に土地の造成が開始される見込み。
 旭川市内の同業他社のある幹部は、「ルートインのリゾートホテルの歴史は浅い。だが最近はこの形態に力を入れており、富良野は以前から狙っていた地区だ」と、ルートインの富良野に対する熱い思いを代弁する。

表紙1905
この続きは月刊北海道経済2019年05月号でお読み下さい。